SIXPADの使い方を調べてみた!3ステップで23分がポイント!

二の腕,メタボ,改善

腹筋などに貼り付けるSIXPADに興味があり、いろいろ調べました。前回の記事でメリットや効果などをご紹介しましたが、今回は使い方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

SIXPADで強制的に筋肉強化

EMSとは

前回の記事で同じようなことをご説明しましたが、今回はおさらいということでEMSについてもう一度ご説明します。

SIXPADレビュー!腹筋につけるあの器具が気になったので調べてみた
海外の某プロサッカー選手がCMで腹筋に装着していた商品「SIXPAD」のことが気になったので、原理や効果などを調べてみました。 S...

SIXPADは「EMS」と称される器具に分類されます。なお、EMSは筋力トレーニングの効果や減量効果が期待できると言われています。EMSというのは「Electrical Msucle Stimulation」の頭文字を取った略で、「電気的筋肉刺激」を意味します。一般的に私たちが自分自身の意思で体を動かすときには、脳から筋肉、筋肉から神経、そして筋肉を動作させるための筋肉といったように体の中で連係するように動作する仕組みになっています。
1つの例として脳が「腹筋を動かせ」といった命令を出さないかぎり筋肉は動くことができません。
また腹筋を鍛えようとした場合、その腹筋の周りの筋肉も連動して動くような仕組みになっています。
上記のように私たちが体のある部位を動かすためには、他の器官や筋肉が複雑に連動するようになっているのです。

デメリット

しかしSIXPADのようなEMSというのは上記のような各部位による連動が取れません。そのため部位ごとに単独で運動させることになります。
例えば腹筋の筋肉を鍛えたいというときには、腹筋、腕などにEMSを貼り付けることによって電気を流すといったようにその部分の筋肉だけといったようにピンポイントで強制的に鍛えていくことになります。
したがって、全身をバランスよく鍛え上げることができないというデメリットがあります。

メリット

しかし、このようなデメリットだけではなくメリットもあります。
一般的に筋肉をより鍛え上げるためには追い込みをするように「もう無理だ」という限界レベルから高い負荷をかけて意図的に鍛えることが重要となります。しかし、疲労しているときに高い負荷をかけて運動するとなるとかなり難しい思います。
一方、EMSを利用すれば私たちの意思とは関係なく、筋肉を強制的に動かすことができます。したがってより深く筋肉を鍛えることができるのです。

SIXPADの使い方

有酸素運動,無酸素運動,カロリー制限

いろいろなダイエット器具を利用して減量にチャレンジしている方はたくさんいらっしゃる思います。
SIXPADというのは上記でご説明したようにEMSを利用した器具です。しかしその他のEMS器具とはちょっと違いがあって使いやすさが抜群のようです。
SIXPADの使い方ですが、以下のように3ステップです。

  1. 腕、お腹や脚などの痩せたい部位にSIXPADを貼る。
  2. SIXPADの電源をONにする。
  3. 好きなように出力レベルを調整する

いくら効果が期待できる器具であっても、使いづらいとしたら意味がないと思います。使いやすさの観点で考えてみると、SIXPADは非常に使い勝手の良い器具だと思います。

どれくらいの使用回数で効果があるのか

1日1回使うだけ

SIXPADは減量効果が見込めるということなので、毎日何度も使ってみて短時間で減量効果を出したいと思っている方がほとんどではないでしょうか。それでは正直なところ毎日どのぐらい使うことにより減量効果が出てくるようになるのでしょうか。
SIXPADを製造しているメーカーであるMTGの推奨によると毎日1回使うだけで十分効果が得られるようです。
SIXPADというのは電気を流すことによって筋肉を刺激します。そして収縮を繰り返すことで筋肉に刺激を加えていきながら徐々に鍛えていくといった方法です。
筋肉というものは刺激を与えるほど鍛えられるというような気がします。しかし、一定レベルの刺激を加えると筋肉は疲労が蓄積されていきます。そしてその一定レベルを超える刺激に対して反応しにくくなってしまうといった結果が得られているそうです。
要するに、毎日1回以上SIXPADを使用してもあまり効果が期待できず、時間だけがかかってしまうということになります。

23分間の継続使用

MTGが調査したところ、SIXPADを使用したときに最も効果が期待できるのが「23分間使い続けること」という結果が得られたそうです。したがって、SIXPADの1回あたりの使用時間の設定値は23分だと言われています。
というわけで、「朝または晩のどちらかにおいて1日1回23分SIXPADを使用すること」が推奨されています。
例えばですが、朝1回使用したとします。そうすると夜には筋肉の疲労も回復している可能性があります。
そういったときは夜においても1回使用するといったサイクルにするとさらに効果が得られやすいようです。

SIXPADだけに頼らないことが大切

日頃の生活の見直し

上記でご説明したように、SIXPADは腹筋などに貼るだけで筋力トレーニングをすることができ、しかも減量効果が期待できると言われています。 そういうことでSIXPADだけを使って減量をしようとお考えの人も少なくないのはないでしょうか。
確かにSIXPADのみでも減量効果は期待できます。しかし、より減量効果を得ることを考えるとSIXPADにあまり頼り過ぎないといったことも重要になります。
ということで日頃の生活についても少し見直してみることをおすすめします。

具体的に何をするか

「SIXPADの効果が感じられない」と製品の性能などにケチをつけている方は、日頃の生活をチェックしてみるといいと思います。
いくらSIXPADを使っていたところで、日常的にお好きなものを気の済むまで食べていたとしたら意味がないと思います。
消費カロリーに比べて摂取カロリーが過多になると当然痩せることができません。したがって、飲みすぎや食べ過ぎについては気をつけることが重要です。
食事について3食をしっかりと食べることも重要です。また、生活が不規則にならないように気をつけることも重要です。
不規則な生活をしていると新陳代謝を下げるきっかけとなります。そうなってしまうとSIXPADを使っていくら基礎代謝をアップさせたとしてもまったく効果が期待できないと思います。

規則正しい生活をするためにはまずは睡眠です。できるだけ夜更かしをしないようにして決まった時間に起きることができるよう心がけましょう。
また、ストレスも大敵です。そういうときはテレビを見て楽しんだり、音楽を聴いたり、または入浴したりと自分ならではのストレス発散法を実践することでストレスを解消していくようにしていきましょう。
上記のように日頃の生活を改善していくことによって、SIXPADの効果をよりアップさせることができるのです。

まとめ

  • SIXPADのおすすめの使用回数は朝1回23分、夜1回23分の2回
  • 毎日の生活を改善することでSIXPADの効果を高めていくことが重要
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください