資格を保有してると就職に有利なの?男性の場合を考えてみた

男性に人気の資格と就職
一般的に、「資格を有している」ということは就職において有利に働きます。
就職や転職を前にして、それを有利に進めるために資格取得を目指す人はたくさんいらっしゃいます。

スポンサーリンク

人気の資格は(男性)

しかし、一言に資格と言っても、その種類は数多く存在しています。
そこで、男性が就職や転職において有利に進めるための人気の資格について解説していきます。

男性に人気の資格

就職や転職において、その分野に関連する「資格」を持っていることは、採用や待遇に関して有利に働く理由になります。
しかし、資格というものはそれを保有している人は保有していない人に比べて有利だ、ということであり、二人の男性が一つの就職枠を賭けて自己アピールをする際に、自分が切り札として扱っている資格をもう一人の男性も保有していたら、それを決定打にすることは出来ません。
なので、人気の資格ほど多くの人がそれを保有しているということであり、就職において採用の決定打にはなりにくいのです。
また、資格や仕事の中にはどうしても「男性向け」というものがあります。
男女参画社会とは言え、どうしても適性に「性別」が関係することはあり得ます。
資格の中にも男性向けの種類があるので、そこに注目してみるのも良いでしょう。

資格の種類と仕事

では、具体的にどのような資格が就職において有利なのでしょうか?
この点は、実は一概には言えないという側面も有るのです。
例えば、パソコン関連の資格を有しているとして、パソコンを全く使わない仕事に応募して有利に働くでしょうか?
パソコン関連の資格は、パソコンを使う職場でこそ真価を発揮します。
つまり、パソコン関連の資格を持っている人の場合、それを就職において有利に働かせようと考えているのであれば、パソコンを使う職場を選ぶ必要があります。
その種類は限られることになるので、保有している資格を就職に利用しようと考えるということは「その資格が有利になる職場に限定され、その中から就職先を探す」ということになります。

「資格を保有=就職に有利」は職場次第

男性に人気の資格と仕事
さて、ここまで「資格を持っていると就職に有利」という話をしてきましたが、本当にそうなのかどうかは、ケースバイケースなのです。
厳密に言えば、それを「職場がどう評価するか」ということが重要になるのです。
例えば、あなたが音楽好きな人物だったとして、特定のアーティストが好きであることを友人に公表しているとします。
そんな中、何かの理由で友人からプレゼントを受け取ると、その中に好きなアーティストのアルバムが入っていたのです。
しかし、あなたは既にそのアルバムを持っているし、好きな曲はないっていなかったので大して喜びませんでした。
このように、「その職場で利用できる資格」であるとわかっている資格を持っているとしても、本当にその職場で評価されるかどうかは別なのです。
既に十分な人数、その資格に関連する人材がいるのであれば、そこまで重宝されることはないでしょう。
その職場において重宝されるであろう資格を持っていても、絶対的に想定通りの評価を職場の採用担当者が抱くとは限らないのです。

人気の資格と必須となる資格

世間的に見て、人気のある資格はそれだけ就職に有利に働いた実績があって有利、と思われるかもしれません。
確かに、人気である理由は過去の実績等を加味していると思われますので、あながち間違いともいえませんが、一概にそうであるとも評価しにくいのです。
例えば「介護福祉士」や「栄養管理士」、「建築士」や「公認会計士」という仕事は、それに該当する資格を保有していないと仕事ができません。
有利不利の話ではなく、それが「前提条件」となる資格も存在するということです。
この場合は、人気のパソコン系の資格等を有していても、必須となる資格を保有していないかぎりは何の意味も持ちません。
また、資格の中には「看護師」のように、知識だけではなく「一定以上の実務経験」が必要になるものもあります。
この場合だと、どれだけ短期間に集中して勉強したとしても、実務経験の日数を満たすことは時間短縮の対象とならないので無意味です。
このように、資格と就職の関係は決して単純なものではなく、無勉強に資格だけ取得しても希望通りの仕事に就けるとは限らないのです。
資格を保有することで就職を有利に進めたいと目論んでいるのであれば、その資格や仕事に関する知識についても勉強しておくことが重要です。
これを怠れば、資格取得にかかったお金や時間をムダにすることにもつながります。

まとめ

  • 就職を有利に進めるための資格には、男性向けの資格がある
  • 資格の種類によって、就職に有利に働く職場も異なるので保有する資格ごとに職場も限定される
  • 資格と職場の相性や実情によっては、あまり有利に働かないことも有る
  • 資格を就職の武器にしたければ、資格の勉強だけでなく資格そのものの知識や仕事に関する知識も身につけなければならない
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください