厄年かと思ったら!自分でできる厄除けの方法を教えます!

前厄,早見表,結婚
災難や体調不良などに見舞われやすい年齢は「厄年」だと言われることがあります。
この厄年というのは科学的な根拠はあまりないように感じます。しかし、何か不思議な感じがしますが統計的に災難が起きやすいのがこの厄年にあたる年齢だと言われています。

スポンサーリンク

厄年

厄年とは

体調や気持ちの変化

最近、以下のようなことはないでしょうか。

「ちょっと前からなんだかついていないような気がする」
「気分がなんだか変な感じがする」
「体調がよくないような気がする」

といったような気がしたら、もしかしたら「厄年」かもしれません。
今年は「厄」かもしれないとと思ったときは、まずはお寺や神社に厄除けに足を運んでみてはいかがでしょうか。

厄年の種類

厄年というのは一生のうちに何回かあります。また、その厄年に該当する年齢については男女で違ってきます。
厄年は大きく分けて「前厄」「本厄」「後厄」があり、これら3年で一区切りと言われています。
この3年間については本厄だけ気をつけるのではなく、前厄と後厄についても気をつけましょう。
また「厄」の中でも特に注意していただきたいものがあります。それは「大厄」です。なお大厄は男性42歳で女性33歳だと言われています。
厄年というのは「注意喚起」として理解すればよいと思います。この時期を気をつけながら生活することによって、大きな厄に見舞われてしまうことがないようにすることが大切です。

該当する年齢

厄年の年齢というのは基本として「数え年」で数えると言われています。
お母さんのお腹に宿ったときを基準にして1歳とすると言われています。したがって、現在の満年齢に1歳加えて厄年がいつになるか把握しておくといいと思います。

厄除けの方法

厄除けをした後については自分で厄除けグッズを購入する、または自分以外の方から厄除けグッズをいただくなど、1年間そのグッズを持っておくようにすることが望ましいと思います。
厄除けの方法についてはお寺神社やに行って厄除けしていただく方法や、自分で厄除けを行う方法などいろいろあります。
またその厄に応じた厄除けグッズというのもありますので、購入する前にどのようなグッズがあるか調べてみることをおすすめします。

自分で厄除けする方法

生活の改善

「厄除け」と言えば、お寺や神社に足を運んで厄除け祈願をしていただくことが必要だお考えではないでしょうか。
もちろんお寺や神社で厄除け祈願をしていただくということは大切なことです。また、厄除けグッズをいつも持っておくということも大切なことです。
しかしながら、厄除け祈願をしていただいたり、厄除けグッズを持っていたりすることだけで満足してはいけません。その後にいつもと変わらない生活をしていたら確実な厄除けにはならないのではないでしょうか。
いつもの生活からいろいろ気をつけていくことによって正しい厄除けというのができると思います。
そういうわけで以下に自分でできる厄除けの方法をご紹介したいと思います。

家の中をキレイにする

後厄,過ごし方,早見表
家の中で玄関、トイレ、浴室やキッチンといった水周りについては、邪気が特に溜まりやすいと言われています。
その中でも特に玄関についてはエネルギーが通る道とされています。したがって、いつもきれいにしておくことによって厄を寄せつけないようにすることが重要と言われています。
また水回りというのは邪気が溜まりやすくなっています。したがって、玄関と同様にいつもきれいにしておくことによって厄を払うことが可能であると言われています。

風呂に入って体を清める

気づかないうちに溜まってしまった邪気だけでなく、ストレスや疲れを洗い流すという気持ちで、お風呂に入ることで厄を洗い流します。このように身を清めることを習慣にするとよいのではないでしょうか。

屋外で布団や洗濯物を干す

午前中の太陽の光というのは厄払いをしてくれる効果があると言われています。
布団は私たちの普段の疲れを取ってくれます。また、いつも衣類を身に付けて入る状態なので、邪気や汚れを取りこんでしまうことになります。
太陽の光をそういった布団や衣類に当てることによって、厄払いすることができます。

厄除けグッズ

現在、いろいろな厄除けグッズがありますのでご紹介します。
厄年がくるとお寺や神社で厄除け祈願をしていただくのが一般的だと思います。また、その他にも厄除けグッズを身に付けておくといった方法もあります。
厄除けグッズを手に入れる方法は自分自身で購入する、または誰かからいただくなどがあると思いますが、以下におすすめのグッズをご紹介します。

盛り塩

塩というのはもともと邪気を追い払うようなパワーを有していると言われています。

パワーストーン

本厄,早生まれ,過ごし方
パワーストーンにはそれぞれいろいろな意味があります。その中においてもオニキス、ターコイズやマカライトの石は邪気を追い払うことができるパワーがあると言われています。
これらのパワーストーンをネックレスやブレスレットなどにして身につけることによって厄払いをすることが可能であると言われています。

昔から言い伝えられている厄除けグッズ

最近ではパワーストーンなどのように、身につけることができるようなオシャレな厄除けグッズが数多くあります。また、その他にも昔からある厄除けグッズというのもあります。
例えば、虹色の物、うろこ柄の物や長い物などが該当するのではないでしょうか。

厄除けグッズについては迷信であり持っていても効果はないと思う方がいらっしゃると思います。このようなことは気の持ちようがあるかもしれません。しかし、グッズを身につけていることでパワーを発揮してくれると信じることも大切です。このように信じていると、あるときに厄払いとしてパワーを発揮してくれることがたくさんあるようです。
ということで厄除けグッズを常に身につけてみるというのもよいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください