「楽天Edy」と「Edy」の違いって何だろう?その違いとは!

エディ機能付きのクレジットカード
楽天Edyというのは楽天が実用化した電子マネーの名称です。しかし、以前から「Edy」という電子マネーがありました。それではこれらの電子マネーの違いは何でしょうか?

スポンサーリンク

「楽天Edy」とは

「楽天Edy」と「Edy」の違いって何?

楽天EdyとEdyの電子マネーそのものの違いはないのですが、以下のように運営する会社、サービス名、そしてロゴが変更になりました。

2012年5月31日まで 2012年6月1日以降
運営会社 ビットワレット株式会社 楽天Edy株式会社
サービス名 Edy 楽天Edy

楽天Edyカードの種類

楽天Edyの年会費については無料なので、気楽な気持ちで楽天Edyを持つことが可能だと思います。
現在、この電子マネーが急速に普及していますがメリットは何でしょうか。そのメリットというのはポイントが付くことです。
例えば、提携しているショップで楽天Edyを利用すればポイントが貯まっていくような仕組みとなっています。
なお、楽天Edyカードと言ってもいくつか種類があります。例えば、会員証が付帯されているタイプやクレジットカードと一緒になったタイプもあります。
また、大学などにおいては学生証と楽天Edyが一緒になっている場合があります。
このように楽天Edyのカードは使用者にとって使いやすくするように創意工夫されています。
楽天Edyを持っていたらそのカードを有効に利用することが重要になります。言い換えれば、いかにポイントを貯めるのかが重要となるのです。
もし効率的な貯め方を理解していれば、ポイントを貯めれば貯めるほど実質的なお金として手に入るのです。

登録方法

楽天Edyを利用するためにはまずはじめに登録をしなければなりません。
楽天ではよくキャンペーンを実施しており、登録時に400ポイント(変動することがあります)の楽天スーパーポイントを獲得することができます。
また、Edy機能付きの楽天のクレジットカードを申し込みすれば5,000円相当の楽天スーパーポイント(変動することがあります)を獲得することができます。
そういうわけで、登録する前にどれくらいポイントを獲得できるか事前にチェックして、キャンペーンをうまく活用しましょう。

楽天Edyの利用方法

支払方法

楽天Edyを含めて電子マネーついては、まず始めにお金をカードにチャージしなければ利用することができません。
電子マネーへのチャージについては、一般的には店頭や入金機でも可能です。また、銀行口座やクレジットカード会社からオンラインによってチャージすることも可能です。
楽天Edy利用するときはどのようにしたらよいでしょうか。その方法は簡単です。
ショップで食事をしたり商品を購入したりしたときに読み取り機に楽天Edyカードをかざします。そして支払が完了したら「チャリーン」と音がします。
このように気軽にチャージができる電子マネーがいかに便利かということを理解した方は、現金で支払うということを面倒であると思ってしまうかもしれません。
また、スマートフォンを持っているのであれば「おサイフケータイ」として利用することができます。
おサイフケータイとして使用する方法は簡単で、「楽天Edyアプリ」をスマートフォンからダウンロードすれば利用することができます。
そうすればスマホで支払いができますので、とても使い勝手が良くなるのではないでしょうか。

効率よくポイントを貯める方法

インターネット通販で楽天Edyのポイントを貯める

「もらえるモール」の利用

「もらえるモール」と言う楽天Edyや楽天スーパーポイントがもらえるサイトがあるのをご存じでしょうか。
もし楽天Edyを使って楽天市場で商品を購入すると200円に1ポイントが付くシステムになっています。このように楽天市場では0.5%の還元率となりますが、「もらえるモール」を利用すれば1%の還元率となります。
そういうことで商品を購入する方法を変えるだけで、ポイントを貯めやすくなりとてもお得な買い物になるのです。

その他のポイント制度の利用

この他にもジャックスモールやポンパレモールなどのようなモールを経由して商品を購入するとポイントを高くすることができるのです。
また、以下のように楽天市場以外で楽天Edyを利用することができるポイント制度(楽天Edyと連携)を利用することもできます。

  • ANAマイレージクラブ
  • GREE
  • T-POINT
  • ビッグポイント
  • Ponta
  • ヨドバシゴールドポイント

上記のように楽天Edyと連携しているポイント制度を利用すれば、両方のポイントを貯めることができます。したがって、その分だけお得になります。
このようにうまく買い物をすればポイントがどんどん貯まっていきますので、楽天Edyを利用してみましょう。

注意

なお、上記で説明しましたが、楽天Edyを利用するときに気をつけなければいけないのは、すべてのショップで電子マネーを利用できるとは限らないということです。
また、電子マネーを使えることができたとしても、楽天Edyについては使うことができないこともあります。
また、スマホやカードを紛失してしまったときに楽天Edyが不正に利用されてしまう可能性があります。
したがって、スマホやカードについてはパスワードや暗証番号によってセキュリティを強化することが重要です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください