仕事や転職などで失敗したときはどうしたらいい?そんなときの対処法!

転職や仕事で失敗
生活の中においては、さまざまな「失敗」が潜んでいます。
だれだって大なり小なり何らかの失敗を経験するものですが、その中身を考えることは極めて重要な事なのです。

スポンサーリンク

生活の中での失敗

単なる失敗と思うのか、それともそうではなくて重要な意味があることを理解できるのか、それによって将来の出来事も大きく変わってくるかもしれません。
そこで、生活の中で起きる失敗と、どのように付き合っていくべきなのかを解説していきます。

考え方の失敗の対処法

まず、仕事の失敗だけではなく、「考え方の失敗」が、目立っている場合には早めに対処しなければなりません。
つまり、単純に何らかのミスが偶発的に起こったのではなく、そもそもの考え方、理解の内容が一般と異なっていることによる失敗の発生は、何度でも繰り返してしまいます。
例えば生活の中、その経済的な部分の「考え方の失敗」については、誰もが自分の考え方と、ちょっとした創意工夫によってコントロールしているのです。
例を挙げれば、「家計簿を2つつけてみる」とか「誰かに評価してもらう」といったことです。
こうした積極的なアクションによって、考え方の間違いを克服することができます。
しかし、逆に言えば積極的に行動しないかぎり、考えたかの間違いを正すことは難しいのです。
だれしも、自分の考え方が間違っているという自覚は持ちにくいものです。
それを、努力や工夫で補っていくことで、考え方の失敗を克服することができます。
考え方の失敗を克服して生活の中での失敗を繰り返さないためには、日頃からの自己管理が何よりも重要です。
これは継続こそが重要なので、根気よく続けていかなければ意味を成しません。
人によっては、相当な精神状態で集中していくことが重要になってきます。

穴埋めとそのデメリット

もし、仕事での失敗であれば、おそらく「仲間」と一緒に改善したり、現状の回復や工夫などの「穴埋め」を行うことで、失敗のダメージを最小限に抑え、その後の改善も考えやすくなったりします。
考え方が間違っているのに気が付かない人は、そのほとんどがこうした穴埋めでごまかしています。
しかし、仲間の協力などで行った穴埋めでは挽回することのできない大きな失敗を発生させてしまった時には、自分勝手な部分が表に出てくるものなのです。
自分の考えが間違っていることに気がついていないので、自分の責任である、自分がこれからなんとかしなければならないという考えに至る事ができないのです。
その結果、自分の弱点とも言うべき部分がぽっかりと穴を開け、それを他人に晒し続けることになります。
考え方の間違いをどうにかしないかぎり、その弱点はいつまでも晒され続けることになるのです。

失敗と評価

仕事や転職で失敗したときの評価
とは言え、一度の失敗で生活が破綻するようなことは、よほど大きな失敗やありえない失敗をしないかぎり起こりえません。
ならば、その失敗についてとにかく慌てるよりは、まず失敗を評価することが必要になります。
どうして失敗してしまったのか、どうすれば失敗せずに済んだのか、失敗した時のためにどういった準備が必要だったのか、失敗から得られる情報は数多く存在します。
「失敗は成功の母」という言葉があるように、どんな高名な学者でも、その一度の成功は何百回という失敗で成り立っているものです。
さて、失敗を評価するにあたって、その一度の失敗を集中的に見つめなおすのではなく、何年も先の未来についても考えていく必要があります。
そうすることで、失敗を最大限に活かすことができ、より良い未来を作り出すことができます。

失敗しても慌てない

重要な事は、「失敗しても慌てない」ということです。
慌ててしまえば、結果的に悪い未来しかやって来ません。
最悪の場合、仲間がフォローしてくれた結果すら台無しにしてしまい、取り返しの付かない状況になってしまうことも考えられます。
そうならないようにするためには、とにかく騒がず落ち着き、静かな精神状態になってから失敗を見つめることです。
そうすることで、冷静に失敗を分析することができます。
どんなふうに失敗してしまったのか、それを何度も確認することが必要です。
何度も確認する中で慌てた精神状態であれば、その途中で破綻してしまう可能性もありますので、まずは落ち着きましょう。
落ち着いてから失敗を分析しても、遅すぎるということはありません。
冷静になること以外にも、把握すべき部分を適切に見つけ出し、それを自分でコントロールしていくことです。
その流れでなにか足りない要素があるのであれば、出来る限りそれを自分の「手元の癖」を直していくことで補いましょう。
難しいことではありますが、全力で取り組んでいきましょう。

まとめ

  • 考え方の失敗は、工夫でコントロールすることができる
  • 仲間のフォローは、挽回しきれない失敗の際に自分勝手な部分がさらけ出されてしまう
  • 失敗の瞬間だけでなく、何年も先を見据えて分析することが必要
  • 失敗した時はまず落ち着いて、冷静に分析を行うことが重要
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください