コピーライティングで仕事をするためにはどんなスキルが必要?

コピーライティングと仕事
皆さんは「コピーライティング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
文章を書く仕事であることは理解できるかと思いますが、具体的にどういった内容の仕事をするのかについては、多くの人が知らずにこの言葉を耳にしたり口にしているのではないかと思います。

スポンサーリンク

コピーライティングの特徴

そこで、コピーライティングとはどういった仕事であるのかについて解説していきます。

コピーライティングとは?

コピーライティングということばを聞いたことがある人は大勢いますが、それとは対照的にコピーライティングの正しい意味について知っている人はそう多くはありません。
コピーライティングというのは、簡単に言えば「広告用の文章を書く仕事」のことを意味します。
最近では、コピーライティングの基礎について学ぶことの出来る専門学校もありますし、通信教育でそのスキルを身につけることもできます。
特に通信教育に関しては、社会人になった後でも気軽に利用することができるので、やろうと思えば多くの人がコピーライティングについて触れ、学ぶことが出来るのです。

コピーライティングの基礎を学んでビジネスに活かしてみる!
お金を稼ぐ方法、仕事には実にさまざまな種類が存在しています。 中には、パソコン1つあれば可能になる仕事も少なくありません。 その中に...

コピーライティングで仕事をするためには?

しかし、コピーライティングの基礎を学んだというだけで、それを仕事に活かすことが出来るとは限りませんし、往々にしてビジネスレベルの文章を書くことなんて出来ません。
もし、広告業界で仕事をしてみたいと思うのであれば、コピーライティングに関するそれなりに高いレベルのスキルを保有していなければなりません。
広告業界などのようにコピーライティングを活かした仕事をしていくためには、当然ながらコピーライティングの基礎を学び、その上の「応用」の勉強や経験が必要になります。
しかし、それら以上に重要になるのは「センス」の問題であり、実際にコピーライティングで仕事をする上で大きなウエイトを占めるのです。
同じ宣伝内容の文章であっても、少し言い回しを変えるだけで対象となる商品のイメージが大きく変わる、それこそがコピーライティングの醍醐味であり、恐ろしいところでもあるのです。
いかにして、消費者や文章を閲覧している人に対して、その商品に対して求めるアクションを起こしてもらえるような印象を与えられるのか、というところが大きなポイントになります。
この点に関しては、実際にコピーライティングの講座などの勉強で学んでいる内容でもあります。
しかし、「知っている」ということと「実践できる」ということは別物であり、コピーライティングにおいて必要な結果を出せるかどうかは個人のスキルに大きく依存します。
一朝一夕でどうにかなるような問題ではなく、大きな課題の一つとなります。

コピーライティングと時代の変化

コピーライティングの仕事と効果
コピーライティングというスキルは、その時代によって必要とされるスキルは変化し、同時に言葉の使い方や有効な場面なども大きく変わってきます。
コピーライティングにおいて重要な要素となる「言葉」は、いつまでも変わらないままでいるということは絶対に出来ないのです。
極端な言い方をすれば、昔と現在で同じ言葉でも全く異なる意味で用いられる、あるいは真逆の意味として捉えられているという例も少なくありません。
あるいは、その文章を書いている本人は「良い」と思えるような書き方をしているとしても、実際にその文章を読んだ読者の多くが「不快だ」と感じてしまうという例も、決して珍しいことではありません。
もちろん、読み手に何らかの強い印象を与えることが出来たという意味ではそれでも悪くはないのでしょうが、広告宣伝効果をもたらすべきコピーライティングにおいて、商品への印象を悪くするような使い回しは避けなければなりません。
言葉の意味が変わり、その言葉の使い方が変わることで、全く同じ文章でもその読み手の年代によって与えられる印象は大きく異なります。
書き手も読みても同じ人間であるため、与えたい印象と受ける印象も常に一致するようなことはなく、人によって感じ方は大きく異なります。
同じ意味でも言い回しが複数考えられ、細かい部分を作り変えることのできる日本語であればなおのこと、言葉の持つ意味や与える印象の時代別の違いについても意識しなければなりません。
それこそ、コピーライティングで長く仕事を続けていきたいと思うのであれば、言葉が今現在どういった意味で使われ、感じられているのかを把握しなければならないのです。

どんな言葉を参考にするべきか?

「学ぶ」ということは「真似る」ということであり、コピーライティングのスキルを高めるためには「プロの文章」を読んで学ぶ必要があります。
お金を払って通信講座を利用するのも良いですが、利用しやすい媒体としては「テレビCM」などがあります。
これに使われている文章や言葉も、コピーライティングのプロが考えた言葉です。
視聴者の印象に残るような言葉は、いつまでもその人の心に残るような言葉として語り継がれることもあります。
そうした「人の心に残るような言葉」を数多く輩出するプロのコピーライティングを見聞きするところから、コピーライティングの学習を始めるという方法もアリです。

まとめ

  • コピーライティングは「広告の文章を書く仕事」
  • 基礎だけで仕事はできず、センスが問われる
  • 時代とともに言葉や文章の意味・イメージは変わる
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください