言葉遣いを直すにはとにかく人と話すこと!それはなぜ?

言葉遣いを治す方法と本
皆さんは「言葉遣い」をどのように考えていますか?
教科書に書かれてある、お手本通りの言葉遣いで満足していないでしょうか?

スポンサーリンク

言葉遣いを直して世の中でも通じる話かたを見つける

世の中で通用する言葉遣いを身に着けないと、時には大きな損をする可能性もあることを意識しなければなりません。
そこで、言葉遣いを直すにはどうすれば良いのかということについて解説していきます。

「言葉遣いを直そう」と思ったら、今から直すコツを教えます!
皆さんは「言葉遣い」について、どれだけ意識していますか? あるいは、過去に言葉遣いで何らかの失敗やトラブルを招いた経験がある人もいるの...
言葉遣いを直すポイントは「台本を用意せずに話す」こと!
「台本」というものは、ドラマや劇などのような場面で用いられるものです。 しかし、それを日常的に使っている人がいるのではないでしょうか?...

言葉遣いを間違えるとどうなるのか?

皆さんは、意識している時は丁寧な言葉づかいができている人が大半だと思います。
しかし、言葉遣いを正しく理解して使えている人でないと、時には「ぼろ」を出してしまうこともあるかと思います。
なぜなら、例えば「疲れている時」「ストレスが溜まっている時」などは、人間の素の状態が浮き出てしまうものです。
外面は、こういった時には剥がれ落ちてしまうものなのです。
なので、普段は丁寧な言葉を使えている人も、こういった時には地の言葉遣いが出てしまうものなのです。
時に、それは大きな損をする原因となることもあります。
例えば「仕事」が大きいと思います。
仕事では丁寧な言葉づかいが基本ですが、例えばお酒に酔っている時などは、なかなか意識的に丁寧な言葉を選ぶことができません。
そうして、知らず知らずのうちに仕事関係で損をすることもあるのです。

言葉遣いを直すためには?

自然に正しい言葉遣いをするためには、やはりこれを矯正する必要があります。
では、言葉遣いを直すためにはどうするのか、多くの人は「本を読む」ということを基本に据えるのではないかと思います。
ですが、それは大きな間違いです。
例えば、国語のテストで100点を取れる生徒が、常に社会で正しい言葉遣いをできているでしょうか?
中には普段の言葉遣いも正しく使えているという場合もありますが、往々にして社会では通用しない言葉遣いになってしまうものです。
なぜなら、国語の勉強ができても漢字の読み書きや文法が正しいだけで、これは学校の授業でしか通用しないものです。
こういった「マニュアル思考」では、実践のコミュニケーションで正しい言葉遣いを運用する上では何の役にも立たないのです。
学校内ならOKですが、それで良いのはせいぜい学校の先生と生徒だけです。

正しい言葉遣いの直し方

言葉遣いを直す方法と本
もし、本気で言葉遣いを直したいと考えているのであれば、重要なのはまず「焦らない」ということです。
マニュアル思考が通用しなからといって、第一に焦ってしまうようでは何も解決しません。
まずは、そのマニュアル思考を落ち着いて排除することが重要です。
マニュアル思考を捨て去ることができたら、次に「人と会って活動できる場所」を探しましょう。
何なら、歌をうたうような場所でも構いません。
とにかく、人とコミュニケーションをとるような場所を探して、そこで活動することです。
無理に、ハイレベルな言葉遣いをしている人が集まるような場所を探す必要はありません。
まずは、普通に会話をすることができるレベルに到達することを確認しましょう。
そこから、次第にレベルを高めていくことで十分に言葉遣いを直していくことができるはずです。
身近な人とのコミュニケーションを重ねることで、普通レベルの言葉遣いに矯正していきます。
そこからさらに実践的なコミュニケーション能力に必要な言葉遣いをしている人たちとのコミュニケーションを織り交ぜて、自分の言葉遣いをどんどん正しいものに仕上げていきます。
最終的には「ビジネス向け」の言葉遣いも身につけることができれば、将来的に大きなプラスに働くことになります。
ただし、人によっては最初の段階から躓いてしまう場合もあるかもしれません。
言葉遣いと一言に言ってもこれは個人個人で大きな差があるものですから、スタートラインは人によって大きく違います。
場合によっては一段階進むのにかなりの時間を必要とする可能性もあります。
ですが、諦めなければ誰だって高いコミュニケーション能力の礎となる言葉遣いを身につけることができます。

若い人は特に言葉遣いを意識する

特に若い人は早い段階からこれを習得することができれば、将来的に得られる「プラス」は大きなものとなることでしょう。
ただ、若い頃から言葉遣いに意識を向けることはなかなか難しいものです。
社会に出て、初めて自分の言葉遣いが間違ったものであると気がつく人も多いです。
ですが学生時代までは生徒間のコミュニケーションが基本となり、なかなか社会生活向けの言葉遣いがどんなものであるのか理解できないものです。
これを、高校生や大学生のうちに気が付くことができれば、ハイレベルな言葉遣いを早い段階から身につけることができ、将来において大きなプラスの影響を享受することができるはずです。

まとめ

  • 言葉遣いを間違えると損をすることが多い
  • 学生向けのマニュアル思考は社会で通用する言葉遣いにプラスにはならない
  • マニュアル思考を排除して、人と会う場所で活動することによって言葉遣いを直す
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください