エアコンを購入したけど取り付けはどうするの?工事はどうしたらいい?

東芝エアコンの取り付け
エアコンを初めて家に取付けるときに気をつけなければばならないことがあります。
それはエアコンの取付け費用です。

スポンサーリンク

エアコン取付けの費用

標準工事料金

エアコンの取付けについては工事費用は業者ごとに異なってきます。また、新規でエアコンを買ったときには取付工事の費用を割引してくれるかもしれません。
なお引っ越しする場合は注意が必要です。引っ越しすると取付けに加えて取外しについても依頼しなければなりません。取付けと取外しを比べると同じくらい手間がかかります。したがって、単純に計算すると、2倍の費用がかかってしまうことになります。
まずはインターネットを利用して費用を調べてみることをおすすめします。家電量販店などのホームページでエアコンの購入費用と取付け工事の費用が掲載されています。
まずはじめに標準工事料金を確認してみましょう。
通常は標準工事料金でよいと思いますが、エアコンを取り付ける位置やエアコンのサイズによって料金が変わってくることがあります。そういうわけで自分の家のどこの場所にエアコンを設置するか考えましょう。
一般的に一人で作業できるエアコンのサイズで、はしごなどを利用しないで取り付けることができる場合であれば標準工事料金となります。

特別な料金

エアコンは大きく分けて室内機と室外機の2種類があります。
1つの例として室外機の取付け場所と費用について考えてみます。
マンションなどにおいては壁の途中に室外機を取付ける場合があります。
このように壁の途中に室外機を取り付けるときには特別な金具が必要です。そういう場合には取付け工事費用に加えて特別な費用が請求されることがあります。
そういうわけで工事を開始するにあたり前もって工事費用を確認しておくことが重要となります。
もし可能であれば、業者とどういった取り付け方をするのかについて打ち合わせをした後に工事してもらうようにしましょう。

エアコン取付け時の注意

標準工事に該当する?

エアコンを購入した後は室内に取り付けるための工事が必要となります。
したがって、購入費用だけでなく工事費用も考えておく必要があります。
上記でご説明したように、一般的にエアコンのサイズによって取付け費用というのは異なってきます。
また、今まで使用していたエアコンを取り外すための作業も必要となります。
なお取外しについては一般的に工事費に加えて、廃棄費用も請求されます。
エアコンについては、取付け状態やホースの長さに基づいて標準費用があらかじめ決められています。
そういうわけで、まずは自分の家のどこにエアコンを取り付けるか決めて、標準工事に該当するかどうかをチェックしてみましょう。もし標準工事から逸脱してしまっている場合は、標準工事よりも手間などがかかりますのでその分の追加費用が必要となります。
標準工事費というものは、ほとんどの場合エアコンを購入したときに一括で支払います。したがって、追加費用が必要になった場合は、そのときに工事業者に費用を支払うことが一般的のようです。

業者と打ち合わせをすること

エアコンの取付け工事を行う前に、どこにエアコンや室外機を設置するか決めておくことをおすすめします。
もし高いところにエアコンを取付けざるをえない場合は、取り付け作業というものはかなりの手間となってしまいます。また、特別な取付け金具が必要になってくる可能性があります。
このように状況によっては手間などがかかって追加費用が発生する可能性があります。そういうわけで取付け場所が決まっているのであれば、エアコンを購入するときに工事費用について業者に相談しておくことにしましょう。
そうした方が思いもよらぬ作業が発生しないため、円滑に取付け業者の作業も進むのではないでしょうか。また、結果として工事費を安くすることにつながります。

自分でエアコン取付け

エアコンと室外機の取り付け

工事は手間がかかる?

電気工事についてよく知っている方であれば、工事費用を節約するために自分で家電品を取付けることもあると思います。
なおエアコンについては室内機と屋外機を接続する必要がありますので、家電品の取付けの中では最も手間がかかる商品だと思います。
そうは言っても自分で取付けることができないということではありません。
自分で取り付けるときに最も問題となるのは、室内機と屋外機を接続するためのパイプを通す穴になります。今まで取付けられていたエアコンを取外して、新しいエアコンを取り付けるのであればすでに穴が開いていいます。そういうわけで、この場合は自分自身で取付ける作業は難しくないと思います。
ただし、初めてエアコンを取り付ける場合は自分で壁に穴を開けることが必要となり手間がかかります。
自分で取り付けることができればよいのですが、どうしてもできないと言う場合は業者に依頼することになります。そういう場合は、取付け費用は一般的には1万円から2万円くらいが相場となります。
費用については、エアコンを取り付ける場所やエアコンと室外機との距離などによって多少の追加料金が発生することもあり得ます。

廃棄処分の費用は必要

また、古いエアコンを取り外しする作業についても料金が発生すると思います。
なお業者によっては取外し作業については取付け作業のサービスとなることもあるかもしれません。
ただし、エアコンを廃棄処分をするための費用については必ず支払わなければいけないのです。
これについては不法投棄を防止するために、法律によって義務化されているためです。
そういうわけでエアコン単体の商品価格だけでなく廃棄処分などにお金がかかることを理解しておくようにしましょう。
なお、自分でエアコンを取り外した場合でも、廃棄処分が必要であることに気をつけなければなりません。
一般ごみと一緒にエアコンを捨てることはできないのです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください