治験のアルバイトはデメリットがあるけど給料が高いみたい

治験のメリットとデメリット
みなさんは「治験」という仕事をご存知でしょうか?
求人誌などで目にする機会もあると思いますが、ある事柄に関する仕事なのです。

スポンサーリンク

治験のデメリット

そして、同時に「高給」であるという特徴もあるのですが、高給のしごとにはやはり「デメリット」というものがつきものです。
そこで、治験のデメリットについて解説していきます。

治験のアルバイトってそんなに稼げるの?ちょっと調べてみた!
みなさんは求人誌等で「治験」という仕事について調べたことがありますか? あまり聞き慣れない仕事名であり、ひょっとしたら今まで一度もその...

病気になった時の薬による治療

みなさんは、体調を崩した時にどのような対処法をするでしょうか?
「なんだか最近、吐き気や頭痛に襲われることがあり仕事に集中できない…」
「最近なんだか熱っぽいんだけど、誰かからインフルエンザがうつっちゃったかもしれない…」
体調を崩すことでさまざまなデメリットが生じ、日常生活や仕事に対して大きな悪影響をおよぼすことが多いです。
そうでなかったとしても、自分自身の体調不良はどうしても不安を覚えてしまいます。
今はそこまで大きな症状がなかったとしても「大変な病気だったらどうしよう」とか「今週は大事な仕事があるんだけど熱が引かなかったら困る」といった不安を抱えることになり、それが原因で本当に病気になってしまうこともあります。
体調は、可能な限り常に万全の状態に整えておきたいものです。
体調不良を感じたら、おそらく多くの人が病院で行って、検査を受けられることになると思います。
そして、診察結果をもとにして薬を処方してもらい、体調不良を改善することになります。
また、病院へ行くこと無く、市販薬や常備薬によってこれに対処する方法もあります。
「熱があるから解熱剤を」「咳が出るから咳止めを」「頭が痛いから頭痛薬を」というように、症状に応じた薬が簡単に入手できます。

薬と治験の存在

さて、こうした「薬」ですが、薬には「このような症状に効果がある」とか「こうした副作用が生じる可能性がある」といううことが、処方箋や添付書に記載されているはずです。
なぜ、こうしたことがはっきりと断言できるのでしょうか?
確かに西洋医学の薬は有効成分の存在から効果と副作用の発現を大まかに推測することはできますが、「確たる証拠」としては根拠が弱いです。
例えば「混ぜたことのない2つの絵の具」を混ぜて、「こんな色になるだろう」という予測はできますが、実際に混ぜてみた時の色がそれと合致するという保証はありません。
つまり「予測」と「結果」は違うということです。
予測だけで薬の効果を断定し、それを処方したり市販することは危険極まりありません。
しかし、実際に処方される薬や市販されている薬は「人に試して効果をはっきりさせている」という事実があります。
それが「治験」という仕事なのです。

治験とはどんな仕事?

治験のメリットとデメリット
「治験」とは、医療関係の仕事であり、開発された薬を実際に試して、その薬の効果や副作用についての実験を行います。
一般的に「医薬品」と呼ばれている薬は、治験を経てから販売されています。
つまり、市販薬はよほど珍しい副作用が起こらないかぎり、全ての効果と副作用を人の手によって実験されている、安全性を確保している(副作用の強い薬もありますが)薬なのです。
治験の仕事は、基本的に給料が高いです。
その理由は「危険性」ではなく、「一定期間(1週間など)の生活スタイルを規定するため、時給に対する労働時間に該当する時間が長いことによるもの」です。
要するに、治験も一般的なアルバイトとそこまで時給は変わらないのですが、労働時間に該当する時間が長くなるため、結果的に給料が高くなるのです。

治験の仕事のデメリット

給料の高い治験の仕事ですが、デメリットがないわけではありません。
まず、「通院」「検査」などに時間を割かなければならないことです。
治験の仕事は通院等に時間を使う必要があるので、そのための日程調整が必要になります。
次に「食事」「運動」などに制限がかかることです。
薬の効果は、特定の生活スタイルで試してもらう必要がありますので、体調を大きく変化させる食事や運動などについては、仕事を始める際に制限を受けてしまいます。
場合によっては、自分の生活スタイルと一時的とはいえ大きく変化させる必要があり、大きなストレスとなる可能性もあります。
また、治験に用いる薬は元から安全性の考慮されている薬ではあるのですが、それでも何らかの副作用の影響を受けてしまうことは十分に考えられます。
もともと、それを調べる目的で治験の仕事を行っているので、その点は受け入れるしかありません。
「プラセボ」などの効果も考えられますが、基本的に命にかかわるような効果を持った薬を開発して治験に回すようなことはありませんので、この点は安心してください。
治験の仕事は主に東京などを中心に募集しています。
興味があり、治験の目的地の近くに住んでいる場合であれば募集に応じることも悪くありませんが、上記のデメリットについては十分に理解した上で受けるようにしましょう。

まとめ

  • 世の中の薬は「治験」を経てから出回っている
  • 治験は薬の効果を試す仕事であり、給料が高い
  • 通院に時間が必要、食事などに制限がかかる、副作用のリスクが有るといったデメリットを理解しておかなければならない
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください