固定価格買取制度や補助金ってどうなの?太陽光発電のこと教えます!

ソーラーパネルと固定価格買取制度
「太陽光発電による売電について興味があるんだけど、詳細についてはあまりわからない」、また「太陽光発電の導入を行った後で損することがないようもっと詳細を知っておきたい」という方もたくさんいらっしゃると思います。

スポンサーリンク

太陽光発電に必要なお金や補助金

必要な費用はどれくらい?

こういうときにまず気にかかるのが、

「どれくらいの費用があれば太陽光発電を始めことができるか」

ということではないでしょうか。
太陽光発電を始めるには、相場としては180万円から240万円くらいの費用が必要になるのが一般的のようです。
なお太陽光発電については補助金があります。したがって実際のところは、必要となる金額は上記の費用から補助金を引いた分となります。
また、実際に売電することによってどれくらいの収入を得ることができるのかということも気になるポイントではないでしょうか。

太陽光発電をすると電気を売ることができるって本当なの?
最近、太陽光発電をするために屋根の上にソーラーパネルが設置されている家をよく見かけます。このように発電をするとどのようなメリットがあるの...

投資したお金を回収できる期間

ソーラーパネルが設置される環境によって発電量が影響を受けることがあります。そのため簡単には言えないのですが、実績として1年で10万円以上の売電収入を得ているという方は少なくないようです。
また、今まで必要であった電気代についても節約することができるので、トータルして考えれば利益になる場合が多いようです。
どれくらいで初期投資をしたお金を回収することができるかについては、一般的に平均して10年くらい、長かったとしても15年くらいで回収できると言われています。

補助金の活用

太陽光発電を導入するにあたって、ぜひ知っていただきたいのは補助金です。
太陽光発電についての補助金については、県や市町村などから支給されます。したがって、かなり大きな金額になる可能性があります。
そういうわけで自分が生活している地域ではどれくらいの補助金が支給されるのについて、太陽光発電を導入する前に必ず確認しておきましょう。

太陽光発電の種類と固定価格買取制度

再生可能エネルギーと固定価格買取制度

太陽光発電の種類

産業用としての発電

太陽光発電というのは、大きく分けると2種類あります。
まず1つが、ビジネスを目的として利用される「産業用太陽光発電」です。
この産業用太陽光発電はスタート時から売電が目的になっています。したがって、発電した電力すべてを販売して収入を得るような仕組みとなっています。

自宅用としての発電

もう1つはソーラーパネルを自宅の屋根に設置して太陽光発電を行うものです。
この発電についてはまず家の中で電力を使います。そして余った電力を売却するという仕組みです。

固定価格買取制度

太陽光発電の売電買取制度があるのをご存じでしょうか。
現在、日本国内では多くのエネルギーが消費されています。そのエネルギー自給率はかなり低く、4%くらいしかないそうです。
そういうわけで、エネルギーをサポートするための制度があり、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」と呼ばれています。
そしてこの再生可能エネルギーの中に太陽光発電が含まれています。
それでは売電の固定価格買取制度というものは、どういった制度なのでしょうか。
この制度というのは、再生可能エネルギーをもっと普及させて、そして拡大することを目指して作られました。
この制度によってエネルギーを安定させることが可能となります。
この制度においては、一定期間の電力を国が決定した単価以上の価格で継続して買取することが義務付けられています。

気になる買取価格

家庭用ソーラーパネルからの買取価格については、2014年の時点で「37円/kWh」となっています。
家庭用については37円/kWhに対し、産業用太陽光発電での売電価格については「32円/kWh」となっています。
原則として買取価格については毎年見直されることになっています。最近の傾向としては設備が値下がりしたり供給量が増加したりすることによって価格が下がっていくようです。

発電した電力をどこに売るの?

いろいろある電力会社

いまひとつ知られていないことかもしれないのですが、どこに太陽光発電で発電された電力を売却するかについては自分自身で決めることが可能です。
おそらくたくさんの方が、その地域内の電力会社に電力を売却するものとお考えではないでしょうか。
この頃は、地域の電力会社だけに限らず電力を買い取りする会社が増加しています。
このように電力を買い取りしていただける業者が増加することにより会社同士の競争が起きます。そしてこの競争によって市場が活性化されていくのです。

新規の電力会社

太陽光発電の売電価格については、上記の制度により国が下限を決定しています。
わかりやすく言うと「最低限ある価格以上で買取しなければならない」といった価格があります。そしてその最低価格が、上記でご説明した「37円/kWh」となります。
その地域の電力会社は、この37円/kWhで電力を買い取りするのが一般的です。
地域の電力会社に対し、新規の電力会社というのは買取価格をアップさせる傾向にあるといえます。
言い換えれば「プレミアがつく」というものです。通常の買取価格に1円をプラスした「38円/kWh」で買取するような会社が登場してきています。
例をあげると、ソフトバンクグループにおいても電力の買取をしています。
言うまでもなく同じものを売却するのであれば、高く売却できる方が嬉しいのではないでしょうか。

導入の検討と電力会社選び

例えば、一定期間この37円/kWhで買い取るということを理解していれば、事前に予算を計画しやすくなります。
そういうわけで、近いうちに太陽光発電を家庭に導入しようとお考えの方も、「導入したけど採算が合わない」といったリスクをかなり減らせると思います。
もし太陽光発電の売電についてご興味があるという方は、地域の電力会社だけに限らず「他の会社も選ぶことができる」ということを意識しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください