今さら聞けない男と女の「厄年」とは?そして「厄払い」は?

今年の女の厄年と厄落とし
日本には、古くから数多くの風習があります。
既に意味が曖昧に伝えられているものも少なくありませんが、古くから伝わるものの一つとして「厄年」と呼ばれるものがあります。

スポンサーリンク

いまさら聞けない「厄年」とは?

日常的に使われるかと言えばそうとも言えませんが、比較的多くの人が「言葉だけなら聞いたことがある」というレベルの言葉ではないかと思います。
ですが、「厄年の正しい意味」までは正確に理解できていない人が大半ではないかと思います。
そこで、いまさら他人には聞けない「厄年の意味」について解説していきます。

「厄除け」「厄払い」「厄落とし」の違いって何だろう?
日本には厄年になったときに厄除けを行うという風習があります。 なお厄除けにはいろいろな方法があり、「厄払い」、「厄除け」、または「厄落...
厄年かと思ったら!自分でできる厄除けの方法を教えます!
災難や体調不良などに見舞われやすい年齢は「厄年」だと言われることがあります。 この厄年というのは科学的な根拠はあまりないように感じます...

日本の風習の一つ「厄年」

日本には古くから伝わっている数多くの風習や伝統などがあります。
中には、深い意味がわからないまま、なんとなく耳にしたり口にすることがある風習もあるかと思います。
その一つとして「厄年」が挙げられます。
「今年は厄年だ」といった使い方をすることが多いかと思いますが、では「厄年とはどんな意味か?」と聞かれて、詳しく他人に解説することはできますか?
なんとなく意味合いは理解できていても、それを他人に解説するとなると口ごもってしまう人が多いのではないかと思います。
中には、意味を理解できていなくても困らないものもありますが、悪い意味を持つ風習の意味を正しく理解できていないと、少なくとも「なんとなく嫌な気分になる」ということもあるのではないかと思います。
仕事や勉強において、そんなものを抱えて生活するのはかなりのストレスになることもあります。
「厄」という単語はどうしてもマイナスのイメージを持ってしまいがちなので、正しく意味を理解したいところです。

「厄年の歴史」

厄落としの方法
まずは、そもそも厄年という言葉はいつごろに生まれたものであるのか、簡単に述べておきたいと思います。
厄年という言葉は古くは平安時代に生まれたものであり、その起源は「陰陽道」にあるのではないかとも言われています。
厄年の意味をそのまま捉えるとすると、これは「厄災に遭遇しやすい年齢」ということになります。
そのため、年数そのものではなく「年齢」が基準となり、厄年の人とそうでない人が混在するということになるのです。
また、厄年は「男女」の違いも存在するので、少しややこしく感じてしまう人もいるのではないかと思います。

厄年の具体例

では、何歳になると厄年になるのでしょうか、具体例をいくつか挙げてみたいと思います。
まず、最も多く知られている厄年としては「男性の42歳」が挙げられます。
これは42という数字が「死に」と読めることが理由です。
「死」を彷彿とさせるため、非常に縁起が悪いです。
次に「33歳」が挙げられます。
これは女性の厄年なのですが、33という数字が「散々(さんざん)」と読めることが理由となります。
このように、厄年の中には「語呂合わせ」が由来となっているものが多く、こういったものは厄年について詳しくない人でも比較的知名度が高いものが多いです。
ただし、あくまでも語呂合わせによるものであり、年齢・身体的な科学的根拠があるというわけではありません。
さらに、上記の語呂合わせの年齢を「大厄」と言いまして、さらにその前後を「前厄」「後厄」となるので、合計3年間は注意が必要になるということになります。
この点も十分に覚えて注意しておきましょう。

あまり知られていない男女の厄年

上記の厄年は、語呂合わせがわかりやすかったので多くの人が知っているものであると言えます。
しかしながら、厄年にはそういった「わかりやすい厄年」以外にもいくつかの厄年が存在します。
例えば「男性の25歳」や「女性の19歳」「女性の37歳」がこれに該当します。
これらは語呂合わせでは覚えにくいですし、男女で年齢が異なるので一般的にはあまり知られていない分類の厄年であると言えます。
また、神社やお寺などでは「厄払い」などを利用することができますが、地方や収去によって厄年の捉え方、つまり「男女の何歳で厄年になるのか?」といった解釈も微妙に異なりますので、この点にも注意が必要になります。

厄払いを利用する

先程も引き合いに出しました「厄払い」ですが、厄年を迎える人には厄払いをすることが勧められることも少なくありません。
厄払いは、それぞれの地元の神社やお寺で利用できますし、各地の厄払いで有名な場所に出向くという方法もあります。
厄払いを利用したいという場合、地元のどこが厄払いに適しているのか、もしくは県外でもどういった場所で厄払いを利用することができるのかを正確に把握しておくことが必要になると言えます。
場合によっては、厄払いについて特集した雑誌やメディアを参考にしてみることも必要になります。

まとめ

  • 男性の42歳や女性の33歳など、男女で異なる年齢で厄年が到来する
  • わかりにくい厄年もいくつか存在する
  • 厄年を迎える人には「厄払い」が推奨される
  • 地域や宗教などによって厄年の捉え方が異なる場合があるので、厄払いを利用する場合は事前に調べておく必要がある
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください