定年後の仕事や生活について今のうちにまじめに考えてみた

定年,仕事,就職,派遣

「定年まであと20年くらいあるからまだ考えなくてもいいや」、「定年になる3年前になったら真面目に考えよう」というように実感がわかない方が多いかもしれません。しかし、定年後に仕事をしたいのか、仕事をするならどのようなことをしたいのか、または定年後に就職できるのかなど、今のうちにいろいろな状況を想定して準備をしておいた方がよいと思います。
ということで以下に仕事についてまとめてみましたので参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

定年後の仕事

どのような仕事をしていくか

定年後の仕事に関しては、高齢者の方が超高齢者の方を介護することもある現在の日本では、じつにいろいろな環境が関係を持ってくると思います。
ごく一般的に考えて定年後に仕事をすることはかなり当たり前になってくるのが予想されます。しかし、このことはその人の家族、生き甲斐、人生観、価値観、そして趣味など、いろいろなことが関係してくるため、どのような仕事をするか慎重に決めた方がいいと言えます。
今の時代は日本の雇用形態が多様化しております。そして定年を迎える年齢もほとんどは60歳くらいになっているといわれています。企業のタイプや規模、それに加えて社会的な状況次第で、よく言う「リストラ定年」という場合もあります。
現在のように日本が高齢化社会に進んでおり、さらにエネルギー問題をかかえている実状から判断すると、定年後に仕事を持つということは、非常に望ましいと言えます。
定年するまでの経験を活用してできる仕事もあれば、趣味と実益を兼ねた仕事もあるのはないでしょうか。
それに加えてまったく未経験の世界を新たに勉強をしながら資格などを取って仕事に従事するということもおすすめです。

いろいろな雇用形態

定年を迎えて退職の時期に近づいてくると、勤務先に定年延長の契約として例えば嘱託や顧問のような形で希望を伝えてそのまま継続していくという選択があります。その他には系列会社や協力会社などを紹介してもらうということも考えられます。
この他には、自営業の形で自分の家を会社に改装するとか、テナントビルを利用して営業などをするといった選択もあります。
最近では雇用形態が多様化しているため、派遣社員といった雇用形態も増加してきているようです。

仕事に関する相談窓口

なお今まで働いていた企業との関係からきっぱりと別れたいという方は、一般社団法人の日本人材派遣協会などに相談するということが可能です。
その他にも公共機関であればハローワークまたはシルバー人材センターなどがあります。また、市町村には「なんでも相談センター」などがありますので、サポートや助言をしてくれると思います。また民間企業であれば、人材派遣会社などがあります。
定年を迎える前に上記で紹介したところに前もって登録をしておくことで、本人がを希望している仕事が見つかるまでサポートしてくれるところが増えています。
インターネットから登録会社に登録するという方法もあります。その際に例えば小規模の会社での仕事とか、大手の会社を希望しているのか、工場などのような現場で働きたいのか、または営業のような顧客と接する仕事なのか、など希望している職種を具体的に明記しておくことでより就職に有利になると思います。なお、「英語を話すことができる」などのような「自己PR」できるものがあればそれも明記したほうがよいです。

就職に有利な実務経験や資格

就職,派遣,再雇用,退職

定年後の仕事といってもいろいろありますが、まずは就職先を見つけることから始めなくてはなりません。そこで、就職する上で有利と考えられる実務経験や資格を以下にご紹介します。

語学力

今までのの仕事が商社みたいに外国人とのやりとりが多かったら、英語や中国語など、語学力を活かして派遣先を選択することもいいと思います。
最近では資格者が優先される時代とも言われているので、TOEICやTOEFLといった英語検定や宅建などといった資格に挑戦してみるのもいいと思います。
法人組織の派遣先紹介所などでも有資格者の場合は優先的に定年者の最適な就職先を探し出してくれると思います。そしてすぐに派遣先に面接といったケースもたくさんあります。なお大手の一般企業では社内はすべて英語のみのところがあります。言うまでもなく面接も英語のみというところもあるようです。
これから先の時代は最低でも英語力があることは、特に定年後での仕事先を見つけるうえで有利になると思われます。このことについては現在の日本という国の事情からかなり納得できることだと言えます。
なお、ここ最近トリリンガル=3ヶ国語時代に入り始めたとも言われています。
それは例えば英語に加えて中国語やフランス語を話すことができることを意味します。
派遣先次第ということもありますが、一流企業ののであれば英語はできて当たり前といった条件であり、第3ヶ国語すらも必要としているケースが増加しつつあるということなのです。
国内の求人において1つ言うことができるのは、行政機関、一般企業、そして法人組織についても、社内での英語講師などを募集しているケースが増えてきているのです。
以上のことから語学力の需要は今後も高まってくると予想されます。したがって、定年後から語学力を身につける前に今のうちから語学力を身につけるようにしましょう。

特技と資格

前記みたいに語学力を活かした実務経験や資格を持っていれば、定年後になって仕事をより広範囲に展開できると思います。そうすると家族全員がこれまで以上に楽しい人生を過ごすことができるようになってくると思います。
今の時代の日本は自動車、電機、プラントとか環境設備などなど数えきれないくらいの業種が日本の経済を支えており、実務経験や資格を必要とする分野で人手不足のケースが多々生じているようです。
定年退職された方は、例えば自動車関連の実務経験や資格を持っているようでしたら自動車工場やその系列の会社などで実務経験を活かすことも可能となります。
また、電気関係や建築資格士などといった有資格者であれば、定年後の仕事に有利になると思います。
最近の日本においてはエコノミーとエコロジー、一言でいえば「エコ」が重要視されています。もし、エコや省エネに関連した実務経験や資格があれば活かすことができます。
例えばさまざまな工場における企業診断を実施し、毎月消費される電気代に関する節約の提案などというようなことが容易にできると思います。もし提案の結果が素晴らしいものであると評価されれば、定年後の生活において大いに生き甲斐を実感することができのではないでしょうか。
上記のように実務経験や資格はその定年後の仕事において強みになります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください