言葉遣いを直す方法として「言語トレーニング」があります!その内容は?

言葉遣いとマナーの本
世界中には、その国で使われる言語というものがあり、日本では日本語が使われます。

スポンサーリンク

言葉遣いは身近な日常で直していく

基本的に自国の言葉を使うことに苦労することはないとは思いますが(地方特有の言葉遣いは別として)、時には言葉の使い回しに困る場面も出てくるのではないかと思います。
他国の言葉と比較して、「言葉遣い」が大きな意味を持ってくる場面の多い日本語、正しく使うにはどうすれば良いのかということについてお話していきます。

「言葉遣いを直そう」と思ったら、今から直すコツを教えます!
皆さんは「言葉遣い」について、どれだけ意識していますか? あるいは、過去に言葉遣いで何らかの失敗やトラブルを招いた経験がある人もいるの...
言葉遣いを直すポイントは「台本を用意せずに話す」こと!
「台本」というものは、ドラマや劇などのような場面で用いられるものです。 しかし、それを日常的に使っている人がいるのではないでしょうか?...

言葉遣いの持つ重大な意味

私達が日常的に使用する「言葉」には、多くの場合は深い意味を持つものです。
例えば「◯○が欲しい」と言えば願望や要請の意味を持ち、「◯○である」といえば説明や自己表現など、さまざまな意味があります。
中には不快どころか全く意味を持たない言葉もありはしますが、大抵の場合はこうして何らかの意思表示のために言葉を利用し、他人とのコミュニケーションにおいて多様されます。
さて、「意味を持つ」ということは、当然ながら「その場に応じた意味を持った言葉を選ぶ」ということが必要であり、端的に言えばこれを「言葉遣い」と言います。
言葉遣いには、私達が想像している以上に大きな意味があることをご存知でしょうか?

筆者の経験「葬儀場での一幕」

筆者自身が言葉遣いに苦労した話ではないのですが、こういったことを経験しています。
その人物は筆者の親戚の一人なのですが、別の親戚の葬儀で居合わせた際に酷い言葉遣いをしたのです。
ここではその詳しい内容までは説明しませんが、とにかくその言葉遣いは「酷い言葉遣いだ」と思われるに足りるほどに醜悪なものでした。
ただ、その言葉遣い自体が悪いのではなく、「その場にはそぐわない言葉遣い」だったことが問題だったのです。
普段、それこそ友人と一緒にお酒でも飲んでいる場面などであれば大した問題にはならなかったことでしょう。
しかし、よりによって「親戚の葬儀」の場でその言葉遣いをしてしまったことが、親戚中に知れ渡ってしまうことになるのです。
おかげでその親戚は他の親戚中から締め上げを食らってしまい、その後は大層な苦労をされたと聞きます。

言語トレーニングを行う

言葉遣いとマナーの本
そういった例は、他にもさまざまな場面が思い浮かびます。
言葉遣い一つで将来に渡っての苦労まで背負い込んでしまうようなことがないように、「言語トレーニング」を実施されることをオススメします。
色んな人と話をしていると、さまざまな場面で「きれいな言葉」「珍しい言葉」と、聞きなれないような言葉遣いを数多く経験されたことがあるかと思います。
それらの言葉遣いは単純に知識をひけらかしている可能性もありますが、大抵の場合は「その場に応じた言葉づかいをした結果」です。
普段から使っている言葉遣いが、あらゆるシーンでふさわしいかと言えばそうではありません。

  • 荘厳な場面ではそれにふさわしい格式の言葉遣いを。
  • お祝いの席では祝福の気持ちを表現するのにふさわしい言葉を。
  • 後輩や部下を指導する場合には、彼らの心に響くに値する言葉を。

言葉遣いというものは、単純に難しい言葉をたくさん知っているということではなく、「その場に応じた言葉を選ぶ力」だと思います。
さまざまな立場の人達と会話を重ねることで、その「言葉を選ぶ力」を身につけることが、言語トレーニングの真髄です。
一朝一夕で身につくものではなく、経験を積むことで初めて身につくものであると考えます。

読み取る力はそれ自体もトレーニングが必要

しかしながら、一つ注意しなければならないことがあります。
それは「単純に回数を重ねれば良い」というわけではないということです。
先程も申し上げましたが、言語トレーニングは「言語の選び方」を鍛えることです。
つまり、選ぶ基準となる「その場の気域を読む力」がなければ、そもそもトレーニングの意味がありません。
ただ無駄に他人の会話に聞き入るだけになってしまいます。
なので、まずはその場の空気を読み取る力を意識的に身につける必要があります。
その上で、会話を重ねていくことになりますが、そうする中で「自分が言葉遣いで苦手とする部分」が見えてくることになります。
まずは「空気を読んで話ができる」程度で構いませんので、これを意識しながら会話をしましょう。
日常的なコミュニケーションを重ねていくことで、言葉遣いの力をどんどん高めていくことができますので、まずは「誰かと会話をする」ことを日常生活に組み入れて、習慣化することが重要です。
まずは身近な人から、次第にコミュニケーションの範囲を広げていき、さまざまな人と会話を繰り返していきましょう。

まとめ

  • 言葉遣いを間違えてしまうと将来的に苦労することになる可能性がある
  • これを回避するためには「言語トレーニング」が必要になる
  • 言語トレーニングの基本は「空気を読む力」が根底にある
  • 他人との会話を習慣化し、身近な人から次第に多くの人との会話を繰り返して言葉遣いの能力を高めていく
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください