水虫の治し方ってやっぱり足を清潔に保つのがとても重要みたい!

水虫の症状と治し方
長年、水虫に悩んでいる人も、世の中には多いですよね。
インターネットで、水虫の治し方を調べてみましょう。

スポンサーリンク

水虫の治し方を探す

水虫についてはたくさんの人が悩んでいるので、いろいろなサイトで水虫の治し方を公開しています。
さまざまな方法や、治療薬があるのですが、どれが良いのでしょうか?

足の水虫になる原因はいろいろあった!対策はどうするの?
水虫の治し方を探している人も多いですよね。 一度水虫が発症すると、簡単には治らないので、ずっと悩んでいる人も少なくありません。 水虫...

水虫の治療薬はいろいろ

水虫には、すぐに治るような特効薬があるわけではありません。
地道に薬を塗って治療を続け、日々患部を清潔にしておくことが重要となります。
なお注意しなければならないことがあります。それは水虫の治療薬にはいくつかの種類があるということです。
自分の水虫の種類やタイプに合わせた薬剤を、キチンと続けて使用することがポイントなのです。
自分の水虫に合う薬剤・効く治療薬を使用するためには、まず自分の水虫のタイプを調べる必要があります。
自分で判断することは簡単ではありませんし、紛らわしいため間違えることも少なくありません。
まずは、皮膚科で診察してもらいましょう。
市販の水虫薬を使うよりも、皮膚科で処方された薬を使用することをおすすめします。

市販薬と処方薬の差

医療用からスイッチした有効成分を含んだ水虫薬は市販品にもありますが、医療用の処方薬剤は有効成分の含有量が違います。
同じ成分が入っていたとしても、医療用薬剤の方が有効成分の量が多いので効果が高いのです。
正しい診断を受け、自分に合った適切な薬剤を処方してもらいましょう。
水虫は白癬菌による皮膚感染症なので、診察料や薬剤料も保険適用です。
長年のしつこい水虫にも、内服タイプの抗真菌薬剤を処方されるケースもあります。
市販薬にはスプレータイプやジェルタイプなど、便利に使用できるタイプの外用薬が揃っていますが、内服薬は医療機関での処方が必要で市販されていません。
皮膚表面の角質に白癬菌が寄生している状態の水虫であれば、外用の抗真菌薬剤(塗り薬)が有効ですが、爪水虫(爪白癬)やかかとがひび割れるタイプの水虫などは皮膚表面だけに作用する外用薬では効果が足りないこともあります。
体部白癬などで、幹部が身体の広い範囲に広がっているような場合は、全身を外用薬で塗るのも大変ですよね。
市販の塗り薬だけでは効果が薄い、なかなか治らないと思っている人は、一度皮膚科を受診してみるのも良いでしょう。

水虫の治療には時間がかかります

水虫の治療には自分の水虫タイプに合った、適切な薬をキチンと使用することが大切です。
簡単に治らない理由としては、皮膚表面がキレイになったら治ったと思い込んで、薬剤の使用を止めてしまう人が多いからです。
実は、表面の白癬菌は退治されていて、治っているように見えても皮膚の角質の奥の方にはまだ水虫菌(白癬菌)が存在しています。
皮膚魔奥に潜んでいる白癬菌を退治しなければ、完治したことにはなりませんし、しばらくすると再発してしまうのです。
治ったと思っていたのに、夏にはまた水虫が再発するというパターンを繰り返す人も大勢います。
若い頃から、何十年も水虫と付き合ってきたという人も、少なくありませんよね。
高温多湿の夏に比べると冬は乾燥していますし、水虫も皮膚の奥に隠れていて、一見すると治ったように見えますが、冬の間も抗真菌薬の使用を引き続き継続する必要があります。

清潔の保持を心がけてください

水虫には、清潔を保つことが一番重要です。
足の水虫(足白癬)の場合、まずはまずは足の指の間を、清潔にしておくことから始めてみてください。
足の指と指との間は、汗や皮脂で不衛生になりやすい場所ですし、湿気でムレて白癬菌が繁殖しやすい環境です。
特に、仕事中は靴下や靴を履いていますから、水虫にとっても過ごしやすい環境で、すぐに広がってしまいます。
なるべく通気性の良い、ムレにくい素材の靴下を着用し、事前に抗真菌薬を塗っておけば、かゆくなることも少ないでしょう。
指と指が触れ合わないよう5本指ソックスを愛用するのも、おすすめですね。
帰宅後は、まず足を洗いましょう。
毎日入浴して、必ず足を指と指との間をキッチリと、洗浄剤を使用して足指を1本ずつしっかり洗ってください。
抗真菌タイプのボディソープ類を使用するのも、有効です。
洗浄後は、水分をキッチリ拭き取って乾燥を心がけることが大切になります。
家族に水虫を移さないように、足ふきマットは別にした方が良いかもしれません。
水分を含んで湿気た状態の浴室足ふきマットは、水虫菌(白癬菌)の温床であり、天国のような環境なのです。
家族中に水虫を感染させることになりかねませんし、治療していてもお互いに感染させ合うピンポン感染が続いてしまいますので、注意が必要です。

水虫の治し方は

水虫の治し方は、適切な薬剤をキチンと継続的に使いつづけるだけですし、日々の生活で患部を衛生的に清家に保つだけで、決して難しということはありません。
ただ、それを実践していくこと、続けることが難しいのですね。
毎日、薬をキチンと塗って頑張れば、水虫の悩みからも解消されるはずです。
きれいな足を手に入れるために、頑張りましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください