「どうして男性は結婚を決めてくれないのでしょうか?」についての考察

男性と女性の結婚と費用
男性は女性同じ人間とはいえども、全く違う生き物といっても過言ではありません。
違うところがあるからこそ喧嘩もしますが、惹かれあったりもします。
男女の関係とは非常に不思議で面白いものですよね。
男性と女性の考えの違いをあげた時に、思い浮かぶもののひとつに「結婚」があります。
結婚への考え方というのは全く違うもの。
女性にとっての結婚の大きさと男性にとっての結婚の大きさ、かなりの差異があることでしょう。

スポンサーリンク

どうして男性は結婚を決めてくれないの?

女性の方は結婚をしたいのに、なぜか相手の男性は乗り気ではなさそう…。と悩む方も少なくないのではないでしょうか?
今日は、そんな悩める女性のために、どうして男性がなかなか結婚を決めてくれないかというところにフォーカスをあててみます。

結婚式の場所を選ぶなら「ホテルウェディング」がおすすめ!その理由は?
女性のほとんどは、子供のころから「長いベールをかぶり、そして白いウェディングドレスを着て・・・」というようなウェディングを夢見ているので...
男性が結婚を決めるタイミングってどんなとき?たぶんこんなとき
あなたは結婚に対してどのような考えを持っていますか?20代を過ぎた男女で現在付き合っている人がいる方であれば、結婚は意識せざるをえないで...

男女の恋愛観の温度差

まず恋愛観が男性と女性では大きく違っています。
男性は、出会い立てが恋愛のピーク、そこから徐々に慣れて安心感へと移行してしまうというケースが多いです。
一方の女性は、最初は疑いがちだったり、あまり好きでなくても、男性の猛アピールに心を奪われ、立場が逆転し愛情が盛り上がって…。
お互いのこの性質が行き過ぎてしまうと男性と女性の間には亀裂が生まれて、なかなか恋愛関係がうまくいかなくなったりもします。

男性は”女性にとっての初めて”に、女性は”男性にとっての最後”になりたいものなのです。

もちろん、お互いを高めあえたり、尊敬しあえる部分があれば話は別です。
うまく相手の心をずっとつかめるようなそんな素敵な人間でありたいものですよね。
ただ、今述べた男女のこのような性質があり、結婚という出来事の大きさの捉え方に違いがあったりするのです。

結婚から逃げ続ける男たち

男は仕事、女は家庭。昔からそのように言われてきていますね。
最近では女性も社会進出がかなり進んでいるので、仕事で活躍をするといった方も多くいらっしゃると思います。
ただ、結婚や出産が女性にとって大きい出来事という部分は不動です。
その女性を支えるために働き続ける…そんなスタイルに嫌気を感じてしまう部分が男性にはあるようです。
結婚前は、自由奔放に自分の好きな時に遊びに行け、お金を使うことができ、ストレスのないような生活を送れていたのに、結婚はそれを崩してしまう、という考えから、男性は結婚に対してやや逃げ腰なものです。
どんなに相手の女性を好きでも、やはり生活ががらっと変わったりすると少なからずのストレスを感じるもの。

長年カップルにありがちな男性の結婚観

結婚なんていつでもできる…と長年カップルにありがちなのがこの考えです。
女性はそろそろ結婚してもいいかな…と相手からのプロポーズを待っているかもしれませんが、男性の方は別に急ぎではないし、タイミングがあえば…くらいにラフに思っていることも多いです。
なかなか同じ思いを持つことは男女間ともなると、難しいものですよね。

恋愛と結婚は別物なの?

よく、恋愛と結婚は別物という意見を耳にしませんか?
恋愛は刺激的だったり、日々が新鮮だったりします。
しかし、結婚ともなると自身の人生に関わることなので、やはり刺激というより安定を求める傾向にあるのではないでしょうか。
ただ、安定も行き過ぎてしまってはマンネリにつながり、浮気の原因にもなってしまうこともあります。
恋愛や結婚、一筋縄ではいかないものですね。

どうしたら男性は結婚したいと思ってくれるの?

男性と女性の結婚
さて、結婚を決めてくれない理由を分かった後は、どうしたら良いかが重要です。
もちろん、男性は結婚に対して逃げ腰だったりしますが、絶対にしたくなかったり、可能性が0なんてことはありません。
むしろ、女性の考えや行動次第で、結婚に結びつけることもできるのです。
女性が男性にとって、”飽きずずっと一緒にいたい相手”であれば、話は別なのです。
男性はマンネリが苦手で、いつでも子供のように新鮮さを求めるものです。
長く一緒に時間を共にすると、飽きはどうしても付いて回ってきます。
しかし、人間は奥が深いものです。
自分の魅力を最大に引き出し、日々努力していれば、輝くあなたを手放したくないと思ってくれるでしょう。
努力次第で、二人の関係に未来が見えてくるのです。

まとめ

子供がほしい、お嫁さんになりたい、ウエディングドレスを着たい…。
女性であれば誰もが一度は憧れるような夢ですよね。
20代後半くらいから、女性は結婚に焦りを感じはじめたりします。
子供に関しては、体力的にも30代くらいになってくると厳しくなってきてしまいます。
しかし焦りは禁物で、結婚したいしたいと、あまりに結婚願望をあらわにするのは逆効果です。
焦らずに、どうしたら相手は結婚をしたいと思ってくれるかを考えてみましょう。
結婚ともなると自分だけではどうにもなりません。
相手がどのような考えで、どうして今現状結婚に至れていないのか。
自分との違いを知り、自分たちだけの愛の形を模索してみればうまくいくかもしれませんよ!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください