「保活」って何のこと?気になったので意味を調べてみた!

保活の意味と仕事や保育園
保活」という言葉を耳にすることがありますが、保活というのは、子どもをもつ保護者が子どもを保育園に入れるために行う活動のことを指します。

スポンサーリンク

保活って何?

保活とは

近年では、保育園や保育所に入ることを希望していてもなかなか入ることができずに困っている保護者が増えています。
特に、都市部では保育園や保育所の定員よりも希望者の方が上回っているため、入所できずに待機児童となるケースも多いです。
「保活」という言葉は、このような保育園や保育所に入るための地道な活動を指す造語です。

増えている待機児童

「保活」を頑張っている保護者が増えている反面、保育所や保育園の数はなかなか増えない現状があります。
厚生労働省によると、厚生労働省が認可している保育所の定員は年々増えているものの、入所を希望するかたの数には追いついていない状況です。
最近は行く育児休暇制度が普及したことや不景気などの影響により、出産後も働く女性が増えています。
女性がバリバリ働くことができる社会になってきているのは良いことではありますが、子どもを保育園に預けることができずに困っている方も多いです。
待機児童をこれ以上増やさないためにも、保育園や保育所の増設を希望している方も多いです。

市区町村の取り組み

各市区小村では待機児童が増えていることに対して、何も対策を行っていないわけではありません。
自宅で保育することが困難な家庭の子どもが優先的に保育園や保育所に入所できるように、選考という形で対応しています。
選考方法は、保護者の生活状況を指数化するというものです。
仕事や出産、病気、介護などの生活状況を点数化し、点数の高い順に入所できるような選考方法が採用されています。

保活をしている人の取り組み

保活を頑張っている保護者の取り組みとしては、保育園や保育所に入所できる可能性を高めるために仕事の勤務時間を長くして就労に対しての点数を上げる努力をしている方もいます。
また、育児休暇を早く切り上げたり、待機児童の少ない地域へ引っ越しをしたりする方もいます。
場合によっては3歳児からでは入所できないこともあるため、0歳の頃から保活を始めている方もいます。

保活を始めるタイミングとは

保活を始めるには情報収集が大切

保活の意味と仕事や保育園
「保活」という言葉をよく耳にするけれど、具体的にいつから保活を始めたらいいのかを知りたい方も多いでしょう。
保活は保育園や保育所に入園するために、保護者がさまざまな努力を行うことです。
待機児童が年々増加傾向にあることは近年の社会問題となっており、なかなか解決されない問題の一つです。
仕事をしながら子育てをしたい方や職場復帰を果たしたいと考えている方にとって、保活を始めるタイミングは大切になっています。
また、保育園や保育所に入所させる前に情報をたくさん集めておくことも重要です。

保活ではどんな情報を集めればいいの?

保活で大切になる情報は、保育園や保育所の様子や活動内容です。
子どもを預けておく場所なので、どのような園であるかを把握しておくことは保護者としてとても大切です。
園の情報を集めるためには、入所を希望している保育園や保育所の見学を行いましょう。
希望に添った保育園や保育所が見つかったら、役所で入園の申し込み手続きを行います。

保活を始めるタイミング

保活を始めるタイミングは職場復帰の時期や赤ちゃんの誕生月によって違うため、自分の希望する時期に合わせて保活を始める必要があります。
また、認可保育園かそうでない保育園かによっても入園募集の時期が異なるため、注意が必要です。
認可保育園は次年度の春に入園する園児の募集を10月から始めています。
10月や10月直前から保活を始めていては募集に間に合わないこともあるため、10月より前に保活を始めましょう。
特に0歳児保育を希望している方は、妊娠中から保活を始めておくことをおすすめします。

保活は思っているより大変!?

保活は保育園や役所に何度も足を運ぶ必要があるため、思っているよりも大変です。
子どもが産まれてから保活を始めようと思っている場合は、育児の合間に保活を行う必要があるため、思っているように保活を進められないことも多いです。
産休・育休を取って職場復帰するタイミングで子どもを保育園に入れたいと考えている方も、妊娠中から保活を始めておくといいでしょう。

まとめ

  • 保活は社会復帰を考えているママにとってとても重要な活動です。
    しかし、育児や家事の合間に保活を行うことは体力的にも大変であるため、子どもがお腹にいるうちに保活を始めておくと、子どもが産まれた後に手続きを行うだけで済みます。
  • 希望していても保育園や保育所に入所できない可能性があるため、不安を抱えている保護者も多いです。
    両親共に働いて生計を立てている家庭も多いため、保育園や保育所を増やして待機児童がなくなるように社会環境を整えてほしいものです。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください