足の臭いはこれで解消!足を清潔にするためにはこの方法があった!

消臭,におい,解消

体臭ほど周りにばれないとはいえ、足の臭いを消す方法を知りたいと思っている人は少なくありません。
特に、飲み会の居酒屋が座敷だったりすると、女性でも気になるのではないでしょうか。
周りの人が不快になるのではないか、臭いと噂されるのではないか、と心配になりますね。
ただ、足の臭いを消すには色々な条件が揃わないと確実な効果がないため、まず原因を探すところから始めましょう。

スポンサーリンク

足の臭いを消す方法

足が臭う原因とは

足が臭う原因は、雑菌の繁殖です。
元々足の裏は心臓から最も遠い箇所なので血の巡りが悪く、老廃物が溜まりやすくなっています。
以前、足裏に貼る木酢液入りシートが流行ったのを覚えている人も多いと思います。
夏にフローリングの上を裸足で歩くとペタペタ張り付くような感じがする、という経験もあるでしょう。
足裏シートが毒素を吸い取ってくれるのかどうかはさておき、足の裏から多量の汗が出ているというのは間違いありません。
足の裏には汗腺が多く、他の部分の3~10倍と言われています。
両足でコップ約1杯分の汗を毎日かいているのです。
ところが、それをきちんと吸い取れる状況にしている人は案外少ないものです。
ストッキングや化繊入りソックスは吸汗性の良くないものが多いですし、例えコットン100%のソックスを履いていたとしても、水分を蒸発できる環境でなければ同じことです。
社内でサンダルを履ける場合は良いのですが、女性に対しては来客に失礼という理由で「つま先とかかと部分は覆われていないとダメ」などと言う会社もあるようです。
せめて机の下では靴をきっちり履かないようにしている、というなら良いのですが、これまた突然の来客に対応できないということもあり、なかなか難しいところです。
そのため、実は男性より女性のほうが足の臭いは強いのです。

足の汗自体の臭いは?

足の汗自体については臭いはありません
ところが汗と共に出て来る老廃物が空気に触れて雑菌が繁殖することで、臭うようになるのです。
また、足の裏の古い角質が汗と一緒に取れ、細菌がそれをエサにしながら繁殖することでも臭います。
さらにもう一つ、脂があります。
ソックスを水で洗濯して乾かすとゴワゴワになることはありませんか?
臭いをかぐとわかるのですが、これは、足から出た脂が水温で固まってしまっているのです。
ですから、お湯で洗えば脂が溶けるのでゴワゴワ感も臭いもなくなるはずです。
これは、男性のほうが多いです。
男性ホルモンは皮脂を司る機能があるので、ホルモン分泌量が多い人ほど脂が多くなる傾向があるのです。
また、20代男性の男性ホルモンの量を100とすると、30代で85、40代で81.5、50代で71.4、60代で61.3と、急激には減りません。
ですから、脂による足の臭いは弱くなることはあっても、なくなることはないのです。
また、女性の場合冷え性が足の汗の原因になっていることがあります。
冷え性の場合、足には老廃物が溜まりやすくなっていますが、末端にまで血液が行かないため汗腺が開かず、臭いがあまり漏れません。
ところが急に温まると、体は驚いて温度調節をしようとし、一気に汗腺が開いてしまうのです。
元々老廃物が溜まっていたところに汗腺が開いてしまうので、かなり臭ってしまうことがあります。

足の臭いを防ぐ対策

石鹸,通販,保湿

足元を清潔にするのがポイント

このように色々な原因があるため、どれか一つ行えばよいというものではありません。
ですが、足元を清潔にするというのは絶対にしてください
この清潔にする方法ですが、実は結構間違っている人がいるようです。
例えば、足を保湿成分の強いボディソープで洗うのはあまりおすすめできません。
というのは、脂分がきちんと落ちない上に保湿成分でフタをしてしまうことになるため、雑菌の繁殖が早くなってしまうのです。
カサカサになってしまうから、ということであれば、浸透性の良いクリームなどを使うようにしてください。

固形の石けんが効果あり

洗う時は固形の石けんが一番です
石けんで特に指の間をていねいに洗い、垢はすべて落とすようにしましょう。
爪の両脇や中なども、結構垢や汚れが溜まっていますので、忘れないようにしてください。
垢は雑菌がとても好む食べ物になってしまうのです。
また、この時ゴシゴシ洗えるからとナイロン製のタオルを使う人がいますが、特に足指は普段刺激に慣れていないため、皮膚が炎症を起こしたり傷ついたりすることがあります。
こまめに洗えば手で洗っても汚れも垢も充分落ちます。
洗い終わったら、夏は素足、冬は五本指ソックスを履くなどして、足の指同士をくっつけないようにしましょう。
五本指ソックスは今かわいいのがたくさん出ていますが、できるだけコットンの率が高いもの、できれば100%のものを選んでください。
また、ソックスやストッキングを洗う洗剤は、できれば殺菌効果の高いものを専用で使ってください。
コットン100%のものであれば、熱湯消毒もおすすめです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください