毛布を洗いたいんだけどどうしたらいいの?3つの方法を教えます!

クリーニングで毛布を洗う方法
寒い季節に使う「毛布」、夜の寒さを和らげてくれる必須のアイテムの一つです。
肌に直接触れる部位もあり、毎日のように使う毛布は、使わない季節にはきちんと洗ってあげたいと思いませんか?

スポンサーリンク

毛布を洗いたいんだけど!

しかし、毛布を洗うことはなかなかに重労働、決して片手間にできることではありません。
そこで、毛布を洗う方法について考察してみました。

毛布を洗う3つの方法

冬の間は毎日のように使う「毛布」ですが、寒くなくなればしばらく役目がなくなります。
冬場の感謝を込めて洗ってあげたいところですが、これがなかなかに面倒くさいもので、いざ毛布の洗濯について考えると溜息がこぼれてしまいます。
毛布の洗濯とは、なかなかに悩ましい問題でもあるのです。
さて、先程から「毛布を洗濯する」という表現をしていますが、その方法にも種類があります。
具体的な方法としては「クリーニング」「自宅洗い」「コインランドリー」という3つの方法があるかと思います。
3つの方法それぞれにメリット・デメリットが有りますので、実際に毛布を洗いたい時にはこれらのメリットとデメリットを理解し、その上で選択しなければならないのです。

クリーニングで毛布を洗う

まず最初の方法として「クリーニングに出す」という方法があります。
クリーニングに出すだけなので、毛布を洗うアクションは発生しません。
これだけ楽に毛布を洗濯することができる分だけ、お金がかかってしまいます。
それも、家族で暮らしている世帯の場合、毛布は人数分だけ存在していることになりますので、それだけ多くの出費が必要になってしまいます。
おまけに、クリーニング店が近所にあれば良いのですが、遠くにしか無いのであれば遠くまで毛布を持って行くという手間が発生してしまうというデメリットも存在します。
ですが、最近では「ネットクリーニング」というサービスが有り、自宅から動くこと無く毛布をクリーニングに出すことも出来るようになりました。
しかも、送料は必要なく、クリーニング代だけ支払えば毛布を洗うことが出来るのです。
もちろん、費用面での問題は残りますが、近所にクリーニング店が無いという世帯の場合、クリーニングで毛布を洗う方法としてネットで申し込みをするという方法もあることは大きな要素となることでしょう。

自宅洗いで毛布を洗う

次の方法としては「自宅で毛布を洗う」という方法です。
自宅洗いの場合は、毛布の種類を確認する必要があります。
毛布についている「タグ」を確認し、手洗いがOKであることを確認しておきましょう。
また、最近は洗濯機に「毛布洗いコース」という機能が搭載されていることもありますので、その場合は洗濯機で毛布を洗うことが可能になります。
洗濯機で毛布を洗えない場合には、浴槽で足を使っての押し洗いという方法もあり、そこまで手間がかかることもありません。
どちらの方法にしても、そこまで専門知識やテクニックが要求されることはなく、毛布の素材の確認だけをきちんと行っておけば、大きな失敗はありません。
しかし、自宅洗いで毛布を洗う場合の最大の問題点は「乾燥」です。
大きな毛布は簡単には乾かすことが出来ません。
地域によっては、日照時間や天候にも大きな差があり、毛布を洗いたい時期にこれらの問題点が重なってしまう場合だと、なかなかしっかりと毛布を乾燥させることができなくなってしまいます。
この点は、天気予報などをしっかりと確認し、毛布を洗うタイミングを図ることで対処するようにしましょう。

コインランドリーで毛布を洗う

コインランドリーで毛布を洗う
上記のように、自宅洗いはクリーニングのようにお金がかかる方法ではありませんが、その分だけ乾燥の手間と問題が発生してしまいます。
しかし、クリーニングに出すには経済面での問題を無視することが出来ない・・・
そんな場合には「コインランドリー」という方法がおすすめの方法になります。
コインランドリーはクリーニング代ほどの金額を支払わなければならないということはなく、相場としては2000円未満で解決することが出来ます。
大型のランドリーの機械の場合、3枚くらいなら一気に洗濯から乾燥まで通しで行ってくれるので大変便利です。
クリーニング店に比べて、コインランドリーは比較的あちこちに点在しているので、距離の問題も解決しやすいのではないかと思います。
このように、クリーニング、自宅洗い、コインランドリーと、それぞれに一長一短あり、それぞれの特徴を踏まえた上で毛布を洗う方法を選択することが出来ます。
各家庭の事情などを考慮した上で、最適な方法を選択することが必要になります。

まとめ

  • 毛布を洗う方法としては「クリーニング」「自宅洗い」「コインランドリー」がある
  • クリーニングは費用がかかり、運搬の手間が掛かるがネットで申し込むことも出来る
  • 自宅洗いは素材次第で、洗濯機でも洗うことができるが乾燥の問題が発生する
  • コインランドリーはその中間の特徴を持っている
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください