夏バテ対策をするにはタンパク質の他にビタミンがいいみたい!

夏バテ対策とビタミン
暑い時期になると、どうしても「夏バテ」という存在を無視することができません。
食欲が低下し、日常生活に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

スポンサーリンク

夏バテ対策【食事(ビタミン)】

できることなら、夏バテ知らずで夏を過ごしたいと思いませんか?
そこで、夏バテを解消するための栄養の1つ「ビタミン」について解説していきます。

夏バテとビタミン

夏バテ対策として、「ビタミンを多く摂取する」ということが言われています。
要するに、ビタミンを多く含んだ食べ物を積極的に食べるということです。
サプリメントから摂取するという方法もありますし、ビタミンのサプリメントはサプリメントの中では単価が安い部類なので、利用しやすいのではないかと思います。
ですが、やはり自然な食べ物から摂取したいという気持ちもあるはずです。
なので、今回は食べ物からビタミンを摂取するということを中心に話を進めていきたいと思います。

夏バテ対策ならどんな食べ物がいいの?たんぱく質の多いものがいいみたい
暑い時期になると気になってしまうのが「夏バテ」です。 時には仕事にも悪影響を及ぼす存在であり、出来る限り回避したいものです。 夏バテ...

ビタミンが豊富な食べ物

まず、ビタミンが豊富に含まれている食べ物としては「豚肉」「枝豆」「豆腐」「うなぎ」「レバー肉」等が挙げられます。
特にこの中でも豚肉や枝豆、豆腐といった食べ物は同じく夏バテ対策として重要な栄養である「タンパク質」も豊富に含んでいる食べ物であるため、非常に効率よく栄養を摂取できるということになります。
夏バテ対策に重要な2大栄養素であるビタミンとタンパク質を同時に摂取することも考慮すると、豚肉や豆類を積極的に食生活に組み入れることが重要であるといえます。

ビタミンの中でも夏バテ対策に重要なビタミンB1とB2

夏バテ対策に効果があるうなぎ
さて、ビタミンと一言に言っても、ビタミンCやビタミンAなど、さまざまな種類のビタミンが存在します。
どのビタミンも人体にとって必要な存在ではあるのですが、夏バテ対策としては特に「ビタミンB1」「ビタミンB2」を摂取することが効果的であるとされています。
このビタミンB1とB2を豊富に含む食材として「うなぎ」が挙げられます。
夏バテ対策としてテレビや雑誌で取り上げられることの多い食材ですが、その理由はビタミンB1とB2が豊富に含まれていることに由来するのです。
この時期は食品スーパーの鮮魚コーナーに並ぶことも多く、あるいは惣菜コーナーで丼物として売られていることも多いです。
自宅で調理するのではなく、出来合いの商品をほとんどそのままの状態で食べることになるので、調理が面倒だという人でも購入することができるかと思います。
ネックなのは値段の高さであり、そう毎日のように食べることは難しいのではないかと思います。
しかし、たまに少し贅沢をしても良いだろうと負い場合、夏バテの危ぶまれる時期にはうなぎを食べることも選択肢として考慮してはいかがでしょうか?

ビタミンBと一緒に摂取したい「クエン酸」

そんなビタミンB1とB2なのですが、実はクエン酸を同時に摂取することが効果できであるとされています。
ビタミンB1の疲労回復効果に関して、クエン酸にも同様の疲労回復効果として乳酸の分解作用が期待できます。
夏バテを解消して暑い夏を健康的に乗り切る方法として、クエン酸を同時に摂取することが効果的なのです。
そんなクエン酸ですが、基本的に「酸っぱい食べ物」に多く含まれています。
具体的には「梅干し」「レモン」「お酢」「ポン酢」といった食品に含まれています。
どれも酸味のある食べ物ですね。
これらの食品を効果的に食生活に取り入れることで、より高い夏バテ対策効果を発揮してくれることでしょう。
とは言え、単体ではおかずとして成り立たないものが多いので、例えば「冷奴にポン酢をかける」とか「肉料理にレモンをかけて食べる」といったように、他の夏バテ対策の食べ物と一緒に食べることで、美味しく夏バテ対策をすることができます。
他にも、ビタミンが豊富に含まれる食材の1つである「ゴーヤ」を使った料理、例えば「ゴーヤチャンプルー」といった料理も、夏バテ対策として有効な料理であるといえます。
もちろん、食べ物には好き嫌いやアレルギーの問題等がありますが、ビタミンやクエン酸となると選択肢が豊富なので、好きな食べ物、食べても問題ない食べ物を選びやすくなると思います。
料理が好きな人は、夏バテ対策の食材を集めて、新しい料理のレシピを考案したり新しいアレンジの仕方を工夫してみても面白いかもしれません。
出来る限り美味しく、楽しく夏バテを解消し、暑い季節を乗り切っていきたいですね。

まとめ

  • 夏バテ対策となる食べ物は「ビタミンが豊富な食べ物」である
  • ビタミンが多い食べ物としては豚肉や枝豆、豆腐などが挙げられる
  • ビタミンの中でも特に夏バテ対策になるのがビタミンB1とB2であり、これを多く含む「うなぎ」が夏バテ対策として有名な食べ物である
  • ビタミンB1やB2を効果的に摂取する方法として「クエン酸」を同時に摂取することが好ましい
  • 夏バテ対策の食材を組み合わせた「夏バテ対策料理」を食べるだけではなく、自分で作ってみたり新しいレシピを考案することも楽しめる
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください