引き寄せの法則の効果を高める!ドリームリストの具体的な手順とは

結婚,恋愛,彼氏

前回の記事でご説明した「ドリームリスト」というのは、こうなりたいという夢、目標や願望などを具体的に100個以上紙に書き出したものになります。前回では概要をご説明しましたので、今回は「具体的にどのようにドリームリストを作成していくか」についてご説明します。

スポンサーリンク

具体的な目標を決める

ドリームリストは非常に効果の高い引き寄せの法則ですが、さらにそれを高めるようにしましょう。参考として前回の記事をご紹介します。

引き寄せの法則で効果を出すには?「ドリームリスト」を使いましょう
いろいろ「引き寄せの法則」に関する記事を書いてきましたが、今回は夢を実現させるための具体的な方法をご紹介します。今回ご紹介する方法は...

その方法は、具体的に自分がどうなりたいのか、どうありたいのかをもっと具体的に書くというものです。
イメージは具体的になればなるほど、潜在意識に刷り込まれます。
一度ドリームリストに書き出すだけで終わるよりずっと目標が明確に刻み込まれるのです。

目標を具体的に書く方法

復縁,結婚,彼氏

この書き方にもルールがあります。

「私は」と主語を入れる

潜在意識というのは、自分の意識でありながら自分ではコントロールできないものです。自分が考えているから自分の目標だ、とわかってくれるとは限りません。
主語がないと、潜在意識にうまく植え付けられない危険性があるのです。
ですから、はっきり「私は」と書いて、引き寄せの法則が働くように潜在意識に認識させましょう。
例えば、海外旅行に行きたいとしたら、「海外旅行に行きたい」ではなく、「私は海外旅行に行く」という風に書くのです。

「~したい」ではなく、「~している」と書く

つまり、願望の形ではなく、すでに実現できているイメージで文章を書くようにします
「私は痩せたい」では願望ですから、痩せていないというイメージが潜在意識に植え付けられてしまいます。
ですが「私は痩せている」なら、既に痩せている姿をイメージすることがより簡単になりますから、引き寄せの法則が働きやすくなるのです。

具体的な目標達成年月を入れて文章を作る

無期限な目標というのは、ついつい先延ばしにしてしまい、いつの間にか目標でなくなってしまいがち。
そうならないように具体的に文章を作ると同時に、いつまでに目標を達成するか決め、文章に折りこむようにしましょう。
もちろん、新たな目標が出来てそちらを先に達成したいとか、達成できそうなことが他にある、という時には柔軟に対応すれば良いのです。
例えば「海外旅行に行きたい」を「私は今年の年末にハワイに1週間旅行する」というように書くのです。

感情を込めた文章にする

文書を書く時には、その目標が達成できた時の自分を想像して、どれほど喜んでいるか、毎日を楽しく過ごしているのかを書くようにしましょう
感情を伴った文章にすることで実際にワクワクして来ますし、そうすれば潜在意識に深く刻みこませることが出来ます。
例えば会社で健康診断の結果があまり良くなかったら「私は1年間で血圧を基準値内に入れ、体も締まって来て毎日すごく体調が良くて爽快だ」といったように書けば、「さて、そうするにはどうしたら良いだろう」と自然に考えるようになりますし、そうなれば引き寄せの法則が働いてどんどん情報が入るようになります。
奥様にそう話せば、奥様も色々調べて下さるかもしれませんし、同じ悩みを持っている同僚から「一緒に頑張ろう」と声をかけられるかもしれません。

他人と比較しない

他人より優位に立ちたいという感情は、つまり現在その人に負けている、ということです。
それでは負のイメージが潜在意識に植え付けられてしまいます。
そうなると、引き寄せの法則が発動することはできなくなってしまいます。
それに、もしその人に勝つことだけを目標にしていた場合、その人がいなくなった場合あなたは目標をすべて失ってしまうことになります。
他人と比較するというのは、言い換えれば「依存している」ということです。
その人がいなければ成り立たないような目標は、自分自身の目標とは違うのです。
本当の目標は「あの人のようになりたい、あの人を超えるような人物になりたい」という尊敬やあこがれといったプラスの感情から来るものですが、「あの人に勝ちたい」というのは単なる対抗意識、マイナスの感情でしかありません。

毎日目標を書き出す

毎日目標を書き出すようにしましょう
これは、毎回違ったことを書く必要はありませんが、同じことを違った方向からアプローチするのはありです。
例えば「痩せたい」という気持ちがあった時に「私は今年の夏までに5キロ痩せて、水着をかっこよく着こなして皆の注目を浴びる」という目標があったとします。
その場合、これを何度も書くより「私は5キロ痩せるために夕食は主食を抜かして、1ヶ月で2キロ痩せた。そうしたら履けなかったスカートがすっと入るようになってすごく嬉しい」とか、「私は2キロ痩せて服をワンサイズダウンすることが出来た。次の1ヶ月でも2キロ痩せたら、腕が細くなってノースリーブを堂々と着られるようになって最高に嬉しい」といったように、色々な角度からその目標にアプローチするのです。
こうしていると、「痩せる」という目標がどんどん具体的になって、潜在意識に入り込んで行きます。
一つの目標に対して毎日のように思い続けているうちに、それが現実になっていくのです。

引き寄せの法則を発動させるには

夢,成功,達成

このように、引き寄せの法則が発動するかどうかは、あなたが正しく潜在意識に目標を植え付けられるかどうかにかかっています。それができるようになれば、間違いなくあなたは目標に到達することが出来るのです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください