言葉遣いを直すポイントは「台本を用意せずに話す」こと!

相手に伝わるように言葉遣いを直す
「台本」というものは、ドラマや劇などのような場面で用いられるものです。
しかし、それを日常的に使っている人がいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

台本を用意せずに話す

日常的に台本を使うと、思わぬ弊害をもたらしてしまう可能性があります。
台本を用意することの弊害を最初のポイントから解説していきましょう。

「正しい言葉遣い」と「間違った言葉遣い」

言葉は、その国の言語を使っている限りはほとんどの人に通用するはずです。
しかし、言語的な習慣、つまり「言葉遣い」については、間違った言葉遣いをしていると日本語として聞き取ることはできても、その言葉を相手が正しく理解してくれないこともあります。
ある意味・目的で話した言葉が、相手に間違って認識されてしまったり、そもそも言葉としてきちんと理解してくれていない事も有り得ます。
その「正しい言葉遣い」を決めるのは、話している本人ではなく聞いている相手の方になります。
つまり、自分が「正しい言葉遣いなんだ」と思って話した言葉が、相手にきちんとその意味のとおりに伝わるかどうかは、相手次第であるということになります。
そして、自分の言葉遣いに一切の疑問を感じていない人の話し方の場合、ほぼ確実に相手には正しい意味として伝わることはありません。
自分では正しい言葉遣いであると思っているだけでは、本当にそれが世間一般的に見て正しい言葉遣いであるかどうかは判断することはできません。
具体例としては、テレビや本で見た言葉遣いを真似て使っている言葉であったり、いわゆる「若者言葉」である場合などがその典型例で、いくら本人が正しい言葉遣いであると思っていても、それが全ての人に正しく伝わるかどうかは怪しいです。
自分が使っている言葉を、その言葉のほんとうの意味をきちんと理解したうえで、相手に伝わるように工夫することを考えなければならないかもしれません。
言葉の意味も考えずに「ただなんとなく」といった言葉遣いでは、コミュニケーションにおいて大きな問題となるからです。

「言葉遣いを直そう」と思ったら、今から直すコツを教えます!
皆さんは「言葉遣い」について、どれだけ意識していますか? あるいは、過去に言葉遣いで何らかの失敗やトラブルを招いた経験がある人もいるの...

言葉遣いを直すこと

どこで覚えたのか自分でもわからないような言葉遣いや、何を意味するのか自分でも正確に把握していないような日本語を会話の中に使ってみたところで、自分の意図した意味で相手が読み取ってくれるとは限りません。
あるいは、そもそもあなたの言葉に耳を貸すことすらしていない可能性もあります。
言葉の意味がわからないのですから、当然といえば当然です。
きちんと相手に自分の言葉を伝えたい場合、相手が自分の言葉をきちんと聞いて欲しい場合、自分の意図している意味を相手に完全に理解して欲しいと思う場合、そうした場面に必要な「きちんとした言葉」を覚えて会話に組み入れる必要があります。
覚えた言葉は、過去にあなたが経験してきた「他人との会話」の賜物です。
それだけたくさんの人とコミュニケーションをとってきたという証拠なのですから、自信を持つことも必要です。
その上で、他人との会話をきちんと繋いでいけるだけのコミュニケーション能力、そのための言葉遣いを習得することが必要になります。

大切なのは「台本を読まないこと」

自然な会話で言葉遣いを直す
正しい言葉遣いを習得することは、生活だけではなく仕事などにも大きく影響していくことになります。
逆に言えば、間違った言葉遣いを続けている限り、生活や仕事においてデメリットが生じるということになります。
重要な事は、そのために「台本」を読まないことです。
何も本当に冊子の台本を持つということではなく、話す内容をあらかじめ全て決めておかないということです。
用意したものを持っていくのではなく、自然に会話を達成することが重要なのです。
台本を持って行ったところで、その(話す)内容は相手の求めているもの、理解できる内容ではない可能性も十分に考えられます。
そうなると、せっかく用意した台本は無用の長物と化し、その場面ではまともなコミュニケーションを達成することは不可能になります。
台本を用意することなく、台本に頼ることもなく自然に会話を組み立てていくことで、相手と普通に会話を行うことができます。
言葉遣いを正して、正しいコミュニケーションを達成するためには、台本を持つことなく、普通に話し続けることと、相手の言うことを聞き続けることが重要なのです。
台本が無いからといって慌てることなく、普通の言葉遣いを心がけることが大切なのです。
人によっては難しいことなのかもしれませんが、決してそのようなことはありません。
誰も彼もが台本を持っているわけではなく、台本なしのコミュニケーションを果たせています。
その環の中に、自分も入り込めば良いだけのことなのです。

まとめ

  • 自分では正しいと思っている言葉遣いでも、相手にきちんと意味が伝わるとは言えない
  • 相手に意味が伝わる言葉遣いに直さないと、まともなコミュニケーションをとることができない
  • 台本を準備することなく、自然に会話を繋いでいくことが必要になる
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください