瞑想を始めてみよう!その瞑想の効果を調べてみた!

瞑想とヨガによるリラックス効果
日々のストレス解消やエネルギーチャージ目的で、瞑想に注目している人が増えています。
自宅で簡単にリフレッシュできる瞑想を、毎日の習慣にしている人もいるでしょう。
瞑想を習慣にする効果やメリット、意識するポイントについてまとめました。

スポンサーリンク

瞑想とは

瞑想とは思考しないこと

そもそも瞑想とは、目を閉じて静かに呼吸すること、眼前の世界を離れて何も考えない状態を保つことです。
イメージでは座禅のように目を閉じて座り、ひたすら思いにふけると考えている人もいるかもしれませんが、実は思考しないことが重要なのです。
瞑想のポイントは『無』であり、アレコレ考えないこと、何も思考しないことです。

人は目覚めている間、耐えることなく色々なことを考えています。
考えないようにしようと思っていても、何をを目にすれば休みなく反応して、ついつい脳裏に浮かび上がってくるのです。
眠ろうとしたときに、些細なことが色々と思い出されて寝付けない、考え事にふけって眠れないことってありますよね。
何も考えないように、思考しないようにすることは。実は意外と難しいのです。

思考し続けているということは脳が常に働いている状態であり、脳も疲弊してしまいます。
脳の疲れをリセットするために、フル回転の過酷な労働から脳を救ってあげるために、思考をストップする必要があります。
つまり、瞑想する目的は「思考を無の状態にする」ことです。

瞑想のやり方と効果ってどうなの?そこで調べてみた
皆さん、瞑想の存在をご存知でいらっしゃいますか?なかなか普段の日常生活の中で瞑想は縁がないかと思います。しかしこの瞑想、意外にも私たちが...
瞑想って何をすればいいの?そのメリットと効果はどう?
「瞑想」という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、実際に瞑想をしたことがあるという方は少ないのではないでしょうか。 忙しいとき...

瞑想で脳をリセットする

常に稼働している状態の脳は、少しずつ疲労が溜まってしまいます。
肉体が疲れると調子が悪くなったりミスしたりすることが増えるように、脳も疲れるとパフォーマンスが落ちます。
質の良い睡眠で脳をリセットすると同様に、瞑想で脳の休憩時間を持つと精神のメンテナンスにもなるでしょう
身体を休めるように、脳を休めることは、日々の大切な管理といえるでしょう。

脳は実は根暗で心配症な性質を持っていて、放っておくとドンドン悪い方向へ考えてしまう傾向があります。
リスクばかりを想像する、過去の悪い経験を思い出してネガティブ思考になりがちです。
瞑想で脳リセットを行うことが脳の記憶整理や大掃除となり、マイナス思考をストップして新しく切り替えるキッカケとなるのです。
脳のリフレッシュが思考をクリアにして、古い戒めからの解放とポジティブなアイデアにつながるのでししょう。

瞑想を習慣化するメリット

瞑想とヨガによるリラックス効果
瞑想は脳をリセットし精神のメンテナンスになり、知らず知らずのうちに溜まっていたストレスが解消されます。
思考がクリアになり不安が消え、前向きな気持ちが芽生えると共に、血行が良くなってリラクゼーション効果や肩こり解消につながることも多々あります。

ゆったりした呼吸法で自律神経の乱れが整えにられることにより、ストレスも軽減されていきます。
自律神経は交感神経と副交感神経が交互に24時間、眠っているときも働いています。
緊張や興奮している時が交感神経が優位となり、リラックス時は副交感神経が優位になり、常にバランスを保って心身の調整をしています。

ストレス過多になるとバランスが乱れてしまい、不眠症や頭痛、血圧の上昇など体調不良にもつながってしまいます。
意識して深く息を吸い、意識してゆっくりとはく、意識的に呼吸を整え瞑想すると、副交感神経が優位となりリラクゼーション作用も強まり、体調を整える効果もあります。

瞑想中に目指すべき状態とは!?

瞑想はゆったりした時間を持つだけでなく、脳や心に浮かぶ雑念を消して『無』に至ることを目的としています。
いきなり無の境地に至るのは難しく、どうしても思考や雑念の波が押し寄せます。
意識して深く呼吸をし、なにか思考が浮かんで来たら、又ゆっくり呼吸する、思考と呼吸を繰り返しましょう。

瞑想により、表層の思考をストップさせることで、通常はアクセスできないような自分自身の内面を見つめることができます。
精神世界や魂の根源のような、深いレベルの深層意識にアクセスできれば、自分の本当の目的・やりたいこと・ビジョンがおのずと見えてきます。
瞑想していて目指すべき状態は、この意識の『無』から『深層』に至る状態です。

忙しさにかまけて、なかなか瞑想するような時間がとれないという人も多いでしょう。
ただ多忙な日々を送っている人にこそ、試してほしいのが瞑想です。
時間に追われて暮していると、本当に大切にすべきことを見逃してしまいがちになります。
15?30分でも目を閉じて、ゆったりと深く呼吸をし、意識を無にする時間を持つことを習慣にすると、自分が本当にやりたいこと、今やるべき大切なことが見えてくるでしょう。

まとめ

瞑想するということは、脳を休ませることで頭の中の不要なモノを掃除することです。
習慣化しておくと心身ともにリラックスできる時間が持て、自分自身をリフレッシュすることもできます。
スマホやパソコンを再起動したり定期的にリフレッシュするのと同じように、脳をリセットする瞑想を始めてみましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください