外壁塗装で失敗しないために必要なことって何だろう?

シリコン系塗料で外壁塗装
外壁塗装についてはいろいろな種類があります。
塗装はそれぞれ特徴があり、費用にも違ってきます。そういうわけでどの塗装をを選ぶかについては所有者である自分自身が決定しなければなりません。

スポンサーリンク

人気の外壁塗装

シリコン系塗料が人気

ちなみにフッ素系塗料やシリコン系塗料が人気のある外壁塗装です。
費用についてはフッ素系塗料が高くなります。ただし費用が高い分耐久性はあるので長持ちします。
そういうわけで塗装の費用を比べるときは耐用年数もチェックしておきましょう。
家の外壁を塗り直すときに色をがらりと変えるといった場合もかなりあります。その理由というのは何か家が新しくなったような感じがするからです。
壁の種類によっては最適な塗装の種類というのも異なります。なお人気のある塗料はシリコン系塗料と言われています。
一般的にシリコン塗料の寿命は10年以上と言われています。したがって、10年サイクルで塗り替えをすればよいと思います。

家の外壁塗装ってどんな種類があるの?費用はどれくらい?
外壁塗装というのは住宅の保全をするために必要不可欠な処置となります。 定期的に外壁塗装をすることが保全のために必要となります。ただし、...

費用や日程などの検討

まずはこれから何年くらい住んで何回くらい塗り替えが必要であるか考えてみることをおすすめします。
また、参考として周辺の家の外壁についてどのような状態か様子を見てみましょう。
もし、周辺の家と比べて自分の家の壁が色落ちしているようであれば、できるだけ早く壁を塗り替えた方がいいかもしれません。
ここで前回の外壁塗装をしてからどれくらい経過したか思い出してみましょう。
もし記憶にないくらい前に塗装をしたのであれば、できるだけ早く塗装をし直すことが重要となります。
なお塗料の材質が違うと費用も違ってきますが、色が違うと費用が違ってくるということはないようです。
ただし、珍しい色を選んでしまうと塗料を取り寄せるのに時間がかかってしまう可能性があります。
そういうわけで、まずは工事の日程などについて塗装業者と打ち合わせするようにしましょう。

外壁塗装の流れ

外壁塗装をしたときの家
外壁塗装をするときはどのような手順で塗装が行われていくのかについて以下にご説明します。
どの程度の費用を想定しているかによって手順は異なることになります。ただし、大まかな流れというのは同じです。
業者を決定して外壁塗装に関する契約を結んだ後、塗装業者は塗装の準備に着手します。
なお塗料の購入と足場などを準備する必要があるので、契約したらすぐに塗装に着手できるとは限りません。

  1. 塗装をするにあたって、まずは近隣の家に挨拶することが必要になります。
    これは近隣の家に対して、ご迷惑をおかけするということになります。したがって前もって挨拶をしておくことが大切なのです。なお、業者が挨拶を行ってくれますので費用がかからないというのが一般的です。
  2. 近隣の住民の方への挨拶が終わった後、家の周辺に足場を組みます。
    屋根の傾斜角度や家の形などに合わせて、足場を適切に組まなければならないということが義務付けられています。
    このようにしっかりと足場を組むということは、事故防止と効率アップの観点から必要な作業となっています。
  3. 足場を組んだ後は壁の洗浄を行います。
    壁というのは長い間雨風にさらされた状態なので、ほとんどの壁はかなり汚れています。したがって、高圧洗浄をして汚れをしっかり落とすのが一般的です。
  4. 最後に目視によってしっかり汚れが落ちているかどうかをチェックします。
  5. それから後は塗装に入っていくわけですが、塗り直しの場合は新築の場合と手順が違ってきます。
    塗り直しについては今まで塗られていた塗装をはがしていく作業が必要です。
    ここできれいに塗装をはがしておかなければ、せっかく塗り直したのに塗料の効果が半減する可能性があるのです。
    これらの塗装をはがして塗り直すという作業というのは人手による作業となります。したがって、どの程度丁寧に作業をしていただけるかがポイントになります。

結局のところ、外壁塗装というのは「業者の選定を考えること」につながるということなのです。
ただし、今まで依頼したことがない業者の実績や評判については、よくわからないと思いますので、業者選びをする前にインターネットなどを利用して情報をチェックしてみることをおすすめします。

外壁塗装業者の比較

比較サイトの利用

外壁塗装をするのであれば、上記でご説明したようにまずはインターネットを利用して塗装業者の比較をチェックしてみることをおすすめします。
自分の家の外壁塗装をするので、やはり自宅の近くにある塗装業者を選んだ方がいいと思います。
また、ただ単に費用を比較するということだけではなく、どれくらいその業者を信頼することができるかということも確認することが重要です。
塗装の費用の中には業者の利益も含まれています。そういうわけでもし極端に費用が安いときは何らかの事情があることも考えられます。
塗装を行ってしまうと見た目はきれいに仕上がっていても、塗装の下にどういった処置が施されているのかわかりません。
塗り直しをすると10年以上は何もしない状態が続きます。したがって、その間は塗装によって家がしっかりと保護されている状態でなければ意味がありません。

実績と評価の確認

塗装をした後に表面だけを確認したとしても、問題がないかどうか判断できないことに注意が必要です。
そういうことから実績があって信頼できる業者を選ぶことが重要となります。
インターネットで比較サイトにアクセスしてみると、ひとつひとつの業者の実績と評価を確認することができます。
ここで気をつけてほしいことは「一般の人々が塗装業者を選ぶということはとても難しい」ということです。
そういうわけで、情報を収集したい場合、塗装業者の比較をしてくれるサイトを利用することがポイントなのです。

費用を安くするコツ

一般的に塗装費用を安くしたい場合、相見積もりを取ることによって費用を下げることができます。多くの比較サイトが複数業者の一括見積のサービスを提供していますので、利用してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください