VR動画ってすごい!リアルな映像と音声を体感してみる?

VR動画のアプリでバーチャル・リアリティ体験
2016年は「VR元年」と言われています。
テレビや雑誌でも大々的に取り挙げられていますが、それを耳にしただけでは「近未来的なデバイス」としての認識しかできません。

スポンサーリンク

VR動画とは

ならば、VR動画とはどんなもので、どのような分野で人々の役に立つのか、細かく見ていきたいと思います。

VR動画とは何か?

「VR動画」とは、略さずに言えば「バーチャル・リアリティ動画」のことです。
日本語で表現すれば「仮想現実の動画」となります。
もう少しわかりやすく表現するとすれば、「実際には、そこには存在しないもの」を、あたかも「現実に、そこに存在するもの」として表現する動画の仕組みのことです。
この仕組を利用する方法として、現時点では「ヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)」を装着することにより、「視覚」および「聴覚」によってバーチャル・リアリティ動画の世界を体感することができます。
もちろんこれは現実のものではありませんが、技術の進歩によって実際の感じ方にかなり酷似した世界を実現することができます。
仮に、VR動画内の物に触れようとすれば、まるで本当にその動画内の物品や生き物に触れているかのような感覚を味わうことができます。
映画やアニメの世界の中では、近未来的な技術としてVR動画に似た技術が登場することもありますが、架空の技術レベルではないにしても、今までになかった新しいコンテンツの提供などに影響を及ぼす技術であるといえます。

自宅内でVR動画を楽しむ

VR動画のアプリでバーチャル体験
VR動画は、前述の通りヘッド・マウント・ディスプレイによって体験することができます。
これはゲームセンターのような特定の施設での楽しみ方だけではなく、ヘッド・マウント・ディスプレイやソフトウェアを用意することによって自宅内でも楽しむことが可能です。
例えば、狭い部屋の中でも「サーフィン」や「スケート」のような、特定の場所や道具を揃えないと体感できないスポーツを擬似的に体験することができます。
もちろん、前述の通りそれに必要な装置などを揃える必要があります。
基本的な内容としては、パソコンなどの「映像を出力する装置」と、ヘッド・マウント・ディスプレイを用意することで準備はできます。
今までテレビなどでVR動画についての特集などを見たことがあるという人はご存知かもしれませんが、VR動画の準備がきちんと整えられていれば、そこには機械的に作られた映像が映し出されます。
機械的、とは言えども、人々はそれを「実際の風景」として体感することになります。
映像が揺れれば、それを見ているユーザーも自分の体の揺れを体感することになります。
これが、前述のスポーツを体感できる理由の一つです。
いくらリアルな映像を用意しても、それだけではただのテレビ映像です。
揺れを体感できるからこそ、サーフィンやスケートといった、スピーディーなスポーツをリアルに体感することができるのです。

VR動画の利用法

このように、VR動画は今までになかった新しいコンテンツとして期待されています。
それと同時に、VR動画を「医療目的」に利用するということについても期待されています。
例えば「医者の手術の訓練」「患者の苦痛緩和」など、リアルな映像や感覚を体験することができることを、より高度な医療に役立てようという動きです。
実際、これはきちんとした技術体系と普及の促進により、医療の品質を向上することが期待されます。
もちろん、こうした先進的な技術を医療現場に、といったことだけではなく、「趣味」の範囲内でも相当な影響をおよぼすものと予想されます。
例えば「家庭用ゲーム」としての利用においても、VR動画は注目されています。
どういったコンテンツが用意されているのか、どういったサービスが配信予定であるのか、それについては興味のある分野についてネットで調べてみると良いでしょう。
「VR動画 ◯○」で検索をかけてみると、意外なところでVR動画の利用が期待されているということがわかります。
現時点では、現実的なサービスとしては「ゲーム用」としての利用法が最もポピュラーですが、例えば「コンサート映像」を3D映像として取り込み、これをユーザーに配信して楽しむという利用法もあります。
それによる経済効果についても興味をそそられるものですが、まず単純に一人のユーザーとして、VR動画の普及と技術の進歩、より安価な技術の登場などを期待したいところです。

まとめ

  • VR=バーチャル・リアリティ
  • VR動画=バーチャル・リアリティを駆使した動画技術
  • ヘッド・マウント・ディスプレイの装着を基本として、視覚と聴覚でリアルな映像と音声を体感することができる
  • 装置などを揃えれば、自宅内でスポーツを疑似体験することもできる
  • 体の揺れなどをリアルに体感できる
  • 医療現場での活用も期待されている
  • 現状では「ゲーム」としての利用法が最も現実的だが、今後はさらに多分野におけるVR動画技術の活用が期待される
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください