言葉遣いを正しくするには自分の年齢に合った言葉遣いを意識すること!

きれいで丁寧な言葉遣い
私たちは、他人とのコミュニケーションで基本的に「言葉」を使います。

スポンサーリンク

言葉遣いで誤解を与えないようにしましょう

日本語は同じ意味を伝えたい場合でも異なる言葉を生ん通りも使うことが出来ますが、その中には「相手に伝わりにくい」もしくは「相手に間違った意味で認識される言葉」というものも多いです。
しっかりと自分の気持ち、意志を伝えたい場合には、言葉遣いというものが重要になります。

「言葉遣いを直そう」と思ったら、今から直すコツを教えます!
皆さんは「言葉遣い」について、どれだけ意識していますか? あるいは、過去に言葉遣いで何らかの失敗やトラブルを招いた経験がある人もいるの...
言葉遣いを直すポイントは「台本を用意せずに話す」こと!
「台本」というものは、ドラマや劇などのような場面で用いられるものです。 しかし、それを日常的に使っている人がいるのではないでしょうか?...

あなたの言葉遣いは本当に正しい?

世の中にはたくさんの「言葉」があります。
私たちは、そんなたくさんの言葉の中から、その時に自分が必要としている意味をもつ言葉を選び、組み合わせることで文章にして相手に意志や感情、方法などをを伝えます。
言葉の選び方だけではなく、その「使い方」も問題となります。
同じ言葉でも意味の異なる利用法を持つ言葉はいくらでも存在します。
また、使用している本人がその言葉の意味を正しく理解できていない可能性もあります。
間違った言葉遣いをしてしまうと、本人が思っているとおりに相手が言葉の意味を読み取ってもらえない可能性があります。
意味が正しく認識されない言葉遣いを連続してしまうと、何かとデメリットが多くなります。
本当に自分の言葉遣いは正しいものなのか、それを一度本格的に考えなおしてみる必要があるかもしれません

「普通の言葉遣い」を目指す

さて、何事もクオリティが高いことに越したことはありません。
言葉遣いにもクオリティというものがあり、品質の高い言葉遣いから低い言葉遣いまで様々なものがあります。
言葉遣いを直すにあたって、どれくらいのレベルの言葉遣いにまで矯正するのかということなのですが、無理に綺麗な言葉遣いにする必要はありません。
ニュースキャスターなどのように、話すことを仕事にする人たちは、美しい言葉遣いをしていることが多く、それを模倣しようとしても簡単には真似できません。
無理にそのレベルの言葉遣いをしようとしても、どうしたって不自然さが残ります。
場合によっては、無理な言葉遣いのせいで人間関係が悪化し、取り返しの付かない事態に陥ってしまう恐れもあります。
そうではなく、まずは「普通の言葉遣い」を「自然に話せるようにする」事が重要です。
自然ではない話し方は、どうしたって相手に感づかれてしまいます。
「何か隠しているのだろうか?」「裏に意図がありそうだな」などと勘ぐられては、良好な人間関係は構築できません。
なので、無理のないレベルで少しずつ、普通の言葉遣いに矯正することを意識しましょう。

年齢に合った言葉遣いを意識する

言葉遣いを直す
最初からクオリティの高い、難しい言葉遣いをしようとしても、どうしても無理が生じるので話し相手に余計な誤解を招いてしまう原因となりかねません。
特に、自身の年齢にそぐわない口調で話そうとすると、最大級の不自然さが発生してしまいます。
なので、言葉遣いを自然な形に整えるためには、「歳相応の言葉遣い」というものが必要になるのです。
そのためには、自分と同じ年代層の人物との会話をする習慣を作ることが重要なのです。
その際、可能な限りその年齢の近い話し相手に「自分の言葉遣いを評価してもらう」ことを心がけてください。
その人が普通に感じることが出来る言葉遣いになれば、目的は達成できたことになります。
逆に、不自然さやその他の感情を感じる場合、どういった点に問題があるのかを指摘してもらい、次回以降の話し方で特に意識して直していきます。
そういったやり取りの中で、いかに自分の言葉遣いが「他人に話すための言葉遣い」ではなかったのかということが理解できると思います。

自分自身で見つめなおすことも重要だが・・・

いわゆる「自己補正」、つまり自分に関する何らかの事柄を自分自身で見つめなおし、矯正するということは、確かに稀有なスキルであるといえます。
しかし、言葉遣いの場合は知識だけではどうしようもなく、自分の話を聞く他人がどう感じるのか、世間一般的に見てどうなのかということが重要になります。
それを無視して、自分の中だけで自己完結を行い、改良しようとすれば、最悪の場合は余計に言葉遣いがひどくなり、コミュニケーションにも差し支えてしまう可能性があります。
あくまでも言葉はコミュニケーションのためのツールであり、知識だけではなく実際の会話の中で「正しい言葉遣い」というものが何なのかを理解して自分の言葉遣いに反映させなければなりません。
言葉遣いは、シーンや肩書きなどでも変化するので、アルバイトや社会参加などを経て、その中で必要な言葉遣いについても学び取る必要があります。
社会人として恥ずかしくない、差支えのない言葉遣いのためには、自己補正に頼り過ぎること無く、社会に出てそこで実際に使われている「普通の言葉遣い」というものを読み取っていくことが重要になるのです。

まとめ

  • 正しい言葉遣いでないと理解してもらえない可能性がある
  • 使い慣れない高レベルな言葉遣いではなく、まずは普通の言葉遣いを目指す
  • 自分の年齢に合った言葉遣いを心がける
  • 自己補正だけでは事態が悪化する可能性が高い
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください