起業して成功させるにはどのような戦略が必要か考えてみた

ネットビジネス,戦略,顧客,市場

これから会社を経営していく前に考えなければいけないことがあります。その考えなければいけないこととは何でしょうか。これからその考えるべきことをご紹介します。

スポンサーリンク

起業するにあたっての心構え

起業に必要なもの

現在の仕事に対して情熱を持つことができない、または給料が安いと感じている方はなんとなく起業したいと感じているのではないでしょうか。
しかし、起業したいと思っているだけで起業することはできません。起業するためにはしっかりした計画とその準備が必要となってくるのです。
もし手持ち資金がなければ起業するということはできません。会社経営をスタートするだけでお金が必要になります。
起業してしばらくはまだ利益が得られるかどうかわからないので、何らかの手段でお金を工面するということから最初の一歩を踏み出すことが必要です。
お金を工面するために借金をするという手段がありますが、絶対に返すための計画を考えないと失敗したら借金のみが残ってしまうことになってしまいます。
上記のようにまずお金が必要になりますので、

誰でも起業できるということではない

ということを理解することが重要です。

会社経営のシミュレーション

これから経営を始めたときに途中までは好調かもしれません。しかし、次第に経営が苦しくというようなケースは珍しくありません
まずは起業してからの自分自身のどういう行動をするかイメージしてみることをおすすめします。
例えば、コンビニの経営をスタートさせるとします。そうするとまず始めにアルバイトを雇う必要がありますので、そのための面接を行ないます。
ここでまたいろいろな状況を想定してみます。例えばアルバイトでイメージどおりの人だけが集まってくるわけではないのです。
もしかしたらアルバイト方は面接時のイメージとは違ってかもしれません。そういった場合はアルバイトの方を指導したり、新たにもう1人雇わなければならないかもしれません。
このように想定外のことが起こることは十分考えられます。したがって、こういったことだったら、これまでの会社員方が楽だったと悔やむことがあるかもしれません。
したがって、起業する前に経営をスタートさせたときにどのようなことが起こるかシミュレーションをすることが重要になると思います。このようにいろいろな場面を想定することで事前に問題を見つけて対策をすることができます。

ビジネスの検討

市場,顧客,競合,分析

起業する目的を考えてみる

インターネットを経由して検索してみると起業したいという方の成功事例をたくさん閲覧することができます。それらの成功事例を目指して「起業をしたい」という強い熱意を持つことはとても大切だと思います。しかし、その熱意だけで成功するほど起業は楽というわけではないと言えます。
もし起業したいと考えたら、具体的にどのようにしたらいいのでしょうか。
今までどおり会社員を続けているのであれば、収入は安定しています。会社員を続けたとしても何らかのトラブルによって解雇される可能性もありますが、その可能性はかなり低いと思います。そしてほとんどすべての方は定年退職するまで会社勤めすることが可能だと思います。
しかし、そうであってもなぜ起業したいと考えるのでしょうか。
現在の勤め先や仕事の環境に対して満足をしていないことは間違いないと思います。しかし、起業する方は思い描いている決意を持っています。
現在よりもより良い環境を手に入れたいと心から思っている「信念」があると思います。
もしかしたらそれは簡単なものではない可能性があります。また当初思っていたよりも業績が伸びなかったため、中止してしまう結果も考えられます。ただいかなる結果になろうとも自分自身の意思によって起業したので誰にも不平不満を言うことなどありません。
まずは

「何をするために起業したいと思っているのだろうか」

という問いかけに対して明確に回答できるようにしなければなりません。
そしてビジネスとして成功させるために自分がどういうことをしたいのか、そうするためにどのような準備をしなければならないのかについて考えてはいかがでしょうか。
現時点では無理だとしても3年後あるいは5年後はきっとよくなっているといった勝算があるとしたらチャレンジしてみる価値はあると思います。

起業と業種について考えてみる

起業が容易な業種というものはあるのでしょうか。
起業したいからという理由で、今までになかった発想の新しいビジネスをスタートさせるのは簡単ではないと思います。
そういったビジネスは前例がないので、他の方からレクチャーしてもらうことができません。
そういうわけで、今の社会に存在する業種の中から自分が起業したいと思っている仕事を探し出すことが重要となってきます。
言うまでもなく、自分が挑戦してみたいと思っている業種でなければ起業する意味がありません。

具体例

具体的にいうと起業しやすいのはどういった業種なのでしょうか。
ここで注意しなければいけないのは「起業しやすい」ということは、多くの方が同じ業種でビジネスをスタートさせている可能性が大きいということになります。つまり、ライバルが多いということになります。
なお後からスタートさせた店舗については先にスタートさせた店舗よりもメリットを出すなどの差別化をしなければ顧客の確保は難しいと思います。
ここで1例をご紹介します。
インターネット時代に変わってからスタートした業種は数多くあります。
例えばインターネットを利用した通販サイトについては多くの企業または個人が参入し、競争が激しくなっています。
このようなインターネットを使ったビジネスの大きなメリットというのは起業するための費用があまり必要とされないことです。
簡単に言ってしまうとパソコンとインターネットの接続環境さえあればビジネスをスタートさせることが可能となります。
ただし、ある程度インターネットに関する知識がないと起業してビジネスをし続けることは簡単ではないと言えます。

自分の強みと差別化

ビジネスを考える場合は「起業しやすい」という観点で考えることは重要です。ただし、ライバルが多いため成功するかどうかは他にはない強みを持った差別化がポイントになると思います。

ビジネスをするための戦略

SWOT分析,PEST分析,アイデア

フレームワーク

これから利益を生み出すビジネスを考えていく場合、市場分析などを行いいかに自分の強みを活かしていくことが重要となります。そこで役に立つのが「フレームワーク」という思考の枠組みです。このフレームワークは今まで数多くのビジネスを成功させてきたコンサルタントや大学教授などが作りだした戦略ツールです。
例えば有名なフレームワークとしては「3C分析」というフレームワークがあります。この3C分析というのは「顧客(Customer)」、「競合(Competitor)」、そして「自社(Conpany)」の頭文字を意味しています。3C分析ではこの顧客、競合、自社という観点でどういうビジネスにしていくかを考えていきます。
ここでおすすめの書籍をご紹介します。本書籍には100種類のフレームワークが紹介されており、ビジネスを考えていく上での役に立つツールを見つけることができると思います。

ランチェスター戦略

ここで私が好きな戦略をご紹介します。その戦略は「ランチェスター戦略」です。ランチェスター戦略はビジネス上の弱者と強者がとるべき戦略が法則として体系化されたものです。その法則は簡単に言ってしまえば以下のように第1法則(弱者の戦略)と第2法則(強者の戦略)になります。

第1法則:局地戦、接近戦(弱者の戦略)
第2法則:広域戦、遠隔戦(強者の戦略)

このランチェスター戦略には例えば個人経営されている方が大企業に勝つためのヒントがあります。上記のフレームワークの書籍でも紹介されておりますが、もしもっと詳しい内容を理解されたいのであれば以下の書籍もあります。

本記事が起業するうえで参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください