ダイエットを考えた場合、運動は食前がいいの?それとも食後なの?

減量するためのダイエットと有酸素運動
痩せるためには運動が効果的だということは、誰もが知っていることだと思います。
ただ、食後に運動をした方がいいのか、食前に運動した方がいいのか分からないという方は、少なくないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

運動は食後にした方が痩せるの?それとも食前にするのがいいの?

今回は、痩せるための運動は、食前にするのがいいのか、食後にするのがいいのかということについて紹介していきたいと思います。

1番痩せる方法は、「有酸素運動」と「無酸素運動」を組み合わせること!

脂肪を燃焼させるのに効果的なのは、心拍数を120程度の有酸素運動を行うことです。
筋トレなどの無酸素運動もダイエットに効果がないわけではありませんが、筋トレでは脂肪を燃焼することはなかなか難しいです。
ただ、筋肉をつけて基礎代謝をアップさせることで、運動をしていなくても脂肪を燃焼させられるような体にすることができます。
そのため、痩せる方法として1番いいのは、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせることです。
そうすることで、太りにくくて痩せやすい体を手に入れることができます。

空腹状態だとすぐに脂肪燃焼ができる!

空腹時というのは、血糖値が低い状態になります。
そのような状態であると、膵臓から「グルカゴン」というホルモンが分泌されて、脂肪分解酵素である「リパーゼ」を活性化させてくれます。
リパーゼが活性化されると、体脂肪は溶け出して血液中に流れ出るようになります。
そのタイミングで有酸素運動をすると、血液中に溶け出している体脂肪を燃焼させ、痩せることができるのです。

食事後の運動は、食後2~3時間後にしよう!

食後すぐに運動をすると、消化が悪くなってしまうので、体によくありません。
そのため、食後2~3時間後の血糖値が安定した状態で運動をするようにしましょう。
20分程度の運動をするだけで、アドレナリンとノルアドレナリンが分泌され、リパーゼに働きかけをするため、脂肪の分解を始めてくれます。

まとめ

ここで紹介したように、食前でも食後でも、運動をするタイミングを間違えなければ、効果的に痩せることができるといえるでしょう。
どちらのタイミングで運動するかは、自分の生活に合わせて選ぶといいと思います。
また、痩せやすい体質をつくるために、運動をするときは無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて行うといいと思います。
太りにくく痩せやすい体質を作っておくことで、普段の生活の中でも脂肪が燃焼されるようになるので、ダイエットが苦しいものではなく、楽しいものに変わっていくのではないでしょうか。

筋トレと有酸素運動の重要性

無酸素運動と有酸素運動

筋トレは無酸素運動、ランニングなどは有酸素運動です。
この無酸素運動というのは、筋トレをしていない人には馴染みのない言葉だと思います。
ここでは、無酸素運動について説明していきます。
減量するためのダイエットと無酸素運動

無酸素運動とは

「無酸素運動」というのは、言葉のとおり「酸素を使わない運動」をすることをいいます。
短時間に、習慣的に力を発揮させるため、「グリコーゲン」を主原料としています。
無酸素運動の主なものは、筋トレや短距離走です。
これらのトレーニングは時間をかけずに筋肉を鍛えることができます。
他のトレーニングと組み合せる場合は、有酸素運動よりも先に筋トレを行います。
この順番を間違えてしまうと、効果が得られなかったり、逆効果になってしまったりすることがあります。
無酸素運動というのは、エネルギー代謝がメインになっています。そのため、そのあとに有酸素運動で一定の負荷をかけたトレーニングを行うようにします。
このようなトレーニングを行うことで、シェイプアップ効果が見られます。

有酸素運動とは

「雄酸素運動」は、弱い力で筋肉に力を入れることができます。
そして、20分以上有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼の効果が現れます。
有酸素運動は、酸素を使ったエネルギー代謝がメインとなる運動です。
短時間でのトレーニングではなく、有酸素運動は一定時間行います。
主なトレーニング内容としては、水泳やエアロビクス、競歩やウォーキングなどが挙げられます。
それぞれの目的に合わせて運動時間を調整する場合が多いです。

無酸素運動と有酸素運動のバランス

無酸素運動も有酸素運動も「体を引き締めたい」「痩せたい」と思っている方には、欠かせない運動になります。
ただ、偏った運動をしていてもなかなか効果が得られないので、バランスよく取り入れていくことが大切です。
また、痩せるために筋トレを始めると、筋肉がついたと思うかもしれません。
しかし、それは今まで使っていない筋肉が刺激されることによって、血統量が増えただけです。
筋トレを始めてすぐに筋肉がつくことはないので、誤解しないようにしてください。

効果の現れ方

無酸素運動と有酸素運動を交互に行うようなトレーニング方法が良いとされていますが、「体が引き締まる」「痩せる」というような効果はその日のうちには現れません。
効果が実感できるようになるまでには時間がかかるので、1~2ヶ月はトレーニングを続けて様子を見ましょう。
その間に結果が出ないと諦めてしまうか、トレーニングを続けるかで運命は分かれてきます。

まとめ

シェイプアップというのは体の健康づくりでもあります。
そのため、無理に短期間で痩せようと思わないで、長期的な目で見て取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください