失敗には必ず原因がある!対策するには「やめる」ことが大事!

投資や転職で失敗したとき
世の中、人生の中においてはさまざまな観点からの「失敗」というものが存在しています。
今回は、「仕事に失敗する人」と「生活に失敗する人」という2つのパターンを踏まえてお話していこうと思います。

スポンサーリンク

失敗と破綻を何とか改善する

生活の中で、どうしても「失敗した」「うまくいかない」ということが多いという方は、是非ともこの記事を読んで、自らの生活のあり方を見なおしてみてください。

仕事や転職などで失敗したときはどうしたらいい?そんなときの対処法!
生活の中においては、さまざまな「失敗」が潜んでいます。 だれだって大なり小なり何らかの失敗を経験するものですが、その中身を考えることは...

経済的なトラブル

まず、生活において失敗を重ねる人のタイプは、日常的に「経済トラブル」を抱えている人であることが多いです。
経済トラブルとは、「借金」や、それにも関わる「法的トラブル」などを抱えているということになります。
そうしたトラブルが、生活の中において日常的に「ピーク状態」をもたらし続けるのです。
経済的な問題は数日で解消されることはなく、継続的に発生し続けることで精神的にも追い詰められていることになるのです。
するとどうなるかといえば、有り体に言えば「私生活に支障が出る」ことになります。
例えば、本人の本来の性格は悪いものではなくても、どういうわけか失敗する方向へと向かうのです。
性格が悪ければ態度も悪くなって何かと不都合も生じるでしょうが、そうしたものが一切関係なくても自然と失敗へ、失敗へと向かっていってしまうのです。

人間関係の破綻

最も大きく影響するのは「人間関係の破綻」です。
「人間関係」「対人関係」といったものが、私達の日常生活におけるバランスを整えていると言っても過言ではありません。
その人間関係が、生活の失敗によって大きく崩れてしまうのです。
生活の安全ラインである人間関係が破綻する最大の原因は「借金を増やす」ことです。
友人や知人、親戚から借金を重ねてしまうことで、生活基盤が怪しくなってしまいます。
そして、「借金をする」ということが、その人との今までの関係を全て台無しにしてしまう可能性もあります。
ですが、既に金融機関からも借金を重ねてしまい、もはや借りられなくなってしまって返済に困っている状況だと、友人や親戚からお金を借りるしか生きていく方法がないのです。
もちろん、生活保護などのセーフティーネットは存在しますが、全ての人が簡単に利用できるようなものではありません。
なので、その状況において最も確実にお金を工面する方法が、友人や親戚からの借金なのです。
それを何度も重ねてしまうことで、次第にあなたを中心とした人間関係にヒビが入り、最終的にはお金を借りていない友人や知人からも悪い評価を受けてしまいます。
すさんでしまった日常生活を続けることで、人間関係の修復に対しても失敗の方向に向かってしまう傾向があり、人間関係の悪化を食い止めることは難しいのです。

失敗に対しては「生活事情を見直す」こと

人間関係が完全に破綻している、もしくは破綻しそうになっている場合には、一度「自分の経済的な生活事情を見直す」ということが必要になります。
経済的な生活事情とは、収入と支出を見直し、適性な数値に変化させる事が重要になります。
仕事に失敗したとか、経済的に生活が苦しいというのであれば、まずはその数値化を行います。
収入はいくらあるのか、それに対して支出はいくらで毎月の貯蓄の増減はどうなるのか。
そうしたいわゆる「家計簿」のようなものを、そこまで厳格なものでなくても良いので把握することです。
もし、簡単な計算でも支出が収入に見合わないものである、つまり支出が多い状況にあるのであれば、生活が苦しくなっても当然です。
経済的な苦痛を少しでも緩和したいと思うのであれば、今の生活スタイルが収入と支出のバランスを良好なものにしているのかどうか、その現状を知る必要があります。

「やめる」ということ

転職や仕事で失敗しないための対策
しかしながら、経済的なトラブルは改善するだけでなく、悪化することもよくあります。
何らかの事情で経済的なトラブルが増加しそうな状況にあるのであれば、それを「緩和」することが必要になります。
ここでの「緩和」とは、いかにして支出を減らすことができるかということです。
借金を重ねてしまうのは、支出が収入に対して見合わない高い金額であることで、貯蓄の余裕どころか収入を上回った分を工面する必要性すら発生してしまいます。
それを「借金」という形で補っているのです。
収入を増やすことは一朝一夕では不可能ですが、支出を減らすことは今日からでもできることです。
その基本となるのが「やめる」ということなのです。
例えば「無駄な買い物を減らす」とか「余計な出費となるサービスを利用しない」といったように、現状で継続して支出を生み出す原因となるものの中から「絶対に必要ではない」ものを、その支出を止めるために利用しなくするということです。
そうすることで、速やかに支出の状況が改善され、収入に対する余裕が生まれます。
そこから返済を行うことで、確実に借金を減らすことができます。

まとめ

  • 生活の失敗は「経済トラブル」が原因
  • 経済トラブルは人間関係を破綻させる
  • 全面的な失敗を経験したら自分の生活事情を見直す
  • そのためには無駄な支出を減らすこと、「やめる」ということを基本に据える
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください