電気代が安い会社はどこ?後悔しないための賢い会社選び

暖房の電気代を節約した部屋
「いずれにせよ電力会社を変更するのであれば、できるだけ電気代が安い方がいい」というように、ほとんどの方はこういったふうに思っているのではないかと思います。

スポンサーリンク

電気代が安い会社

電力自由化によって、いろいろな会社から電力を購入することができるようになります。したがって、どの会社から電気を提供してもらうかということは一番重要なポイントです。
もし最適な会社を選ぶことができれば電気代を大幅に節約することができます。ただし、間違った会社選びをしてしまうと逆に電気代が上がってしてしまう場合もあります。
しかしながら、たくさんある電力会社を比較してその中から選ぶと言うのは容易ではありません。
そういうわけで以下に電気代が特に安い電力会社をご紹介します。

電気代ってどうやって節約するの?北海道や東北ではこの方法!
電力自由化によって、いろいろな会社から電力を購入することが可能になりました。 この自由化にともなって会社間の競争も激しくなり、次から次...

ENEOSでんき

ENEOSでんきを利用すれば一人世帯の場合では、約206円くらい節約することができます。
またENEOSでんきのメンバーになると、ガソリン、灯油、または軽油などがリッターあたり1円割引されるサービスもあります。

イーレックス

イーレックスを利用すれば、一人世帯の場合では、約1202円くらい節約することができます。
なお四人世帯の場合は、約8068円くらい節約することができます。

HTBエナジー

ENEOSでんき、イーレックス、そしてHTBエナジーを比較すると、HTBエナジーを選ぶと最も電気代が安くなります。
一人世帯の場合では、約2520円の節約が可能となります。

なお、上記の電気代についてはプランに加入したときの金額ではありません。単純に契約して電気を利用した場合の電気代の節約金額になります。
したがって、さらにプランに加入することによって、より電気料金を削減することが可能になります。

ポイント還元が可能な電力会社

電気代を節約できる会社
今度はポイント還元でお得な会社をご紹介します。
近頃は、いろいろなポイントカードが利用されています。
例えば、楽天スーパーポイントやPONTAカードなど、うまく利用すればお得に貯めることができるサービスが増加しています。
そして最近話題となっている「電力自由化」については、いくつかの電力会社がこれらのポイントカードのサービスを提供しているのです。
ポイントカードのサービスというのは、わかりやすく言うと私たち電気の使用者が電力会社と契約することによって、ポイント還元することができるという仕組みとなっているのです。
ということで、以下にポイント還元することができる電力会社をご紹介します。

「Tポイント」を貯めることができる会社

このTポイントについてはソフトバンクが提供しています。ソフトバンクは東京電力と提携することによっていろいろなサービスを拡大しています。
なお、ソフトバンクは「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」とも提携することによって、電気代を払うごとにTポイントが付くようになっています。

「PONTA」を貯めることができる会社

PONTAについては、ドコモと東京電力が提携することによって始まったサービスです。なお、NTTドコモの利用者だけが東京電力とPONTAのポイント交換をすることができます。
ちなみに東京電力と契約した方は、TポイントまたはPONTAのどちらかを選択することが可能です。

「楽天スーパーポイント」を貯めることができる会社

楽天スーパーポイントを貯めることが可能な会社については、当然のことながら「楽天」に限定されます。
現在、楽天は電気だけに限らず、都市ガスなどもいろいろなサービスを繰り広げようとしています。今後は電気とガスのいずれを選んでも楽天スーパーポイントが付与されるといったサービスが展開されると言われています。

上記のように、電力会社によって利用できるポイントや付与されるポイントも異なってきます。
どの電力会社を選ぶか検討するときに電気代だけに限らず、ポイント還元についてもしっかりと理解することが重要です。

キャッシュバックがお得な会社

上記で電気代が安い会社やポイント還元がお得な会社をご紹介しましたが、今度はキャッシュバックでお得な会社をご紹介します。電力自由化というのは、今まで参入することができなかったたくさんの会社が電気を販売できるようになるのです。そのため会社同士の競争も激化します。
そうすると、新規のサービスであったり、お得になるプランが会社からいろいろ提供されることは容易に推測できます。しかし、「キャッシュバック」についてはどうなるでしょうか。
会社同士の競争が激しくなればなるほど、キャッシュバックの金額も今よりもアップしていく可能性があると思います。
そういうわけでキャッシュバックという切り口で電力会社を以下にご紹介します。

ENEOSでんき

キャッシュバックとして2000円をいただくことができます(2016年3月時点)。

イーレックス

イーレックスのキャッシュバックについては、ENEOSでんきの金額よりも1000円多い3000円をいただくことができます。
それに加えて、「価格.com」というサイト経由で申し込みをすると、JCBギフト券もいただくことができます(2016年3月時点)。

上記で紹介した会社だけではなく、特典やキャッシュバックやを利用して顧客を確保しようとする会社はたくさんあります。
1つの例ですが、ある程度まで会社の候補を絞り込んで何年かしたら会社を乗り換えし、その度に特典やキャッシュバックをいただくといった賢い方法もあります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください