言葉遣いを正しく使うために必要なことは「人と会う」こと!

言葉遣いを直す方法
「言葉遣い」というものは、正しく使えなければコミュニケーションの際に思わすトラブルを招いてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

人と会って言葉遣いの練習をする

どんなことであれ、「使う」というからには練習することが出来るはずです。
では、言葉遣いを正しく使うための練習はどのように行えばよいのか、その鍵は「人と会う」ことなのです。
そこで、人と会って言葉遣いの練習をするということについて解説していきます。

言葉遣いを直すポイントは「台本を用意せずに話す」こと!
「台本」というものは、ドラマや劇などのような場面で用いられるものです。 しかし、それを日常的に使っている人がいるのではないでしょうか?...
言葉遣いを正しくするには自分の年齢に合った言葉遣いを意識すること!
私たちは、他人とのコミュニケーションで基本的に「言葉」を使います。 言葉遣いで誤解を与えないようにしましょう 日本語は同じ意味を伝え...

言葉遣いと社会経験

まず、言葉遣いというものは「社会経験」を積んでいく中で覚え、高めていくことが必要になります。
なので、デスクに向かって書物を読み漁るだけでは、言葉遣いを正すことなんて出来ないのです。
言葉遣いを正そうと本気で思っているのであれば、積極的に社会の中に入り込み、言葉遣いを正していくことが求められます。
決して楽なことではありませんが、自分から進んで社会の中に入り、言葉遣いを正していこうとする姿勢は実に素晴らしいことであると思います。
社会の中で正しい言葉遣いと間違った言葉遣いを知り分け、自分の言葉遣いの中に間違った使い方をしているものがないかどうかを確認していきましょう。
地道な作業にはなりますが、正しい方法で言葉遣いを正す姿勢を保てば、確実に言葉遣いは正しい方向に向かっていきます。

書物からは読み取れない「正しい言葉遣い」

先程も申し上げましたが、言葉遣いを正すために書物を読み漁っても、決して正しい言葉遣いを身につける事はできないと思われます。
世の中には、言葉遣いに関する数多くの書籍が存在し、私たちは書店やネットショップでそれを入手することが出来ます。
専門家が著した方法は、確かに言葉遣いを正す方法として正しく、有用な方法であるように思われます。
また、言葉を数多く内包する書物として「辞書」というものもあります。
自分の知らない言葉を知ったり、既知の言葉の隠れた意味、ほんとうの意味を知る方法としても実に役立ちます。
しかし、そういった方法で身につけた言葉遣いや言葉に関する知識は、100%あらゆる場面で役立つとも言い難いのです。
言葉遣いというものは会話で用いられるものですが、自分の言っている言葉を聞いているのは「相手」です。
なので、自分の言いたいことを正確に読み取ってもらうためには、「相手に理解してもらう」ということが必要になってきます。
その条件の上で、自分だけがその言葉の意味を知っていても、相手が正しく認識してくれるとは限りません。
言葉遣いを正すためには、「相手が必要としている言葉」であることが必要になるのです。
それは「知識」ではなく「実践」の分野になるので、書物を読み漁るだけでは身につくことはないのです。
相手の直接会話しながら、自分の言葉遣いの間違っているところ、そして悪いところを直していくということが必要になります。
積極的に他人と会話をしていくことが重要なのです。

会話すれば良いというわけではない

言葉遣いとコミュニケーション
しかしながら、一つ注意しなければならないポイントが有ります。
それは「会話する」というだけで言葉遣いが正しくなるわけではないということです。
会話するということは所詮は一つのアクションに過ぎず、そこに意味はありません。
例えば「はい」「いいえ」という言葉も立派な会話の一種ではありますが、こればかり話して果たして言葉遣いが強化されるでしょうか?
単に話をするというだけで、言葉が綺麗になったり丁寧になったりするということではありません。
もし、本気で言葉遣いを直したいと思っているのであれば、「自然な言葉遣い」を心がけることが重要です。
最適なことは、会話をする上で「お互いに言葉遣いの間違いを指摘し合う」ということです。
お互いの間違いを指摘し合うことができれば、それは正しいコミュニケーションができているという証拠になります。
そして、間違った部分を指摘してもらっているので、間違った言葉遣いを自分の言葉遣いから削除し、正しい言葉遣いに直す事ができます。
そうすることで次第に言葉遣いの間違いによる意思疎通の誤解もなくなってきて、人間関係も良好になります。
もちろん、最初から完璧にお互いの言葉遣いを直し合う必要はなく、簡単な部分から少しずつ実践すれば十分です。

気分次第で行動を変えない

もう一つ問題があります。
それは「気分次第で行動を変えない」ということです。
他人との会話の中で自分の言葉遣いを直していくということは、たしかに有効な手段です。
しかし、「今日は気分が良くないから他人とは話さない」とか「今日は調子が良いから言葉遣いの練習のために他人と会話しよう」と思っても、誰もが好きなタイミングで協力してくれるとは限りません。
相手にも都合というものがあり、それを無視したところで適正な会話ができるとは思えません。
言葉遣いだけではなく、「人と会話する力」を育成する目的のつもりで積極的に会話するようにしましょう。

まとめ

  • 言葉遣いは社会経験の中で培う
  • 本を読むだけでは言葉遣いは直せない
  • 会話するだけで言葉遣いを直せるとは限らない
  • 気分次第で練習するかしないかを変えるのは良くない
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください