電気代ってどうやって節約するの?北海道や東北ではこの方法!

エアコン,クーラー,電気ストーブ
電力自由化によって、いろいろな会社から電力を購入することが可能になりました。
この自由化にともなって会社間の競争も激しくなり、次から次へとその会社独自のサービスが販売されています。

スポンサーリンク

北海道の電気代

電力を買うのであればできるだけ電気代が安い会社から購入するのがよいと思います。そこで、今回は北海道の電力事情についてどうなっているのか調べてみました。
ちなみに以下の記事も参考になると思いますので、ご紹介しておきます。

節約するなら今がチャンス!電力自由化の活用のすすめ!
電力自由化が2016年に新たに導入されます。 この電力自由化により、たくさんの企業が電気を売却できるようになります。したがって企業同士...

高い消費電力

北海道は都道府県の中で一番面積が広く、人口については546.5万人で全国で8番目に多い人口となっています。
北海道の電力については、有名な畜産や農業だけに限らず、大規模な工場がたくさんあるため、日本全国で総消費電力を比較すると多い傾向なのが特徴です。
北海道は寒さに厳しいため、冬場にたくさんの暖房が使用されることによってかなりの電力が消費されます。
例えば、全国の家庭用の電気代を比較してみると、「北海道電力」が最も高くなっています。
震災後に北海道電力は2回ほど電気代が値上げされました。しかし、日本国内で比較すると料金は26番目に安いということで、それほど高くありません。

安いガス代

また、北海道の寒さというのは電気だけでは補うことができません。したがって、ほとんどの家庭はガスに頼っています。
プロパンガスと都市ガスとを一緒にしたガス料金については、国内で最低価格となっています。したがって、ガスをメインに使用することで電気代を低く抑えるここができるのではないでしょうか。
それに加えて灯油を使用することによって、さらに低くすることができます。
他県と比較して北海道は寒いと言われており、他県よりも電力を消費しているように感じられるかもしれません。しかし、実際のところはそのようなことはなく、それとは逆に電力消費は低い方と考えられます。

青森県の電気代

青森県については、電気代は47都道府県中6番目となっており、かなり高めとなっています。
しかし、これからは電力自由化によって、電気代をより低い金額に抑えることができるようになっています。
できるだけ電気代を安くするようにするためには、それぞれの会社の電気代を照らし合わせて入念に選ぶことが必要です。
会社によってはユニークなサービスなどもたくさん提供されていますので、じっくり検討することをおすすめします。
電気代をできるだけ低く抑えるためには、会社選びの他に電気そのものの使用量を減らすことも重要になります。
青森県は北海道と同様に豪雪地帯が多いため、寒さ対策として暖房が使用されることが多くなります。そのため、電力の消費が大きくなってしてしまいます。
そうすると、いくら電気代が安い会社を選んだとしても、やはり料金が高くなってしまう傾向があります。

ガスの利用

そういうわけで、北海道のようにガスを利用してみることをおすすめします。
ガスについては料金が日本全国で2番目に安いと言われています。したがって、ガスをメインにして室内を暖めたりすることで電気代を大幅に少なくすることが可能になります。

東北電力の活用

東北電力が青森県の管轄になりますが、電力自由化によって大手企業との競争が激しくなっています。
このおかげで、今までなかったいろいろな料金プランが提供されています。そういうわけで東北電力についてはとてもおすすめです

宮城県の電気代

一般家庭,平均,冷蔵庫
宮城県については東北地方の中で一番人口の多い都道府県になります。
電気代は以前から比較的安いと言われています。また、ガス料金についても比較的安いと言われています。
宮城県は岩手県と同様に再生可能エネルギーに力を入れています。また、その再生可能エネルギーとして太陽光発電を利用しています。

電力を提供している会社

宮城県では以下のようなたくさんの会社が料金プランを提供しています。

  • 東北電力
  • イーレックス・スパーク・マーケティング
  • エネット
  • HTBエナジー
  • F-Power
  • KDDI
  • サイサン
  • J:COM電力
  • ミツウロコクリーンエネルギー
  • みらい電力

最適な料金プランの選択

これだけたくさんの会社が1人でも多くの顧客を確保しようといろいろなサービスを提供しています。そういうわけでそれぞれ料金プランを比較しながら最適なものを選ぶことをおすすめします。

岩手県の電気代

岩手県は、北海道の次に面積が広く、日本全国で2番目に大きい地域となっています。
岩手県は青森県と同様に東北に位置しています。そのため寒さ対策として暖房が必要になります。
このように暖房が必要となるとたくさんの電力が必要になると感じられるかもしれません。しかし実際のところは電気だけでなくガスや灯油も利用しているので、暖房によって電気代が高くなってしまうということはあまりないようです。

電力会社の活用

岩手県には「PPS」という大手の新電力として注目されている会社があります。また、県内に本社がある電力会社もたくさんありますので、それぞれの会社が激しい競争繰り広げています。そしてそのおかげで今までになかった電力料金プランがいろいろ提供されています。
そういうわけでまずはじっくりと比較して、会社を選ぶことをおすすめします。

再生可能エネルギーの活用

エアコン,暖房,平均
なお、電気代というよりも環境のことを考慮するのであれば、再生可能エネルギーを取り扱っている会社を選ぶことができます。
他県と比べて岩手県は再生可能エネルギーに力を入れています。そのため、比較的このエネルギーを利用しやすいのがメリットです。
会社が提供しているプランについてはそれぞれメリットやデメリットがあります。したがって、それらのメリットとデメリットをよく理解してから、どの電力を購入するか決めましょう。

茨城県の電気代

茨城県の電気代については、全国の電気代と比べて高めとなっています。
その電気代は47都道府県中37番目の安さとなっています。そういうわけで低料金だとは言いがたい料金となっています。
なお、茨城県は再生可能エネルギーを利用した発電に力を入れています。そしてその発電力は全国トップクラスとなっています。

東京電力の活用

茨城県内で電力を提供できる会社については、代表的ものとしては「イーレックス・スパーク・マーケティング」や「ミツウロコグリーンエネルギー」などたくさんありますが、その中でも「東京電力」がおすすめです。
東京電力が提供しているプランの特徴は、自分のライフサイクルに応じて安い電気代プランを選択することができることです。したがって、効率的に電気代を減らすことが可能となります。そのプランを以下にご紹介します。

東京電力の「朝特プラン」

「朝得プラン」は夜中に電気を使う方や、朝早く起きてからたくさんの電気を使う方におすすめのプランとなります。
午前1時から午前9時までの間は安い電気代が設定されているため、この時間帯だけたくさん電気を使用するようなライフサイクルの場合に、電気代を安くすることができるのです。
これに加えて、「半日お得プラン」や「夜得プラン」も提供されていますので、自分に合ったプランを選ぶことができます。
なお、これらのプランについてはいずれも加入条件がありません。したがって、誰でも利用することができます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください