足の臭いが消えなくてどうしよう?とっておきの方法を教えます!

原因,対策,足の裏
「足の臭いを消したいけどなかなか消えない」とお悩みの方にいくつかの消す方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

足の臭いを消す方法

さて、以下の記事で足と靴下の洗い方をご紹介しましたが、もちろんそれだけでは足りません。
臭い消しをしなくては、せっかくきれいな足やソックス・ストッキングを履いても意味がなくなってしまいます。

足の臭いはこれで解消!足を清潔にするためにはこの方法があった!
体臭ほど周りにばれないとはいえ、足の臭いを消す方法を知りたいと思っている人は少なくありません。 特に、飲み会の居酒屋が座敷だったり...

重曹

まずは、足をきちんと洗っているのにまだ臭う、という場合は、重曹やミョウバンを使いましょう。
足の臭いの元となっているのは、イソ吉草酸というにおい成分で、汗や皮脂などを雑菌(バクテリア)が食べた後に出す分泌物が分解されたものです。
バクテリア自体は誰の皮膚にも存在しており、なくすことは出来ません。
ですから、エサのほうを極力減らすことで、バクテリアの増殖を防ぐしかありません。
そこで、重曹を使うことでイソ吉草酸を中和するのです。
重曹については弱アルカリ性、イソ吉草酸は弱酸性なので、重曹が臭いを消してくれます。
重曹は、純度の違いによって薬用や食用、工業用などがあり、掃除用として販売されているものは工業用です。
洗濯だけに使用するのであれば掃除用で良いのですが、今回は足も洗いますので食用のものにしたほうが良いでしょう。

  1. まず、洗面器にぬるま湯1リットルに対し大さじ3の重曹を入れ、よく溶かします。
  2. その後、その洗面器の中に足を入れ、10~15分足湯をします。

重曹は温度が高いほど効果も高くなるのですが、その分肌荒れを起こしやすくなりますので、40℃程度のお湯に、最初は少なめに重曹を入れて様子を見ながらおこなうと安全です。
ソックスの臭いも重曹で取れます。
重曹水を一晩つけておくと臭いが取れますので、軽く洗ってから他の洗濯物と一緒に洗っても大丈夫です。

ミョウバン

ミョウバンは漬物の発色や麺のかんすいなどに使われている食品添加物です。
「アルム石」という体臭対策の結晶が以前から市販されていますが、アルム石の元となっているのがこのミョウバンです。
ミョウバンは強力な殺菌効果のある酸性物質で、アンモニア系の臭いを消す効果があります。
重曹についてはは弱アルカリ性なので、重曹では落ちない臭いをミョウバンで取ることができるのです。

  1. 水150に対してミョウバン1の割合でよく溶かします。
  2. なかなか溶けないので、ペットボトルなどに入れてよく振ったら、2~3日置いておくと水が透明になり、完全に溶けたことがわかります。
  3. このミョウバン水を直接足にスプレーします。

かなり水で薄めてはいますが、肌が敏感な人はスプレー後軽く拭き取るようにしましょう。
なお、一度作ったものは1ヶ月程度持ちますが、腐敗を防ぐためには水道水を使用したほうが安心です。

制汗剤・フットクリーム

今は足に直接塗って臭いを抑えるものが多くあります。
汗自体を抑えるものは上のアルム石もそうですが、サラサラ感が続き、汗をかかなくなるため、バクテリアのエサが減るという訳です。
さらに、バクテリア自体を中和するクリームもあります。
どちらも、必ずきちんと乾かしてからソックス・ストッキングや靴を履くようにして下さい。

靴の中敷き

原因,におい,脱臭
靴の中敷きも、素材を選べばしっかりした脱臭効果が望めます。
抗菌、脱臭、吸汗に優れたもの、活性炭配合のものなど色々ありますし、紙で出来ていて使い捨てという商品もあります。
なお、使い捨てでないものは説明文を読み、扱い方をしっかり覚えて下さい。
何セットか予備があると安心です。

靴のデオドラント

靴自体にも臭いを消すデオドラント商品を使用すると、さらに安心です。
たとえば、防水スプレーを靴の内側に吹き付けておくと、汗がしみ込まなくなるので雑菌の繁殖を抑えることができます。
また、重曹水をスプレーに入れ靴の中に吹きかけると、翌日には臭いが取れています。
もちろん、重曹をそのまま布袋などに入れて一晩おいてもOKです。
重曹を瓶に入れ、靴箱に入れておくのも効果的です。
適宜上の部分を少しすくってやれば、臭い消しの効果はずっと続きますし、面倒であれば、小皿に少し振りかけて置いておくのも良いでしょう。
使い終わった重曹はそのまま掃除などに使用できます。

天日干し

天日に干すというのも大変臭い消しに効果があります。
ただし、革靴の場合は直射日光に当てるとひび割れてしまうことがありますので、日陰に干して下さい。
内側を乾燥させると菌が死滅するので、定期的に干すことで効果が持続します。

その他

身近にあるもので簡単に、というのでしたらコーヒーの残りかす、10円玉、乾燥材、新聞紙などを利用しましょう。
コーヒーの脱臭効果はよく知られていますし、新聞紙は昔から乾燥のために靴に入れていました。
10円玉というのは、銅に殺菌効果と雑菌分解作用があるためです。
片方に10枚程度入れると効果があると言われますが、入れっぱなしはカビの元になりますので、こまめに出すようにして下さい。

まとめ

色々と方法を書いて来ましたが、何より足の裏から臭いをさせないことが最も大切です。時間をかけてていねいに足を洗う、サンダルや布靴を履く、ソックスやストッキングの替えを持ち歩くなど、出来ることから始めて下さいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください