バーベキューをするときは何が必要?これだけあれば大丈夫!

脚付きコンロで焼きそばを作る
バーベキューコンロは大きく分けて脚付きで背の高いタイプと卓上型のタイプの2種類があります。
どちらのタイプがよいかについては、どういった場面でバーベキューをするのかによって違ってきます。

スポンサーリンク

バーベキューコンロの選び方

卓上型または脚付きコンロ

小さいお子さんと一緒にバーベキューをする場合、卓上型にしてしまうとお子さんがコンロに触ってやけどをしてしまう危険があります。
そういうわけでバーベキューを小さいお子さんと一緒にするような状況がある場合、背の高い脚付きのバーベキューコンロをおすすめします。
また、使い勝手を考えると、大人数でバーベキューをする場合、背の高い脚付きのタイプの方が便利だと思います。
脚付きというのは、一般的に高さ調節をすることができますので、使い勝手がよいです。

炭またはガスボンベ

バーベキューセットというと、一般的には炭が使われるというイメージがあると思います。
しかし現在では、炭がめんどくさいということもあり、ガスボンベを入れたバーベキューコンロを使うという方もいらっしゃいます。
ガスボンベについては、大人だけのメンバーで気軽に短い時間でバーベキューをしたいといった場合にはおすすめです。
一方、お子さんを含めたいろいろなメンバーが集まってバーベキューをするというような状況なら、上記のようにやけどを防ぐためにも脚付きのバーベキューコンロで炭を使うのがおすすめです。
ボンベタイプというのは卓上型のみということなので、もし小さいお子さんがいらっしゃる場合にはおすすめすることができないからです。

バーベキューするときの注意点

もし炭を使う場合、コンロの炭が飛ばされてテーブルに座っているお子さんに当たってしまう危険があります。
そういうわけでコンロについては、バーベキューセットのテーブルなどから離れた状態で設置するようにします。

バーベキューセットの内容

バーベキューセットで焼き肉
バーベキューをするときに必要なセットの基本についてご紹介します。

バーベキューをするなら何が必要?まずはバーベキューコンロから!
暑い季節になるとキャンプ場や公園などいろんなところでバーベキューする方たちを見かけるようになると思います。 バーベキューセットを選ぶコ...
どういった道具があると便利なのか、または初心者はどのようなものを用意したらいいのかよくわからないのはないでしょうか。
以下を参考にして、バーベキューセットを用意しておくことをおすすめします。

バーベキューコンロ

バーベキューコンロはホームセンターなどでは、2,000円から30,000円くらいまでのものが用意されています。
網についてはほとんどの場合コンロにセットになっています。ただし、鉄板については、セットになっているものとセットになっていないものがあります。
そういうわけで、購入する前に網や鉄板がセットになっているか確認しておきましょう。

網と鉄板

もし、バーベキューするときに焼きそばなどを作らない場合は、網だけあれば充分だろうと思います。
ほとんどの場合は網とコンロがセットになっているため、追加で購入しなくてもよいと思います。

シーズンになるとキャンプ用品コーナーが設置されて、ホームセンターなどでたくさん積んであります。
家族でバーベキューするなら、3キロくらい入った炭を1箱準備すれば大丈夫だと思います。

着火剤、チャッカマン

バーベキューをするときに苦労するのが炭に火をつけることです。
着火剤があるのとない場合を比べると、炭に火をつけるという手間がまったく異なってきます。
着火剤があると簡単に火をつけることができるので、炭と着火剤を用意しておくことをおすすめします。

トング

バーベキューをするのであれば長いトングがおすすめです。
トングというのは野菜や肉などをひっくり返したりするためのものではありません。火がついている炭を動かしたりするときに使用されます。

軍手

トングを持ったり、コンロを持ったりすることがあります。また、火を扱うことが多いため素手でバーベキューするのは危険です。したがって、軍手を用意しておくほうがいいと思います。

炭とガスの使い分け

バーベキューコンロには、上記でご説明したとおり炭で使うタイプとガスで使うタイプがあります。
炭火にするかそれともガスにするかについては、どちらを選んだらいいのか迷ってしまうかもしれません。
炭とガスそれぞれにメリットがあります。また、それとは反対にデメリットもあります。
そういうわけで以下に炭とガスそれぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

炭火

メリット

  • バーベキューをしているといったアウトドアの雰囲気を実感することができる
  • 炭を使って肉や野菜を焼いた方が断然おいしい
  • 低価格で炭を購入することができる

デメリット

  • バーベキューの準備や片づけに時間がかかってしまうので面倒である
  • 炭の火加減を均一にすることが難しいので、焼き加減を調整することが非常に難しい
  • 炭の火加減を調整することが難しいため、カレーなどをじっくりと煮込む料理には適していない

ガス

メリット

  • バーベキューの準備や片づけに手間がかからない
  • 箱に入った重たい炭を運ぶことが不要なので荷物を少なくすることができる
  • 好きなときに自宅の庭などで気軽にバーベキューできる
  • 簡単に火加減の調整をすることができる
  • 気軽にカレーや焼きそばなどの料理をすることができる

デメリット

  • 炭火と比べるとバーベキューをしているといったアウトドアの雰囲気を実感することができない
  • ガスボンベを何本か購入しなければならないため、炭と比べると価格が高くなってしま
  • 夏場のような猛暑時期などにボンベ缶を使用する際には、取り扱いに注意しなければならない
  • 風が吹いているときには、その風の影響で火力が弱くなってしまうことがある

アウトドアの雰囲気を味わいながらバーベキューをしたいという方には炭火をおすすめしたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください