VR動画の配信サービスってどんなものがあるの?人気のコンテンツは?

VR動画の配信と人気のコンテンツ
昨今、さまざまなメディアで「VR動画」と呼ばれるものが注目を集めています。

スポンサーリンク

VR動画の配信サービス

何らかの動画の種類であることはすぐに理解できますが、いあっまでの動画技術とは何が違うのか。
そして、どういったサービスに繋がるのかを理解しないと、その流れに置いていかれてしまいます。
そこで、VR動画を使った「動画配信サービス」について考察していきます。

VR動画ってすごい!リアルな映像と音声を体感してみる?
2016年は「VR元年」と言われています。 テレビや雑誌でも大々的に取り挙げられていますが、それを耳にしただけでは「近未来的なデバイス...

動画配信サービス

インターネット技術が世間一般に普及し、今ではスマートフォンを使って外出先でもこれを利用することができる時代となりました。
そんなネットワーク技術を媒介としたサービスの一種に「動画配信」と呼ばれるものがあります。
文字通り、動画を配信するサービスです。
動画配信サービスは、今では数多くの企業が提供しているサービスです。
数多くの企業は、動画配信においてはライバル関係にあるわけで、当然ながらそこには「競争」が生じます。
企業間競争の主な内容として、動画配信サービスにおいてもさまざまな工夫が為されています。
これによって、他社から顧客を流れ込ませるわけです。
サービス事業においては、その分野の新しい技術を盛り込むことは重要な事です。
動画配信サービスにおいては、それが「VR動画」なのです。

VR動画とは?

VR動画とは、「バーチャル・リアリティ動画」のことであり、専用の機材を利用することで実際にはそこに無い映像と音声を再現し、リアリティ溢れる感覚をユーザーに提供するものです。
VR動画は近未来的なイメージを持たれる方も少なくないのですが、実はその技術自体は既に完成されており、今はこれを利用する方法を模索する段階となっています。
動画配信サービスもその矢面に立っている状態です。
動画技術の一つなのですから、これを動画配信サービスに盛り込まないわけがありません。
しかも、VR技術を利用するための機材はゲーム機のように家庭用に購入できるものであり、配信サービスとの相性も抜群です。
企業間競争に生き残るためにも、この新しい技術を応用したサービスを展開しないわけがありません。

どんなサービスが展開されるのか

VR動画の配信と人気のコンテンツ
ただし、どんな動画サービスでも良いというわけではありません。
特に、最初期のサービスとなると、これをきちんと選ばないと市場を構築することが難しくなります。
当然ながら企業はコストを支払うことになりますので、これに躓く訳にはいきません。
単純な話、せっかく新しい技術をサービスに取り込むのですから、やはりその技術を利用したサービスは「ユーザーに求められているもの」に利用する必要があるということになります。
では、VR技術を利用した動画コンテンツとしてはどんなものが求められているのかと言えば、現状では「映画のコンテンツ」が主流ではないかと言えます。
やはりリアルな体感ができる映画のコンテンツはお金が動きます。
求められているサービスであり、市場が大きいためお金もどんどん動きます。
VR動画が進歩していく中でどんどん一般向けコンテンツにも利用されることになるとは思いますが、動画配信サービスで最初にVR動画を利用することになるのは映画のコンテンツであると推測できます。

映画のコンテンツの中ではどんなジャンルがVR動画を利用するのか?

もちろん、映画のコンテンツであれば何でも良いというわけでもありません。
映画のコンテンツにもお金を動かせるものとそうでないもの、つまり「人気のジャンル」があるわけです。
人気のないジャンルにお金を投資しても、見返りは少ないです。
最初期のコンテンツとしては、人気のジャンルでユーザーを集め、注目してもらい、これを普及させる必要があります。
配信する側としては、ユーザーの声を反映させて、売れるジャンルでVR動画コンテンツをどんどん展開していくものと考えられます。

VR動画コンテンツの今後

しかしながら、VR動画についてはそれだけで終わることはないでしょう。
例えば現在、ネット上では「MMD」と呼ばれる3D動画コンテンツが人気を集めていますが、これは無料のアプリケーションやモデルデータを使うことで誰にでも(技術は必要ですが)3D動画を作成できます。
それと同じように、VR動画も将来的にはもっと身近なものになり、ちょっと機材を用意すれば誰にでもVR動画を作成することができるようになるかもしれません。
そんな中で、お金を支払ってでもVR動画を利用したいとなると、コンテンツの質も向上することになります。
未来の話は確かなことは言えませんが、今後もVR動画の発展を見守っていくことが楽しみです。

まとめ

  • 動画配信サービスにおいて、VR動画を利用したコンテンツが期待されている
  • 中でも「映画のコンテンツ」においてVR技術を利用した動画配信サービスが主流となると予想される
  • 次第に一般向けのコンテンツにもVR動画を利用したサービスが登場すると予想される
  • 将来的には個人レベルでVR動画を作成する技術が普及する可能性もある
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください