引き寄せの法則で夢を実現させるポイントは潜在意識をうまく使うこと!

夢,実現,恋愛,結婚

人の意識は大きく分けて「顕在(けんざい)意識」と「潜在意識」の2つの領域があります。そしてこの潜在意識というのは引き寄せの法則に大きく関係する領域なのです。

スポンサーリンク

潜在意識が引き寄せる

「潜在意識」とは何でしょうか。当たり前に使っている言葉ですが、今回はまずここからご説明しましょう。

「潜在意識」とは何か

人間の脳は3%しか機能していない、と言われます。この3%を「顕在(けんざい)意識」と言い、残りの97%が「潜在意識」です。潜在意識は「無意識」と言い換えることもできます。
でも、本当に97%は機能していないのでしょうか?
そんなことはないはずです。本当に機能していないのであれば、「潜在意識」などという概念すら生まれていないでしょう。普段考えている(と思っている)こと以外の何かがある、と気づいたからこそ「潜在意識」という概念が生まれたのです。
こんなことはありませんか?「私、痩せたいから食事制限するわ!」と一念発起し、一所懸命しているのに痩せない。回りにぼやくと「だって、しょっちゅうお菓子食べてるじゃない!」。言われるまで、自分がお菓子をしょっちゅう食べているという意識は全くなかった、なんてことが。
こういう時、「無意識のうちにお菓子を食べていた」と思いますよね。この「無意識」がつまり「潜在意識」です。「痩せたい」という顕在意識のほかに、甘い物を食べたい、という潜在意識が潜んでいたのです。
この例のように、潜在意識はプラスの方向に行くとは限りません。言ってみれば、「深く思っていたこと」が出てしまうのです。甘いものが食べたい、という考え自体は何も問題はありませんが、「食べてはいけない」という顕在意識に押しつぶされ続けると、突然、または少しずつ爆発してしまうのです。

「潜在意識」を引き寄せの法則に利用するには

ですから、引き寄せの法則に潜在意識をうまく使うことができるかどうかがポイントになって来ます。
例えば、「海外で仕事をしたい」という夢を持っているとします。そうすると、無意識のうちに「海外で活躍している姿」「かっこ良く英語を使いこなしている姿」などを想像しますよね。それが潜在意識にインプットされるのです。
一度インプットされれば、潜在意識はそのイメージを追い求めるようになります。普段気にしていなかった語学教室の看板がやたら目に入るようになったり、外国人によく道を尋ねられるようになったりしたら、もう「引き寄せの法則」が起動しているのです。
そうなれば強いもの、引き寄せの法則と潜在意識がタッグを組んで夢を後押ししてくれるのです。
逆に、その夢が「就活したけど全滅だったから」などという気持ちからだと、潜在意識はその夢を「逃避」というイメージでインプットします。だから、語学教室の看板を見ても「金ないし」「通うの大変そう」などと「逃避」してしまうのです。

偶発的に引き寄せる

恋愛,結婚,夢

「集合的無意識」とは

「無意識(潜在意識)」と引き寄せの法則の関係は、何となくおわかりになったでしょうか。顕在意識と無意識(潜在意識)が違う方向を向いていると、物事は良い方向には向かわない、ということです。
これは、対人間でも起こることで、「集合的無意識」と呼ばれます。たまたま友達のことを考えていたら、その人から連絡があった、「今ちょうどあなたのことを考えていたのよ!」と話したら「私も急にあなたの声が聞きたくなったの」なんてこと、ありませんか?
「集合的無意識」というのは、無意識(潜在意識)の更に下にあるもの、人類が共有する無意識のことで、すべての人が心の奥底でつながっている、という考え方のことです。
荒唐無稽にも思われるでしょうが、実際こういうことは時々起こりますよね。「たまたま隣の席に座った人と意気投合し、親友になった」などということは単なる偶然、と片付けられることが多いのですが、実際は集合的無意識が引き寄せられた結果なのかもしれません。

良い偶然と悪い偶然

もちろん、集合的無意識は良いことにばかり働く訳ではありません。嫌いな人と道でばったり、というのも集合的無意識の結果です。お互い、会いたくないと思っているのに何故?と思うかもしれません。でも無意識の中に「その人と会って嫌な思いをした」という記憶とともにその人の「顔」がインプットされているのです。無意識には顕在意識を思いやる気持ちなどありませんから、いつの間にかその人の顔を見つけてしまったり、集合的無意識のせいで同じ道を同じ時間に歩いてばったり、ということが起きるのです。
ですから、いつもよいイメージを持ちながら行動していればよい偶然が訪れます。またそれとは逆に悪いイメージを持ちながら行動していると悪い偶然が降り注いでくるのです。
引き寄せの法則によって、無意識(潜在意識)が偶然を引き寄せるということですね。ですから、「偶然」と感じていても、実際は偶然ではなく「必然」と考えるべきかもしれません。
「集合的無意識」「無意識(潜在意識)」「顕在意識」の3つがお互いに影響し合って、日頃かが考えている事柄を引き寄せることができるのです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください