【暇つぶし】空いている時間に自分の夢や目標をスケッチしてみる

夢をスケッチしている女性

時間が空いたときに何もすることがなく、いつの間にか時間が過ぎてしまったということはないでしょうか。そういうときは自分の夢をスケッチしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

自分だけのスケッチブック

夜が長い時間になるシーズンでは、ぽっとしている時間が長くなってしまう場合があるものです。
雑誌を読んだり、アルコールを傾けつつもバックグラウンドミュージックを聴いたり、DVDを見て楽しんだりとさまざまなひとときの時間の使い方があるのはないでしょうか。
そうは言っても、何となしに別にやることもないこともあり得ます。何かしらをやるには集中する力がイマイチみたいな感じになる時があると思います。

まずはスケッチしてみる

そのような場合はノイズを全て除去して、アロマを焚いたりとかキャンドルを灯して、メモ帳やミニサイズのスケッチブックにイタズラ描きなどするというような過ごし方もあります。それぞれが夢に描いているものや、それぞれの小さなゴールようなものを、ササッと簡単イラストを描いてみてはいかがでしょうか。
ボールペンだけでもかわいらしくでき上がるのですが、すでにあるカラーボールペンや色えんぴつというようなもので、ちょいちょいっとカラーをプラスすると妙に充実感に浸れたりするものです。素晴らしいと思ったもののみを描写するというような決め事で、ひらめいた時にサクサクスケッチして追加してみてはいかがでしょうか。

スケッチしたものが現実化する

度々スケッチを見返すことにより、脳に書き込みされるその待ち望んだものは、はっきりとそういったものを呼び寄せてくるようになると思います。
このようなことは思いがけないことだとお考えでしょうか?このことは潜在意識の中に植え付けをおこなっているので、自分では忘れ去っているように感じていても、潜在意識の中が注意を払うということから引き寄せといわれるような作用をするわけです。
作り上げられたイラストを眺めてリアルになったことを頭にインプットするようにしましょう。
なんてことはないイタズラのではありますが、ドキドキ楽しくなる毎日になると思います。

自分だけの夢の地図を作ってみる

いつもなにげない生活の中で、ある瞬間に何もすることがないようなことはないでしょうか。テレビやDVDを見ていてもつまらなくて何となく時間を過ごしてしまうような時です。

まずは自分の夢をスケッチしてみる

ここで小さ目のスケッチブックを用意してみましょう。大きな紙でスケッチする方法もあるのですが、個人的にはノートやメモ帳のの方がおすすめです。そのノートやメモ帳に、自分の夢や欲しいものなどを、ページ別に分類するなどしてイラストを描いていていきます。
もし時間的に余裕があれば色鉛筆や、マーカーペンなどで色をつけるとさらに効果的です。また、イラストが苦手な方は、雑誌の切り抜きでも問題ありません。
スケッチのポイントとしては、自分が楽しくなることに絞って描いていくことです。後でスケッチを見て、心が躍るような感じになるのがよいです。なお、また後で考えようとしても、思っていたよりもイメージが浮かばないので、ひらめいた時にいろいろと描き足していけばよいでしょう。

潜在意識にインプットする

描き足し以外の時でも、何度も何度もスケッチを開いて眺めてみましょう。我々の秘めたるパワーは想像以上にすばらしいのです。繰り返し見ることによって、徐々に潜在意識に書き込んでいくのです。
潜在意識にインプットされると、自分では意識していなように見えても、潜在意識がリアルものとなるように作用していきます。
このようなことを「引き寄せ」と呼ぶことがあります。しかし、引き寄せは決して魔法ではありません。ちゃんと自分自身の力で引き寄せるものなのです。なお、スケッチするときの注意点は、必ずポジティブなものにすることです。
暇つぶしでワクワクしながら、夢をGETしてみましょう!

心を込めて便りを書いてみる

メッセージが記載されている手紙

スマートフォンの普及より、相手に手紙を送るというような習慣がなくなってきたような気がします。そういうことで手紙を出すことも受け取ることも、ほとんど見られなくなったのではないでしょうか。

はがきを書いてみる

空き時間ができたタイミングに、手紙などの手書きのお便りを送付してみてはいかがでしょうか。もしお便りを送るのであれば、便箋と封筒ということではなく、はがきが好ましいかと思います。文字は、わずか2, 3行くらいにして、その他の空きスペースで遊んでみるといったことはいかがでしょうか。
一般市民の頼もしい味方の100円ショップには、とても素敵なシールが販売されています。そういったシールを活用して、電子メールでいったら絵文字のイメージで、文字と雑ぜ合わせてみるのもユニークではないでしょうか。

はがきの内容をを工夫してみる

シールなどを活用したものは小さい子が喜ぶと思われます。もしはがきを送る機会があれば、お孫さんなどに送るようにしてみると、とても喜んでもらえると思います。
大人についても女性の方々場合は、かなり喜んでもらえると思います。クイズスタイルや紙芝居スタイルで、続きが楽しみになる方法も喜んでもらえるかも知れません。これまで以上に凝ったものを送りたいときには、バースデーカードといった様な感じで、自分自身でカードを作ってみるのもいいと思います。
シールについてこだわってみるのもいいと思います。3次元的ですごく素晴らしいシールもたくさんあります。コラージュのような感覚で配置して、心を込めたメッセージをサラっと書き入れて、ひっそり送信してみるのも1つの方法です。

心を込めて送ってみることが重要

いつもなら機械的なメッセージが主体となっていますが、急にこういった思いやりがある温かいメッセージが届いたらきっと喜ぶと思います。間違いなく心の中に響き、かけがえのないお便りとなると思います。
温かみを忘れてしまった現代、ほんの1枚のはがきで誰かを救い出すことができるのではないでしょうか。
このようにすることで幸せな気持ちにしてあげられるのは間違いないと思います。ぜひ実践してみましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください