ライザップの食事制限やトレーニングが厳しいときの「返金保証制度」

リバウンド,口コミ,評判
ライザップのコース料金は2種類あります。基本的なコースは「ボディメイクスタンダードコース」で、もう1つのコースは「ボディメイクプラスコース」になります。
いずれも料金は高めに設定されているので、「入会した後に思うような結果が得られなかったら・・・」と考えてしまうとなかなか入会できないと思います。
そこで、そういうときのために以下の返金制度をご紹介します。

スポンサーリンク

ライザップの2ヶ月30万円は本当に高いか

ホームページなどを見ればわかるように、ライザップの料金は決して安いものではありません。
2ヶ月で約30万円するとなると、二の足を踏む人が多いのではないでしょうか。
でも、実際に体験した人がそれに不満を感じなかったのであれば、結果的には決して高くはなかった、ということになりますね。
ちなみに以下の記事で料金体系についてご紹介しております。

ライザップの料金体系、メリットやデメリットを調べてみました!
最近、街でランニングしている人や、ワンちゃんの散歩にしてはトレーニングウェアとランニングシューズでばっちり!な人が増えていますよね。...
ライザップの料金が高いのにはワケがある!気になるそのワケとは?
ライザップのコース料金は決して安くはないと言われています。しかし、安くはないということはそれだけの価値があるということではないでしょうか...

糖質制限の管理

口コミを読むと、「筋肉痛になったけれどボディラインが締まった」「トレーナーの指導通りに食事のアドバイスを守ったらすごく痩せることができた」という喜びの声が多いことがわかります。
もちろん、全員が成功した訳ではありません。低糖質の食事制限がどうしても出来なかった、と言う人が多いようです。
糖質制限というのは、慣れてしまえば決して難しいものではありません。ライザップの制限はかなり厳しいので初めのうちは間違えてしまうことはあるでしょうが、1ヶ月もすればどんな食材が糖質が多いか、どんな調理方法をすれば糖質を抑えられるかわかって来ます。
ごはんにこんにゃくや野菜を混ぜれば糖質を半分にすることも可能ですし、砂糖の代わりに甘味料を使うこともできます。
ただ、一人なら何とかなっても家族と同じ食事が食べられない、友達と外食が出来ないというのがつらい、という意見もありました。
これに関しては「たった2ヶ月なのに」という反論もライザップ成功者からありますが、その人その人で譲れない部分は違いますから、こればかりは仕方のないことでしょう。

厳しいトレーニング

リバウンド,食事,口コミ
もう一つ多い理由は「トレーニングが厳しすぎた」というものです。
日頃運動をしていない人にとっては、負荷のかかるトレーニングはかなりきついもの。
しかもトレーナーがそばにいて適当にごまかすこともできませんから、「通えば痩せる」という安易な考え方で行くと失敗する確率が高くなるのです。

ライザップの返金保証

30日間全額返金保証制度

ライザップには以下のような保証制度があるのですが、ご存知でしょうか。

30日間全額返金保証制度

最近は「もし思うような結果を得ることができなかったら全額を返金いたします。」などといった保証制度があるのをよく目にします。
アメリカではこういった保証制度は古くからあり、特に通販では「何十回着た服でも、気に入らなくなった時点で返品可能」という制度がよくあります。
日本ではそこまでする販売方法はほとんどありませんが、そこで注目を浴びたのがライザップの「30日間全額返金保証制度」です。

保証制度の内容

TVCMで多くの芸能人が結果を出しているのを見ると、自分もああなりたい、と思うものです。
時間のコントロールが一般人ほどうまく出来ないであろう彼らがあれほど痩せるのなら…と期待してしまいますよね。
でも、実際には上に書いたように、失敗する人もいますし、失敗かどうかわからないけれど、最初の1ヶ月で効果が出なかったという人もいます。
そういう人たちのためにあるのが、上記の「30日間全額返金保証制度」です。
ライザップでは最初の1ヶ月で満足できるだけの結果が出なかった場合、全額返金するという保証制度を打ち出しているのです。
プログラム開始から30日間はいかなる理由でも、ご納得いただけないときは、全額を返金いたします」と会則に謳ってありますから、もしどうしても続けられないと思った時には返金してもらうことができるのです。
利用開始日から30日以内に申し出るなどの規定はありますが、以前のような細かい規定はなくなりましたから、安心してスタートできるのではないでしょうか。
とはいえ、「ダメ元でやってみよう」という気持ちで始めると、良い結果が出づらくなることは明らかです。
ちょっと厳しいトレーニングメニューになるとすぐ「もう辞める!」という逃げ道になってしまうのであれば、お金は戻って来ても何も得るものはありません。
それに、回りの人がぐんぐん痩せていくのを見ながらの退会は、「自分は何をやってもダメなんだ」とかなり精神的にダメージを受ける人もいるようです。
また、糖質制限を始めると何となく頭がぼーっとして集中力がなくなる、ということを訴えて辞める人もいますが、50g摂っていれば普通はそこまでの症状は出ないと言います。
ダイエットしているんだから、と自分を極限まで追い込んでしまい、必要以上に糖質を制限してしまったか、これまでの生活で糖質を摂り過ぎていたため脳が禁断症状を起こしているのが原因だと考えられます。

自分の目標のために貪欲になること

リバウンド,苦情,効果
わざわざ時間を作って、交通費をかけて通っている以上、「これでダメなら一生痩せることはできないんだ」というくらいの気持ちで行なうことが必要ではないでしょうか。
そして、何でもトレーナーに相談し、指示に従うことが希望するゴールへの最短到達の道だと思います。
万が一トレーナーと相性が合わない時は替えてもらうことも可能ですから、「万が一の時は全額保証制度がある」というのは頭の片隅に留めておく程度にして、自分の目標のために貪欲になることが一番大切ですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください