釣竿を選ぶのに迷ってしまったら、知っておきたい「釣竿の選び方」

釣具としての釣竿の選び方
釣りをするにあたっては「釣り竿」を入手することが必須となります。
しかし、今まで釣りをしたことがない人は、「どの釣り竿を購入すれば良いのか」ということがわかりません。

スポンサーリンク

釣り竿の選び方

しかも、釣り竿によっては高額なものもあり、かといって安い釣り竿を購入しても良いものかと悩んでしまいます。
そこで、釣り竿を購入する際の選び方の基準について解説していきます。

釣り竿を選ぼう!

冒頭でも述べましたが、釣り竿がなければ釣りはできません。
魚は何らかの方法で捕れるでしょうが、それは「漁」などの表現が正しくなりますから、少なくとも「釣り」ではありません。
さて、初心者の場合だと、釣り竿の選び方と言われたところでチンプンカンプンな部分が多いはずです。
なので、例えば釣りを始める理由が「友人にさそわれた」というものであれば、その友人から竿を借りて釣りを楽しむということもできます。
しかし、いつまでも借りているわけにもいきませんから、いつかは自分用の釣り竿を購入する必要があります。
ところが、初心者が釣り竿を購入しようとしても、前述のとおりその基準がわからない。
そこで、いくつかのポイントに分けて釣り竿の選び方について解説していこうと思います。

釣り竿の長さ

まず基準となるのは、釣り竿の「長さ」です。
一般的な釣り竿の長さは約4メートル~5メートルほどあり、1メートルほどの差が生じています。
普通、竿が長くなればその分だけ重量が増し、腕が疲れます。
その反面、遠投はし易いという特徴はありますが、そもそも重さの都合で遠投どころではない可能性もあります。
釣り竿が短い場合には、軽くて取り回しが良くなることが多いです。
使いやすいように思えますが、長い竿とは対称的に足元の根をかわすことが難しくなります。
この点は、個人の身長や腕力などによって判断する必要があります。
その他にも、釣りをする場所によって、釣り竿の長さの適性も異なります。
最終的には数本の釣竿を購入して使い分けるといったことも必要になりますが、まずは自分がよく釣りを行うポイントをさだめ、その場所で使うのに最適な長さの釣り竿を見つけてください。

釣り竿の号数

次の選択基準として、釣り竿の「号数」が挙げられます。
これは、「最適なハリスの号数」を表しているのです。
ハリスの号数は、釣る目的となる魚に合わせて選ぶ必要があります。
もちろん、号数の適性がないと絶対に釣れないということはありませんが、快適な釣りを満喫したいのであれば、魚にあった号数のハリスを選ぶことが重要になります。
「クロダイ」や「メジナ」を釣るのであれば、1号か、もしくは1.5号あたりが最適であると言えます。

釣り竿のメーカー

釣り竿そのもののステータスとは関係しませんが、釣り竿を選ぶ基準として「メーカー」に着目することもありです。
国内の釣り竿メーカーとしては「ダイワ」「シマノ」「がまかつ」「宇崎日新」といったメーカーあたりが有名ドコロです。
初心者向けの磯竿のブランドとしては、シマノの「ランドメイト」が使いやすく、値段も手頃で購入しやすいと言えます。
また、「ダイワリバティクラブ磯風」あたりは、癖のないスタンダードな釣り竿として有名です。
このように、どんな釣り竿を求めているかで、その定評の有るメーカーを選択の基準とすることも十分に考えられます。
他にも有名なメーカーであればパーツが破損した時の購入もしやすくなり、取り回しが良くなります。

最終的には使ってみることが必要

釣具としての釣竿を使ってみる
ここまで、おおよその基準について解説してきました。
しかし、実のところ釣り竿というものは最終的に「使ってみること」が最も重要な事になります。
長さや号数など、知識で理解したところで実際に使った際にイメージ通りになるとは言えません。
せっかく高級な釣り竿を購入しても、使い勝手が悪くて別の釣り竿にしたくなることも十分に考えられます。
なので、最初は安価な中古の釣り竿という選択肢もあります。
その釣り竿をしばらく使ってみて、その上で思ったことを購入基準に反映させ、その時に初めて新品の釣り竿を購入してみるという方法があります。
中古の使い勝手が良ければ、同じ釣り竿の新品や、同じ特徴を持った別の釣り竿を購入するという方法もあります。
釣りの良さを理解するようになれば、もっと良い釣り竿を欲しいとも思うでしょうし、同時に今までの釣りの経験を生かして釣り竿の購入を行うこともできます。
知識面での購入基準はあくまでも目安として考えて、実際に釣り竿に触れることでほんとうに自分向きの釣り竿を購入しましょう。
当然ながら、「購入する」となるとお金がかかりますから、価格面で釣り竿を選ぶということもありえますが、その際には釣り竿の特徴と自分の技量などをしっかりと考慮して選んでください。

まとめ

  • 釣り竿の長さは、釣り竿の取り回しに関わる
  • 釣り竿の号数は、釣る魚に対する適性を表す
  • メーカーで選ぶことで、さまざまな分野に定評のある釣り竿を購入することができる
  • 実際に使ってみることで釣り竿の善し悪しがわかる
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください