水虫の原因は白癬菌だった!それでは再発防止と治療はどうするの?

水虫の原因と治す方法
「水虫」という病気は、足の裏に発生する病気であることは多くの方がご存知であると思います。
特に「お父さんの足の病気」というイメージが強いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

水虫の原因

そんな水虫ですが、風邪やインフルエンザとは違って「どうして水虫を発症するの?」という、水虫の発症原因については知らない人が大勢います。
そこで、水虫の原因やメカニズムについて解説していきます。

水虫の治し方ってやっぱり足を清潔に保つのがとても重要みたい!
長年、水虫に悩んでいる人も、世の中には多いですよね。 インターネットで、水虫の治し方を調べてみましょう。 水虫の治し方を探す 水虫...
水虫になったら「酢を塗る」ってどうなの?他の治し方はあるの?
水虫に長年悩んでいる人は多いので、医療機関に頼らず自己流の治し方をしている人もいますよね。 都市伝説か迷信のように怪しい方法だったり、...

水虫の原因とは?

多くの人は、仮に自分が「水虫」を発症したとしても、なぜ自分が水虫を患ってしまったのか、その原因には心当たりが無いものと思われます。
まず、水虫の原因というのは「白癬菌」という「カビ」の一種が足裏に感染することで発症します。
しかし、私たちは細かなカビの一種であるこの白癬菌の感染について、その原因に心あたりがあるとは言い難いのです。
誰だって、風邪のウイルスが体内に侵入しても、速やかにそれを自覚することなんて出来ません。
なお、白癬菌の感染経路は「接触感染」なので、風邪のウイルスほどどこでも感染する可能性があるとも言えません。
接触感染なので、白癬菌が生存している箇所に足裏が触れることで、水虫を発症する原因となります。
家庭内であれば、「床」「バスマット」のように、足がダイレクトに触れる箇所には白癬菌が生息している可能性があります。
では、家庭内に白癬菌を持ち込むのは誰か、それはさすがに分かりません。
しかし、例えば「プール」「公衆浴場」のように、裸かそれに近い格好、少なくとも足裏が露出している状態で集団が利用する施設などでの感染も考えられます。
そこで感染して家庭内に持ち込む、というパターンが多いと考えられます。
ただし、白癬菌が足裏に付着したというだけでは、水虫を発症するとは限りません。
白癬菌が感染し、それに気が付かずに放置することで、水虫を本格的に発症してしまうのです。

水虫と再発

さて、風邪をひけば薬を飲み、インフルエンザであれば病院へ行くのが普通の対処法です。
何にしても、病気になればそれを「治療する」ことを第一に考え、出来る限り早く体調を回復させたいと思うはずです。
水虫も決して心地よいものではなく、早めに治したいと思うはずです。
ですが、水虫の場合は「治す」の意味合いをきちんと理解しなければならないのです。
水虫は、治し方を知ることももちろん需要なのですが、「再発防止」に努めることも重要なのです。
水虫は接触感染の白癬菌が原因であり、接触にはきちんとした理由があります。
また、白癬菌は「高温多湿」を好む菌の一種なので、その環境にある足をそのままにしておけば、白癬菌感染の温床となることは確実です。
これを野放しにしている限り、再度水虫に感染し、家族をも危険に晒す可能性が残ってしまうということになります。
また、水虫は皮膚の奥のほうで繁殖しますので、表面だけを見て「治った」と思っても、実は根治治療は済んでいないケースも多いのです。

水虫をしっかりと治すには?

水虫の原因と再発防止
水虫はかゆみをもたらす病気であり、決して快適なものとは言えません。
しかし、かゆみ自体は水虫用の薬を塗布することで、数日ほどで治まることがほとんどです。
そして、しばらくすると表面の「角質」が剥がれていきます。
これ自体は「不要になった古い皮膚」なので問題ありませんが、これにも白癬菌は潜んでいますので接触しないようにしましょう。
角質が剥がれた皮膚の奥の方には、まだ白癬菌が潜んでいますので、薬を塗って抗菌作用を高めます。
次第に角質とともに足裏に感染していた白癬菌も剥がれていき、最終的には足裏から白癬菌を追い出すことが出来ます。

白癬菌との戦い

さて、一般的に「水虫=足裏の病気」と呼ばれていますが、これは足の裏が「白癬菌の好む高温多湿の環境を作りやすい」ことで、感染しやすい事が原因です。
実際には皮膚であればどこにでも感染する可能性がありますので、「爪」「手」「頭部」あるいは「体全体」どこでも水虫になってしまうことは十分に考えられます。
発症している部位ごとに有効な薬も異なってきますので、しっかりと治療しましょう。
水虫は皮膚の奥に白癬菌が感染し、剥がれた角質には白癬菌が潜み、とにかくしつこい病気です。
前述のとおり、表面だけ見て「水虫が治った」と判断すると、皮膚の奥の白癬菌によって再び水虫のかゆみを味わうことになりかねません。
皮膚科を受診することが最も有効な手段ではありますが、市販の塗り薬だけで解決しようと思うのであれば根気よく薬を塗り続けて、確実に白癬菌を自身の周囲から追い出してしまいましょう。
根気のいる戦いになりますが、決して治せない病気ではありません。
短期決戦ではなく、長期戦を覚悟して治療に臨みましょう。

まとめ

  • 水虫は「白癬菌」が接触感染することで発症する
  • 水虫は原因を取り除かいな限り何度でも再発する
  • 専用の薬を使うことでかゆみを抑え、治療することが出来る
  • 水虫を完全に治したければ長期戦を覚悟しなければならない
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください