ライザップの気になる口コミと成果を出す方法を教えます!

ライザップのトレーナーの口コミ

「痩せたいならライザップ!」過剰なまでのTVCMが功を奏したのか、サブリミナル効果などという生易しいものではなく、「ライザップに行けば絶対痩せる!」と思っている人が増えているようです。
でも、初めての所に行くのは勇気が要るもの。知り合いが行ったことがあるのなら情報を得ることもできますが、そうでない場合臆病になってしまいがち。

スポンサーリンク

気になる口コミは?

口コミのチェック

こういう時に便利なのがネットの口コミ。初めての場所に行く時の下調べとしてネットで検索するのは、誰でもやっていることだと思います。特に大枚をはたく場合、がっかりしたくないですから、当たり前です。
私も先日、ミシュランに選ばれたレストランに予約を入れようとして口コミをチェックしたら、「どこがミシュラン?」という意見がたくさん掲載されていてびっくり。結局予約するのを止めてしまいました。
もちろん、来訪者や経験者が「良くない」と言っても、それは絶対評価ではありません。「たまたま」その人に合わなかっただけ、ということかもしれません。
例えば東京のうどんを食べた関西人は「醤油が濃すぎる」と思い、大阪のうどんを食べた関東人は「醤油をけちって塩の味が強すぎる」と思う。それと同じことで、「自分には合わない」=「悪い」と考えてしまう人が多いのです。
さて、そこでライザップの口コミです。実際に通った人の7割が満足しているという結果が出ているそうですが、「じゃあ、あとの3割は?」と思いますよね。
実際、あるQAサイトで「体重を大幅に落とすためライザップに通いたい。でもネット検索したらライザップに対する苦情がたくさんヒットしてしまい、迷っている。なぜこんなに苦情が多いのか?」と質問している人がいました。
その質問に、ある体験者が回答しています。

「ライザップにいろいろな苦情があるのは知っているし、全額返金保証制度を利用している人もいると聞いている。だが、トレーナーの組んだスケジュールを守り真面目に取り組めば、成果を得られない訳がない」

この回答を読むと、本人がやる気を持って努力すれば、間違いなく成果は上がるのではないか、と感じませんか?

ちなみにライザップのメリットとデメリットも記事にしていますので、参考にしていただければ幸いです。

ライザップの料金体系、メリットやデメリットを調べてみました!
最近、街でランニングしている人や、ワンちゃんの散歩にしてはトレーニングウェアとランニングシューズでばっちり!な人が増えていますよね。...

悪い口コミではなく、良い口コミを読もう

ライザップはマシントレーニングのほか、低糖質ダイエットもおこないます。低糖質ダイエットだけでも、真面目にやれば3ヶ月で10キロの減量は可能です。でも、誰でも出来るか、と言うとそうではありません。
筋肉トレーニングも同じで、例え自宅に高価なトレーニング機器を揃えても、サボらず正しくトレーニングを続けられるか?という問題が出て来ます。
それを強制的にやる、やらせるのがライザップです。ホームページを見ればわかりますが、ライザップは「楽して簡単に体脂肪が落ちるようなダイエット方法ではない」と明言しています。
ですから、苦情の口コミではなく、成功者の口コミを良く読んだほうが良いと思います。皆さん「テキトーに通ってたら痩せたよ~」なんて書いていませんよね。皆さん、本当に努力して美ボディを手に入れているのです。

ライザップで成果を上げる方法

ライザップのトレーナーの口コミ

では、ライザップで成果を上げるにはどうしたら良いのでしょうか。実際に通われた方、現在通っている方の口コミを参考にして見て行きましょう。

ライザップで成果を上げるには大きく分けて3つの方法があります。

「やる気」で成果を上げる

成功者が異口同音で話すのが、「自分のやる気を高めて、一所懸命に取り組む」ということ。
やる気があれば、時にはつらくて止めたくなっても自分を鼓舞できます。そのうちに結果が少しずつ出て来ます。そうすれば「やればやっただけの成果が出る!」と更に一所懸命になれるのですね。
体験者の口コミを読むと、「トレーニングはかなりハードだと感じることもあったけれど、努力すればしただけの結果が出た」という喜びの声が多くあります。

相性のいい「トレーナー」の指導で成果を上げる

もう一つ大事なのが、「トレーナーとの相性が大事である」ということです。良い悪いではなく、どうしても「合わない」人っていますよね。
何度かトレーニングをしてみて、相性が悪いと感じた時は我慢せず、トレーナーを変えてもらいましょう。言いづらいかもしれませんが、お金を払っているのはあなたです。あなたはライザップで最上のトレーニングを受ける権利があるのです。

「仲間との交流」を通して成果を上げる

2ヶ月間は短いようで長いもの。一人ではつい弱音を吐きたくなることもあります。
そんな時、「そうそう、あれキツイよね~」「やばい、ケーキ食べちゃったよ~どうしたらいい?」なんて、グチや相談を言い合える仲間がいれば、モチベーションが下がらず、「みんな頑張ってるんだ、私もやるぞ!」という気持ちになりますよね。
ネットを検索すると、同じような思いの人たちが作ったサイトがいくつもあります。やっぱり誰でも悩みや心配事をかかえながら通っていて、仲間が欲しいと感じているのです。
こういったものも利用して、ぜひ2ヶ月間頑張って欲しいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください