コピーライティングの基礎を学んでビジネスに活かしてみる!

コピーライティングとはどういうものか
お金を稼ぐ方法、仕事には実にさまざまな種類が存在しています。
中には、パソコン1つあれば可能になる仕事も少なくありません。
その中に「コピーライティング」という仕事がありますが、誰にでも出来る仕事というわけでもありません。

スポンサーリンク

コピーライティングの基礎

そこで、コピーライティングとはどんな仕事か、どういったテクニックやスキルが必要なのかについて解説していきます。

通信教育と収入を得る手段

昨今は、さまざまな種類の「通信教育」が登場しています。
数年前までは考えられなかったような内容の教育が、インターネットを通じて繰り広げられています。
そんな通信教育の中には、学んだことを「ビジネス」に活かせるような内容も含まれています。
通信教育にはお金がかかるので、支払った以上のお金を稼げる手段に活かせるのであれば、つまり「通信教育で学んだことをビジネスに転用し、お金を稼ぐ」ことが出来るのであれば、それこそ通信教育を利用していく中での理想のスタイル、利用方法であると言っても過言ではありません。
とは言え、通信教育を利用し、何らかのジャンルの専門知識・ノウハウを学んだとしても、それが常に、簡単にビジネスに活かせるという保証はありません。
その種類が仮に「ビジネスに活かせる知識・テクニック・ノウハウ」だったとしても、それを実際にビジネスに転用するのは人間(あなた)であり、使い方一つで全く異なる効果・結果をもたらします。
要するに、使い手の技量や考え方ひとつで全く異なる結果が産まれるということです。

コピーライティングでビジネスを

本を読んで基礎を学ぶ
通信教育で学ぶことができ、ビジネスに活かせるテクニックの一つとして「コピーライティング」というスキルが存在します。
そんなコピーライティングも、前述の「ビジネスに活かせるが、方法一つで全く結果が異なる」ものの一つです。
コピーライティングスキルは、コピーライティングの基本的な内容を学んでいくことで、どういった言葉を選択することができれば対象となる商品の価値や魅力を高めることが出来るのかが理解できます。
その内容は、今まで義務教育で学んできた「国語の授業」の内容とは全く異なるものです。
コピーライティングのスキルで作成した文章や記事は、商品の宣伝となるので当然ながら「新聞」「雑誌」あるいは「インターネット」などの媒体で利用され、多くの人の目にとまることになります。

往々にして、現代におけるコピーライティングによる文章や記事というものは、インターネットのホームページで利用される事が多いです。
よく聞く「アフィリエイト」というものが、その代表例となります。
多くの人がホームページやブログなどの媒体でコピーライティングの文章を目の当たりにし、知らなかった、もしくは簡単なことしか知らなかった商品の魅力や効能などを知り、商品購入へとつなげるための架け橋となります。
しかし、いかに商品の魅力を伝え、購入への後押しとなるような優れた文章を作ることができたとしても、それが人の目に触れることがなければ「宝の持ち腐れ」というやつに成り下がります。
インターネット上にその文章が登場しても、それを人が検索し、アクセスし、実際に目にして文章を読まないかぎりは、ただの文章どころか、単なるデータの一つとしてインターネットというデータの海に漂うことになりかねません。
要するに、コピーライティングにおいては優れた文章を書くだけではなく、「どうすればその文章を多くの人に見てもらえるのか」というポイントについても考えなければ、ビジネスに活かすことはできないのです。
これもまた、広い意味で言えばコピーライティングのノウハウの一環であると言えます。

コピーライティングを活かす、ということ

もし、この文章を読んでいるあなたが「コピーライティングの仕事で食べていく」と考えているのであれば、まずはコピーライティングの基礎を知る必要があります。
しかし、前述のとおりに、基本的な内容だけでは決してコピーライティングで一定の成果を上げることはできないということを理解しなければなりません。
仕事とは、基礎ができて、その上で「応用」しなければならないのです。
コピーライティングにおいて、ただ文章を羅列するだけでは、誰が掻いても同じ文章であり、魅力を感じることはできません。
つまり、コピーライティングにおいてビジネス向けの文章を作成するには、機械的な文章作成だけでなく、どういった内容の文章が求められているのか、どういった場面で活用するべきなのか、そうした「一歩踏み込んだコピーライティング」の力が求められるのです。
「あなたにしか書けない文章」「たったひとつの記事」こそが、ビジネスにおけるコピーライティングで求められる結果なのです。

まとめ

  • 通信教育の内容はビジネスに転用できるが、方法次第でもある
  • コピーライティングは、魅力的な文章を作るだけでなく、どこに掲載するのかというノウハウも必要になる
  • 機械的に文章作成するだけではビジネス向けではない
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください