言葉遣いは重要!ことばの言い方を変えるだけでこんなに違う!

言葉遣いとビジネスマナーは新入社員にとって重要
みなさん、日頃言葉遣いについて気を配っていますか?
目上の人への敬語の使い方、大事な面接での言葉遣い。
しっかりとした言葉遣いをできていない人は、それだけで損をしてしまったり、相手に不快感を与えてしまったりしてしまうこともあります。
特にビジネスシーンでは間違った言葉遣いやマナー違反はかなりマイナスです。
大事な取引先との商談もなかったことに…なんて大事にもなりかねません。
言葉遣いは意外と人に見られており、そんなつもりのない言葉でも相手にとって癇に障ってしまったりするもの。
日頃から気を引き締めて、言葉遣いやマナーには細心の注意を払う必要があります。

スポンサーリンク

言葉遣いに気をつけて!

言葉遣いやマナーによって失うもの

なんとなく発した言葉。自分では何気ないただの発言だったのに、相手にとってはそれが不快だったようで、言い合いや関係性が冷えてしまった。
そんな経験、ありませんか?
言葉というのは非常に難しく、自分が思っていることを必ずしも相手に伝える事ができるとは限りません。
言葉の表現方法は幅が広く、一歩間違えれば取り返しのつかない事態になったり、何かを失ったりするものです。

「言葉遣いを直そう」と思ったら、今から直すコツを教えます!
皆さんは「言葉遣い」について、どれだけ意識していますか? あるいは、過去に言葉遣いで何らかの失敗やトラブルを招いた経験がある人もいるの...
言葉遣いを直す方法として「言語トレーニング」があります!その内容は?
世界中には、その国で使われる言語というものがあり、日本では日本語が使われます。 言葉遣いは身近な日常で直していく 基本的に自国の言葉...

日頃の口癖には要注意!

「なるほど」「ちょっと」「えっと」
日頃、こんな言葉が口癖になっている方。
ふとした時に口癖は出てしまうものです。
目上の人との会話で「なるほど」なんて相槌を連発したりするととても恥ずかしいものです。
言葉を操ることは、ビジネスシーンにおいてとても重要です。
目上の人の話が自分にとって全く共感できなかったり、よくわからなかったりしても、決して聞く姿勢を崩さず、うまく相槌を打つだけで、好印象を抱かれることもあります。
ビジネスは人望やつながりが命です。
自分のためにも、一人一人とのつながりを大事にして、言葉遣いやマナーにも気を配れると良いですね。

尊敬語と謙譲語

外国人が日本語を勉強する時に一番難しいと声をあげるものが”敬語”です。
敬語の中でも丁寧語であればですますをつければ良いので、比較的難易度は低めですが、尊敬語と謙譲語は外国人に限らず、日本人でもきちんと正しく使えている人は案外少ないものです。

相手を高めて敬意を表す尊敬語に対して、謙譲語は自分を低くした上で相手を高めるもの。
「おっしゃる」「ご覧になる」「召し上がる」などは尊敬語。
「申し上げる」「拝見する」「いただく」などは謙譲語です。
間違った言葉遣いにありがちなのは”二重敬語”と呼ばれる、敬語の上に敬語を重ねたものです。
「○○様がおっしゃられました」や「社長様、部長様」などは一見丁寧で良いように聞こえますが、二重敬語です。この敬語を完璧にマスターするのはなかなか時間も経験も必要かと思いますが、しっかり使いこなせるようになれれば一流のビジネスマンと言えるようになるかもしれません。

接客業経験者にありがち、NG敬語

「よろしかったでしょうか」「~になります」「~の方でよろしいでしょうか?」
これらを飲食店などで耳にした事、ありませんか?
すべて接客業界にありがちなNG敬語です。
「よろしかったでしょうか」というのは過去形ですので、現在形の会話で使うにはふさわしくありません。また「~になります」は自身がなにかに変化する意味合いになってしまうのでNG。「~の方」に関しても、方角以外の名詞に方をつけるのは日本語として成り立たないためNGです。
なかなか難しいものですが、中にはこのような不適切な敬語で、社会人としての品格を問われてしまう事もあるのです。

ビジネスマナーは覚えておくべき!

言葉遣いとビジネスマナーは新入社員にとって重要
正しい日本語や言葉遣いをマスターしていても、ビジネスマナーが欠けていては問題外です。
ビジネスマナーなんとしてでも押さえておきたいところです。
タクシーやエレベーター内などシーン別に上座下座が存在したり、名刺交換のマナーなどビジネスマナーは様々あります。
最初はその場面に直面しないとなかなか覚える機会だったり、知る機会というのはないかとは思います。
そんな時は前日にマナーの下調べをし、当日に備えていくと良いでしょう。

まとめ

人は誰しも合う合わないがあります。また、話すことが苦手だったり、目を合わせられないという方もいることかと思います。しかし社会に出るには、どうしてもある程度のビジネスマナーや言葉遣いはマスターしなければなりません。
自分の向き不向きを考えた上で、相手にとって不快にならないような態度や言葉を心がけていれば、きっとうまくいくものです。
もちろん最初からうまくいく人というのはなかなかいません。
だんだんと色々な経験を経て、素敵な社会人を目指していきましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください