住宅ローンの審査基準と「個人信用情報機関」の関係って何?

住宅ローンの審査基準と個人信用情報機関
住居を購入するにあたって、高額になる購入資金を「住宅ローン」で賄うという人は少なくありません。

スポンサーリンク

住宅ローンの審査基準【債務状況】

しかし、ローンという名のつく金融商品である以上、これには「審査」が必要になります。
審査においては、各金融機関ごとに「審査基準」というものがあり、これを満たしていないと審査に通ることはできず、住宅ローンを利用することはできません。
そこで、住宅ローンの審査基準について解説していきます。

住宅ローンの審査に通るためにはまず基準を理解すること!
銀行では、お金を預けたりするだけではなく「ローン」という金融商品も取り扱っています。 ローン商品は、一般的なキャッシングであるカードロ...

借金があるとマイナスに

まず、住宅ローンにかかわらず、融資を受けるための審査においては「現在の債務状況」というものが評価の対象となります。
具体的には「他社借入額」が多いほどに、審査においてはマイナス評価をされることになります。
当然です、他社借入額があるということは「貸し倒れを起こしやすい」ということになります。
住宅ローンにかかわらず、融資を受けた際には毎月決まった金額を「返済」しなければならず、それは家計を圧迫する原因となります。
なので、どこかで借金をしている状態だと、それに加えて住宅ローンの返済も上乗せされた状態では貸し倒れを起こしやすくなるため、他社借入額が少ない、もしくは全く無い人のほうが優良だと評価されます。

他社借入額を知ることが出来る「個人信用情報」

そんな他社借入に関しては、クレジットカードやカードローン、キャッシングなどさまざまな原因で発生します。
そうした情報は、全て「個人信用情報機関」に情報として登録されるのです。
個人信用情報は、こうしたキャッシングやローンに関する情報を常に把握しており、金融機関は自分が登録している信用情報機関から情報を引き出すことができます。
つまり、キャッシングやローンに関する情報を金融機関に隠しておくことはできず、細かい情報まで金融機関に知られることになります。
住宅ローンに申し込む際には、金融機関は個人信用情報を確認し、どこからお金を借り入れしているのか、何社借り入れているのか、それらの総額がいくらになるのかという金額の部分だけでなく、「きちんと返済しているのか」と言った返済状況や延滞情報などについても調べることができます。

申し込みの記述と信用情報との食い違い

個人信用情報機関と借入額
さて、住宅ローンに申し込むにあたっては申込用紙に必要事項を記入することになりますが、その項目の中に他社借入額について記載する部分があります。
前述のとおり、他社借入額が多いほどに審査においては不利になリます。
なので、人によってはこの部分を事実よりも少なく記載することがありますが、これも前述のとおりその人の他社借入額については個人信用情報に記載されている情報で確認することができます。
個人信用情報機関の情報は正確であり、これと申し込み内容に食い違いがあれば即座にバレてしまいます。
申し込み内容に嘘が混じっていれば、審査において大幅に不利に働くことになります。
また、本人が忘れているようなことでも、個人信用情報には記載されていることがあります。
特に「延滞」「債務整理」といった金融事故の情報は数年単位で記載され続けることになるので、本人が忘れているようなことが個人信用情報に残っていることがあります。
そういった情報は規定の年数が経過すれば抹消されるのですが、最長で10年も記載され続ける情報もあるので、本人でも覚えていないこともあります。
そうしたマイナスの情報があればあるほど、審査において不利に働くことは間違いありません。

他社借入額は審査に落とされる原因となるのか

ここで一つ確認しておきたいことは、「他社借入額があると審査には通れないのか?」ということです。
前述のとおり、他社借入額やその他のマイナス要素があれば、審査においては不利に働くことになります。
しかし、マイナス要素がある=審査には絶対に通れないということはありません。
ですが、マイナス要素が多いほどに審査に落とされる確率というものは大きくなっていくことは間違いありません。
また、審査自体には通っても、融資される金額が少なくなり、頭金を用意しなければならなくなることになる可能性もあります。
何にしても、審査においてマイナスポイントが多いほど、本来の希望内容そのままに審査に通れる可能性が少なくなることは確かです。
なので、マイナス要素の一つである「他社借入額」に関しては、住宅ローンに申し込む前に可能な限り返済しておくことが必要です。
さらに、既に完済しているカードローンの場合でも、解約していないかぎり「いつでも借金できる」ということなので、これもマイナス要素となります。
不要なカードローンはいつまでもそのままにしておくのではなく、解約してしまうことも住宅ローンの審査に通るために必要なことになります。

まとめ

  • 現在の借金の状況も審査基準の一つ
  • 借金の状況は「個人信用情報」に記載されており、金融機関はそれを確認することが出来る
  • 審査で嘘をつくと不利になる
  • 他社借入があっても審査に通る可能性がゼロにはならないが、不利になる
  • 住宅ローンに申し込む前に出来る限り借金を返済し、不要なカードローンは解約しておく
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください