言葉遣いの基本って何?まず挨拶をすることから始めましょう!

言葉遣いと挨拶でコミュニケーション
皆さんは「挨拶」をきちんと行えていますか?
挨拶は「コミュニケーション」の基本であり、往々にして自分の感情を相手に言葉という形で提供するものです。

スポンサーリンク

挨拶が出来ないひとは仕事や行く場所もなくします

私たちはエスパーではないので、言葉にしなければ相手には何も伝わりません。
もし、挨拶をしない、つまり相手に自分の考えを伝えられないと、どうなってしまうのでしょうか?

「言葉遣いを直そう」と思ったら、今から直すコツを教えます!
皆さんは「言葉遣い」について、どれだけ意識していますか? あるいは、過去に言葉遣いで何らかの失敗やトラブルを招いた経験がある人もいるの...

挨拶は、相手の顔を見ながら

皆さんは挨拶をする時、どんなシーンを思い浮かべますか?
往々にして、相手と顔を合わせながら行うものです。
厳密には真正面から向き合わないシーンも多いのですが、重要なのは「相手にチャンネルを開いているか」ということです。
例えば、背中合わせに立っていても、挨拶が通用する場面はあります。
逆に、向かい合っていたとしても挨拶が成立しないこともあります。
これは、「相手の顔を見る」ということを「相手にきちんと、心から向き合っている」ということを理解できているかどうかの違いがあります。
「相手の顔を見る」というのは、相手の顔色を知り、その場にあった言葉を選ぶことができるのかということです。
元気がない人に「今日は良い日ですね」なんて言っても、へたをすれば相手はバカにされていると感じてしまうこともあります。
元気がない人には「元気がないですね?」とか「何かありましたか?」といったように、心配するための心遣いが必要なのではないでしょうか?
もちろん、顔面自体を見なくても相手の感情や考え、現状を把握することができるのならば、適切な言葉選びができるはずです。
相手にチャンネルを開かず、相手の事を知ろうともせず、自分のことを知ってもらおうとしなければ、挨拶は成立しないのです。

挨拶ができなければ仕事にも差し支える

言葉遣いと挨拶でコミュニケーション
そして挨拶は、時として「仕事」にも影響を与えることがあります。
例えば、職場の同僚に挨拶をしても、素っ頓狂な返事が帰ってきたり、あるいは無視されてしまったら、皆さんはどんな感情を抱くでしょうか?
おそらくは「不快」に感じることでしょう。
もし、職場に不快に感じる人がいるとして、その人とまともに仕事ができると考えるでしょうか?
技能面での問題ではなく、その人とのコミュニケーションの成立の難易度の問題です。
複数の人間が一緒に働く職場では、従業員間のコミュニケーションが重要な場面が多いです。
わからないことがあれば聞き、体調が悪ければお互いに助け合い、仕事終わりにはねぎらいの言葉をかける。
仕事には直接関係のない挨拶でも、これができるのとできないのとでは印象だけでなく、感情面でも大きな違いがあります。
おそらくですが、挨拶のできない人と一緒に働きたくないと考えるのではないでしょうか?
そうなれば、職場での立場は失われ、居場所も無くなり、最悪の場合は退職を余儀なくされてしまいます。

住まいすら奪われた女性の話

さて、こんな話があります。
有る町に、そこそこ老齢な女性が住んでいました。
その女性は特に何か問題を起こすような人ではありませんでしたが、どういうわけか挨拶は全くできない人でした。
そのせいで、その町では浮いてしまい、「村八分」のようなことにはならないにしても同じ町に住んでいながら彼女だけは隔たれた感じでした。
結果、彼女は誰とも話すこと無く、誰にも気づかれること無くその町を離れました。
後になって彼女が町を離れた理由を聞いてみると「居心地が悪かったから」だそうです。
前述の通り彼女は村八分のように、何か嫌がらせをされていたというわけではありません。
ただ、「挨拶ができなかった」ということで、町の住人とのコミュニケーションが全くとられなかったのです。
意図したものではなく、彼女が挨拶しないことで誰も彼女とコミュニケーションをとれなかったのです。
結果、自分だけ浮ついているその町に、彼女の居場所は無くなってしまったのです。
引っ越した先では少しずつですが挨拶をするようになり、普通に暮らせているそうです。

挨拶は生活の基本

挨拶を怠ることで、さまざまなものを失ってしまうということは間違いありません。
挨拶とは単純な言葉の羅列ではなく、相手に自分の考えを理解してもらうために必要なツールであり、同時に相手の考えを理解するための最初のステップでもあります。
挨拶の目的を果たすためには、相手の顔を見て、チャンネルを開いて「コミュニケーションを図りたい」ということを明確にすることがで必要です。
そうしなければ、どんな挨拶も挨拶としての性質を失い、有り体に言えば「心のこもっていない言葉」に成り下がってしまいます。
挨拶にも「マナー」というものがあるということです。
マナーが守れない人は、決して他人から良いイメージで接してもらうことはできなくなるでしょう。

まとめ

  • 相手の顔を見ないと挨拶はできない
  • 挨拶ができないと仕事に差し支える可能性がある
  • 挨拶ができないと他人とのコミュニケーションは困難
  • 挨拶はマナーを守ることが重要
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください