膝の関節の痛みを予防するにはどうしたらいいの?

膝の関節の痛みと解消法
人間には、さまざまな「体の部位」が存在します。
中には日頃から多数の場面で利用する部位もあり、その中にはさらに「異常が発生すると日常生活に多大な悪影響を及ぼす」という部位も存在します。

スポンサーリンク

膝の関節の仕組み

そんな部位の一つと呼べるものが「膝関節」であり、高齢になるほどにこの部位に痛みを覚える人が少なくありません。
そこで今回は、私たち人間の「膝関節の仕組み」について解説していきたいと思います。

痛みも発生する膝関節の仕組み

私たちは、時には膝の関節の痛みを訴えるようなことがあります。
体の痛みは外傷性のものもありますが、多くの場合は内因性のものであり、外見では何を原因としているかはっきりと理解できない体の痛みや不調も少なくありません。
そんな膝関節は、ではどのような仕組みをしているのでしょうか?
まず、関節であり、脚の中心を担っている膝関節は、当然ながら「曲げ伸ばし」の運動を行うことができる部位です。
また、同時に膝関節は「体全体を支えるための重要な部位」でもあるということは、多くの人がはっきりと意識できていないことも事実です。
膝と呼ばれる部位は、もう少し具体的に述べると「大腿骨」と「脛骨」をつないでいる部分であると表現することもできます。
また、いわゆる「膝の皿」「膝蓋骨」と呼ばれる部位も存在します。
そして、膝の内部には膝関節を動かすための「軟骨」と「半月板」と呼ばれる部位が存在しています。
半月板は、体を支えるための「クッション」としての役割を担っている重要な部位でもあります。
そしてさらに、これらの骨をつないでいる部位である「靭帯」が4本存在しています。
これらの部位が相互に作用する仕組みによって、膝が全体重を支えながら膝関節の曲げ伸ばしを行うことができるのです。
単純に2本の骨が合わさって膝関節を形成しているというイメージを持つ人も少なくありませんが、このように複数の部位に分けて説明すると、いかに膝がそこまで単純な部位ではないということ、複数の複雑な部位の組み合わせによって私たちの体において重要な役割を担っているかがよく分かるかと思います。

膝の痛みによる弊害

そんな重要な膝は、正常な状態であれば意味もなく痛みを発生させるようなことはありません。
しかし、一度痛みを発したり、そうでなくとも何らかの不調を訴えた場合には、なかなか完治しない部位であることも事実なのです。
前述の通り、膝関節は体の全体重を支えている重要な部位であるため、ここに何らかの異常が発生するとその異常に対して体重による負担がさらに不調を加速させる結果となりかねないのです。
何十キロという負荷がかかるわけですから、想像することは難しいことではないと考えられます。
そして、発生している異常が「膝の痛み」である場合には、これを我慢しながら日常生活を送らなければならなくなるということでもあります。
例えば、これが「左肘の痛み」であれば、左手を使わなければそこまで痛みを発生させることもなく、自然治癒に専念することも難しくありません。
しかし、膝関節となると立っているだけで膝に負担がかかるので、これによって発生する痛みを軽減するためには「立って歩かずに生活する」という、およそ日常生活とは言えないレベルの生活を余儀なくされてしまいます。
運動選手の中にも膝を傷めてしまい、その治療のために長い時間を必要とすることも少なくありません。
むしろ、運動選手のようにより膝に負担がかかりやすい人たちの場合は、そうでない人たちと比較して膝関節に異常を訴えるケースは決して珍しいものとは言えないでしょう。
そして、前述の通り膝関節は体の重要な部位であり、これに負担をかけずに生活することは難しく、特に激しい運動などもってのほかです。
運動選手の場合、膝関節の治療のために戦線離脱を余儀なくされるケースが多いです。
このように、膝関節の痛みや異常は、私たちの日常生活を大きく脅かす存在となるのです。

膝関節をよく理解し、負担を軽減して日常生活を送る

膝の関節の痛みと解消法
日頃の生活の中での行動において、いかに膝関節に負担をかけずに済ませる事ができるかということが、膝関節の痛みを予防するために重要なことです。
そのためには、膝関節がどのような仕組みであり、どういった場合に大きな負荷がかかりやすいのかを理解することが重要です。
同時に、どういった動き方や運動が膝関節にとって良い行動となるのかを知ることも重要です。
高齢になるに従って膝の痛みを訴える人が増加しますが、そうなってくると今までと同じように歩いて生活をおくることが難しくなり、それが全体の筋力を低下させる原因となって、最終的に寝たきりを促す結果となりかねません。
場合によっては、年齢ではなく「病気」を原因として膝の痛みを発生させる事も考えられます。
「膝が痛い」と感じた場合は、早めに病院で検査を受けることをオススメします。
放置すると膝の状態を悪化させる可能性もあり、日常生活に及ぼす悪影響も大きくなりかねません。

まとめ

  • 膝は曲げ伸ばしの働きだけではなく、体全体を支えるという重要な役割を担っている
  • 一度、傷みが発生すると完治させるのが大変である
  • 膝関節の仕組みを知り、異常を感じたら早めに病院で診てもらうことが重要である。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください