家の外壁塗装ってどんな種類があるの?費用はどれくらい?

白色の外壁塗装をした家
外壁塗装というのは住宅の保全をするために必要不可欠な処置となります。
定期的に外壁塗装をすることが保全のために必要となります。ただし、その塗装のための費用がかかりますので、「どれくらい費用がかかるのか」をしっかりと考えておくことが大切です。

スポンサーリンク

外壁塗装とは

費用の見積もり

外壁塗装をするときは専門業者に依頼することになると思いますので、最初に見積もりをしていただくようにしましょう。
費用については業者によって異なってきます。また、外壁塗装の種類によって価格が大きく変わるということを理解しておきましょう。
なお、耐久性に優れている塗装の場合は、その分費用がかかることになります。

外壁塗装で失敗しないために必要なことって何だろう?

塗装の種類

外壁塗装にはいったいどれほどの種類があるのでしょうか。
詳細については業者から説明していただけると思いますが、あらかじめ調べて基本的な部分について理解しておく方がいいと思います。
塗装する面積は家の大きさによって変わってきますので、まず単価がどれくらいになるのかをを考える必要があります。

ここで気をつけたいのは、一般的に汚れを防止するための幕張や足場を組むための作業に必要な費用は、家の大きさにほとんど関係がないことです。
簡単に言うと、まずベースとなる費用があり、それに面積分の費用がプラスされて工事費用となるのです。
塗料の種類についてはまずアクリルがあります。その他にウレタン、シリコン、そしてフッ素などが代表的なものとなります。
なお上記の順番で1番は最も耐久年数が短く、単価も安く設定されています。また、2から4番になるほど耐久年数が長くなり、単価も高くなってきます。
ただし、アクリルやウレタン塗装については一般的に耐用年数が10年未満となっています。したがって、最近はほとんど使われていないようです。
そういうわけで、まずはシリコン塗装を考えた方がいいと思います。また現時点で最も一般的な塗装と考えていいのではないでしょうか。

塗り替えのタイミング

なおシリコン塗装をした場合、一般的に15年くらいで塗り替えることになります。
フッ素塗装については20年くらいの耐久性があると言われています。ただし、シリコンより費用が高くなります。
まずは現在住んでいる家にいつまで住み続けるかを考えて、塗装するタイミングを検討してみてはいかがでしょうか。

外壁塗装の役割

塗装の目的

外壁塗装というのは何を目的としてするのでしょうか。
外観をよくすることもあるのですが、長い期間風雨にさらされてダメージを受けやすい壁を保護するために塗装をするのです。
耐候性のある塗料を使うことにより、その分だけ耐久性に優れていることになります。しかし、その分費用はかかることになります。
どのような塗料を選ぶかによって断熱効果を高めることができます。また、壁に汚れがつきにくくなるようにすることも期待できます。
塗装についてはただ単に費用だけを比較するというのではなく、それぞれの塗装がが持っている特徴を理解することが重要です。

塗料の特徴

耐久性に優れている外壁塗装であれば、今度の塗装を長持ちさせることが可能となります。また、全体を通して考えれば、塗装費用が安くてすむ場合もたくさんあります。
フッ素系塗料というのは耐久性が高く、直射日光にも強い素材と言われています。そのためよく屋根の塗装に使用されます。
なお、現在の市場においてはシリコン系塗料が最も一般的です。
シリコン系塗料の耐用年数については15年くらいと考えられています。したがってまずはシリコン系塗料を基準にして塗り替えのプランを立ててみてはいかがでしょうか。

塗料選びは重要

また、塗り替えのときに色を変えることによって自分の家全体のイメージを大幅に変えることが可能となります。
家の形は変わらないとしても、雰囲気を変えることができるのです。
耐湿性、防水性や断熱効果などについても大切なポイントとなります。
インターネットを利用してチェックしてみれば、それぞれの塗料の特徴が掲載されていると思いますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
まずは塗料のことをよく理解した上で、いくらくらい費用がかかるかを考えてみましょう。

外壁塗装の費用

費用の相場

一戸建ての家であれば、定期的に外壁塗装を行うということを計画しなければなりません。
ただし、塗装にかかる費用というのは安いというわけではありません。したがって、積立などを行いながら必要な資金を確保しておくことをおすすめします。
単純に外壁塗装といっても、上記でご説明したようにいくつもの種類があります。またその相場というものがある程度決まっています。
そういうわけでインターネットを利用してその地域の適正価格というものをを調べてみることをおすすめします。
まず第一にいくつかの業者から塗装費用の見積りしてもらうことです。
もし身近なところに知り合いの業者がいるようでしたら相談してみてはいかがでしょうか。
詳細な見積りについては最終的に必要になりますが、一般的な相場は100万円くらいと考えておくようにしましょう。
外壁塗装の費用が高いので先延ばしにしてしまう方もいらっしゃいます。しかし、先延ばしした分だけ家の傷みというのは進行していきます。
自分の年齢を考えたときに、「これから何年この家に住むのか」を考えましょう。
家の計画というものは人生設計そのものと言えるのではないでしょうか。

費用の準備

近いうちに家を購入する予定の方も、その家の外壁塗装にかかる費用をあらかじめ準備しておくことをおすすめします。。
目安として15年くらいで100万円を確保しておけばいいと思います。
自分の代だけに限らず、いつかはお子さんに家を譲り渡す予定であれば、譲り渡すまでに塗装費用はいくらくらい必要か考えておきましょう。
外壁塗装というのは地域や業者によって費用が大きく異なってきます。
まだ外壁塗装は必要ないとしても、費用をできるだけ早く調べておくことが大切です。
前もって準備をしておくことによって、ゆとりを持って考えることができると思います。
自分の家の周辺をたまにチェックしてみることをおすすめします。
例えば壁に手をついたときに、手が汚れるのであれば、外壁塗装を塗り直すタイミングかもしれません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください