住宅ローンの審査に通るためにはまず基準を理解すること!

住宅ローンの審査の基準
銀行では、お金を預けたりするだけではなく「ローン」という金融商品も取り扱っています。
ローン商品は、一般的なキャッシングであるカードローンだけでなく、特定の目的のために用意しているものもあり、「住宅ローン」がその代表例であると言えます。

スポンサーリンク

住宅ローンの審査について

さて、住宅ローンはローン商品の中でも最高クラスの高額融資になるものであり、多くのお金を借り受けるためには「審査」が必要です。
そこで、住宅ローンの審査について解説していきます。

住宅ローンの審査

社会人が普通に暮らしていくためには「衣」「食」「住」の3つが揃っている必要があります。
そのうち「住」に関しては「家」のことを指しますが、居住形態は人によって異なります。
大まかに分けて「賃貸」と「持ち家」の2種類がありますが、後者の場合はまとまったお金が必要になります。
それも、給料の何ヶ月分、いや何年分もの大金が必要になりますので、貯金だけで賄うことは難しいです。
特に新築でそれなりの大きさの物件ともなると、多額の資金が必要です。
そのお金を用意するにあたって多くの人が利用することになるものが「住宅ローン」です。
文字通り、住宅の購入にあたってお金を借りることのできる金融商品です。
その際には、カードローンや自動車ローンのように「審査」が必要になり、この審査に通らなかった場合はその金融機関からは住宅の購入資金を借り入れる事ができません。
審査の内情については金融機関ごとに異なるので、具体的な基準等については知ることができませんが、おおまかに審査の内容を知ることで、住宅ローンの申し込みに対するハードルを下げることに繋がるのではないかと思います。

住宅ローンの審査に対する考え方

さて、住宅ローンに申し込むにあたっては所定の審査を受けることになるのですが、その際には人によって考え方が異なるものです。
具体的には「審査に通って当然」と考える人もいれば、逆に「審査に通らないかもしれないが、そうなったらどうしよう」と不安を抱えている人も少なくありません。
そもそも、住宅ローンは個人が利用するローン商品の中では最高クラスの高額融資を取り扱うものであり、その審査は他の金融商品に比べて審査が厳密であり、カードローンほど気軽に利用できるようなものでもありません。
実際に、住宅ローンの審査に臨んで、審査に通った人もいれば審査に落ちたという人もいらっしゃいます。
もし、万全の体制だと思って審査に臨み、審査に落ちてしまった場合にはショックが大きくなることだと思います。
そうなれば、「自分は住宅ローンを利用することはできない」と思い込んでしまい、不動産の購入に対してマイナスイメージを抱いてしまう原因にもなります。
それもあって、住宅ローンの審査については前もって知っておくことにメリットが有るのです。

住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査の通るためのコツ
住宅ローンの審査において、絶対的な審査基準というものは断定することができません。
金融機関は、その人が提出した申し込み内容や「個人信用情報機関」からの情報を総合的に判断して、住宅ローンの審査に通すかどうかを決めています。
主な内容としては、申し込みした人の属性やその他の個人情報、購入予定の不動産の価値が審査基準の対象となります。
なので、本人に資産があって、他社からの借り入れに関して問題を抱えていない、返済能力に全く問題がないという優良な場合であると見えても、購入予定の不動産の価値が融資額に見合うものではないという場合には融資を断られてしまうこともあるということです。
逆に不動産価値は十分な水準であるとしても、その他の部分に問題があれば同様に融資できないということもあります。
つまり、どこか一点において優れた属性を持っている等していても、その他の部分で足を引っ張ってしまえば審査に通ることは難しいということになります。
可能な限り、全体的に審査基準として見られる部分の水準が高いことが、住宅ローンの審査に通るためのコツということになります。
審査基準として見られる部分のすべてが、自分自身でどうにかなるというものではありませんが、「すぐに解決できるもの」や「時間が経過することで解決することができる」ものであれば、それらを解決したうえで住宅ローンの審査に臨むことも選択肢の一つとして有効です。
まずは、どういった部分が見られるのか、その部分に何か問題がないか、それを正確に判断してから住宅ローンの審査に申し込むようにしましょう。

まとめ

  • 住宅ローンは高額の融資であり、住宅の購入に際して多くの人が利用する
  • 高額故に、誰でもおいそれと借りられるものではない
  • 単一の評価基準を見られるのではなく、審査基準を総合的に判断して審査の合否を決めている
  • 住宅ローンの審査基準を知り、審査の対象として見られる部分に何か問題がないか確認し、問題があればそれを解決してから審査に臨むことがオススメ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください