汗臭さの対策はまず「アポクリン腺」と「エクリン腺」を知ることがポイント!

汗とアポクリン腺とエクリン腺の関係

「汗臭い」という言葉があるように、私たちは運動や緊張などで「汗」をかきますが、これは匂うというイメージが強いです。
特に集団で行動する時に汗臭さを感じてしまうと不快に感じますし、それが自分が原因であるのならば居心地が悪くなることでしょう。

スポンサーリンク

汗の匂いの原因

さて、実は全ての汗が臭くなるわけではないということをご存知でしょうか?
そこで、匂う汗と匂わない汗、それぞれにどのような違いがあるのかということについて解説していきます。

汗の匂いとフェロモンって「アポクリン腺」が関係してるみたい
人は、何かと「汗」をかくものです。 汗と聞くと、あまり良い匂いのするイメージは無いのではないかと思います。 汗の匂いの特徴 ですが...
体臭が気になったらどうしよう?そんなときのための最新の対策を教えます!
いろんな人と一緒の空間にいることが多い現代社会において、自分の「体臭」というものが気になってしょうがない人が多いのではないでしょうか? ...

汗には2種類ある

まず、汗というものは大きく2種類に分けられます。
厳密に言えば、汗を分泌する組織である「汗腺」が2種類あり、それぞれに異なる性質の汗を出すことによって、汗が2種類存在するのです。
つまり、「◯◯から出る汗」と「△△から出る汗」という2種類の汗があるということです。
では、汗はどこから出るのかと言えば、それは「汗腺」と呼ばれる皮下組織です。
人体の表面に広く分布し、特定の役割を担っています。
そして、役割の特性上、「匂う汗」と「匂わない汗」が存在することになるのです。
汗を出す汗腺、それは「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類です。

エクリン腺から出る汗の特徴

エクリン腺から出る汗は、「ストレスを感じることで出る」という特徴があります。
エクリン腺は体中に分布しており、エクリン腺から出る汗のほとんどは単純に水分で構成されています。
この汗自体は、実は全く匂うものではないのです。
この汗が匂う原因となるのは、汗に含まれる成分が原因です。
ほとんどは水分で構成されるエクリン腺の汗ですが、ストレスを感じることで血液中に「アンモニア」が放出され、それが汗となって出ることによってアンモニアを含みます。
また、エクリン腺から出た汗が乾き、衣服に匂いのもとが集中することで汗臭さを感じてしまいます。
ですが、先ほども説明したとおりエクリン腺から出る汗そのものは、強いストレスを感じていない限り匂うことはありません。
そのため、この汗に注目して汗臭さの対策をしてしまうと、あまり効果を発揮しません。
問題となるのは、実はもう一つの汗腺である「アポクリン腺」なのです。

アポクリン線の汗の特徴

汗とアポクリン腺とエクリン腺の関係
汗臭さの原因の大部分は、もう一つの汗腺である「アポクリン線」から出る汗であるということが言えます。
アポクリン線は、体中に分布しているのではなく、「脇の下」や「耳の中」といった特定の部位に集中的に存在しています。
先ほども申し上げたと思いますが、汗臭さの基本的な原因は、このアポクリン線から出る汗にあります。
先ほどの「エクリン腺」は、その基本的な役割として「体温調節を行う」という働きがあります。
つまり、暑いときにかく汗は、エクリン腺から分泌されているということになります。
なので、基本的に体中に分布しているのです。
では、体の一部分に集中的に存在しているアポクリン腺には、どんな役割があるのでしょうか。
こちらに関しては不明瞭な部分もありますが、有力な説としては「フェロモンの役割」をしているのではないかと言われています。
有り体に言えば「異性を惹き付ける匂いを発するため」とでも言えばわかりやすいでしょうか?
つまり、アポクリン線の汗には「匂いを放つという目的がある」ということなのです。
エクリン腺の場合は結果的に汗臭さを感じることがあると言うのに対して、アポクリン線の汗はそもそも匂いを発するのが目的なので、匂っても何もおかしいことはないのです。
もちろん、現代社会の人間においてその効力の必要性はエクリン腺の「体温調節」の働きに比べてれば薄いでしょうが、元は野生動物の一環であった人間の祖先の猿としての名残なのでしょう。

汗臭さの対策はアポクリン腺?

さて、汗自体が匂うのはアポクリン線であることは理解できました。
では、汗臭さの対策をするためには、アポクリン線に注目するべきなのでしょうか?
実は、汗臭さ全体をきちんと対策したいというのであれば、どちらの汗にもきちんと対策を行う必要があるのです。
それぞれのメカニズムは、エクリン腺は「汗が衣類に染み付くこと」によるもので、アポクリン線は「汗そのものが生体機能的に匂う」ということです。
それぞれの特徴に注目し、それぞれの汗に適した対策を講じる必要があります。
特に重要なのは「汗を乾かす」ということです。
汗が即座に乾くような環境を整えることで、汗が停滞することがなく、衣類に染み付くこと無く匂いの原因を解消することができます。
夏場に汗臭いのは、汗が乾ききる前に次々と汗をかくことで、いつまでも汗が表皮に停滞して汗臭さの原因を作りやすいからです。
他にも、汗臭さの原因はさまざまなものが考えられます。
重要なことは「自分の汗臭さの原因がどこにあるのか?」ということを正確に把握することです。

まとめ

  • 2種類の汗腺それぞれ別の特徴の汗が出る
  • エクリン腺の汗はそれ自体は匂わないが、衣類に染み付くと汗臭くなる
  • アポクリン線の汗はフェロモンの役割を果たす
  • 特徴をとらえ、汗臭さの原因を知ることで対策を講じる
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください