歯周病が気になったのでその症状と予防の方法を調べてみた!

歯周病の症状と歯ブラシ
歯周病というものは歯垢が歯の周りに蓄積され、それが原因で歯茎のトラブルが発生してしまう症状です。

スポンサーリンク

歯周病の特徴

症状

いつも歯磨きをしているときでも、適切に磨いていなければ歯周病になってしまいます。
要するに、毎日行っている歯磨きがポイントになります。
子供だったときから「いつも歯みがきをしましょう」と教育されている方でも、歯周病が発症してしまうことがかなりあります。
歯周病になってしまう具体的にはどういった症状になってしまうのでしょうか。
一般的には歯茎が赤く腫れてしまったり、歯茎から血が出たりします。
また、味覚が過敏になってしまったり、口臭がひどくなってしまうこともあるようです。
そういうわけで、家族から口がくさいという指摘を受けて初めて歯周病であることを知ることもあるのではないでしょうか。
毎日歯磨きを行なっていたとしても、適切に歯を磨けていないのであれば歯周病になってしまう可能性が高くなります。
自分は適切に歯を磨いていると思っていたとしても、それほど歯垢を除去しきれていないことがかなりあります。
歯周病というのは進行することにより、歯垢に溜まっってしまったバクテリアが血管内に入り込んでしまい、全身に影響を及ぼす可能性もあります。
歯が痛いといったトラブルというのはよくある症状です。しかし、痛いまま放置しておくと大変なことになる可能性があるということを理解しておく必要があります。

予防

当たり前ですが、歯周病を予防するためにはまずはしっかりと歯磨きをすることです。
そうするためには適切な歯ブラシと歯磨き粉を選ぶことが重要となります。
しかしながら、自分に適した歯ブラシを選ぶということは容易ではありません。
そういうわけできれいに歯磨きをしたと思っていても歯垢を除去しきれていない可能性があります。
したがって、歯科医に行って定期的に歯を点検してもらうということも重要となります。

歯周病と歯磨きの重要性

主な原因

歯周病になる原因は歯に付着した汚れの蓄積です。
一般的にはこの汚れのことをプラークや歯垢と言いますが、この歯垢にバクテリアが繁殖してしまうのです。
もし歯垢を放置したままにしておくとバクテリアはいくらでも繁殖していきます。
このバクテリアの繁殖が口臭や虫歯を作る原因となってしまうのです。
歯の汚れを落とすことによっていくらかは歯周病を防ぐことができます。そのためにも歯茎のブラッシングが重要となってきます。

歯磨きの方法

歯周病の症状と歯みがきの方法
そういうわけで歯周病の一番の対策というのは歯磨きになります。
例えば歯医者さんに行って歯の状態を診てもらったときに歯間ブラシなどで歯垢を除去することをすすめられるかもしれません。
自分では歯をきれいに磨いていると思っていても、歯医者さんで診てもらうと歯垢が蓄積されていると指摘を受けることも多いと思います。
それでは歯周病にならないようにするためには、どのようなタイプの歯ブラシを使うとよいのでしょうか。
適切に歯磨きをするためには、どのようにすればいいのかわかるのであれば誰も苦労はしないと思います。まず最も簡単なのがインターネットを利用して歯磨きの方法を調べることです。
この正しい歯磨きの方法についてはいろいろなホームページに掲載されていますので、参考になります。
一般的には歯並びに合わせるようにしてまっすぐ歯ブラシを当てることがポイントになります。
また、ブラッシングについては5mmから10mmくらいの動かし方で歯ブラシを小刻みに動かすこともポイントです。
そして1か所を20回以上小刻みに動かして、歯をしっかりと磨くようにします。
なお、過剰に強くブラッシングするのはあまりよくないそうです。

歯磨きをしても歯周病になる理由

上記のような歯磨き方法の情報があったとしても歯周病に悩まされる方はたくさんいらっしゃると思います。
その理由の一つは、「自分の歯をきれいに磨けたかどうかを確認することが難しい」からだと思います。つまりり歯磨きが不十分なところが存在する可能性があるということです。
歯周病というのは、このように歯磨きが不十分であることが原因で発生する病気と考えていいと思います。

歯磨きのタイミングはいつがいい?

まず、食事をした後に歯を磨くといった習慣を持っている方は歯周病にならないと言えるのでしょうか。
最近の研究によると食事をした直後は食べたものが口内のバクテリアによって分解されるということがわかってきたようです。
したがって、胃で消化されるより前に口の中から分解が始まっているというわけです。
食べたものをバクテリアが分解しようとしたタイミングで歯磨きをしてしまうと、その分解するという働きを抑えてしまうことになります。
もし食べた直後に歯磨きをすることが胃の働きに影響を及ぼすとしたら、歯磨きをするタイミングは食事直後ではなく一定時間経過した後の方がよいという考えもあります。
しかしながら、ここまで細かいことを考える必要はないかもしれません。
なぜかというと歯周病というものは1日のうちであっという間に進行するものではなく、数週間かけて進行するからです。
歯磨きをするタイミングを考えた場合、最も効果的なのはどのタイミングなのでしょうか。
それは夜の寝る前がよいと言われています。
言い換えると、夜の歯磨きをした後については何も食べないといった状態を作るということになります。
例えば、夜中に勉強などをして遅い時間まで起きている方は、夕食後に歯を磨いたらお菓子などを口にしないように気をつけなければなりません。
もし夜中に食事をした後、せっかく歯磨きをしたのにお菓子を食べてしまうと歯磨きによる効果というものは減少してしまうことになります。
歯磨きによる効果を出すために、歯を磨いたら何も食べずにすぐに寝るようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください