「ナボナ」が好きなので名前の由来とか調べてみた!

ナボナはおいしい人気のお菓子
ギフト向けの商品の中には、「これ、何語だろう?」と変わったネーミングのお菓子がありますよね。
「なぜこんな名前が?」と店頭でつい不思議に感じて、手にとってしまうケースもあるでしょう。
東京土産として有名になった、自由が丘・亀屋万年堂の洋菓子『ナボナ』も不思議な可愛らしい商品名が付いています。
不思議な名前の由来と、安定した美味しさの秘密をご紹介します。

スポンサーリンク

「ナボナ」とは

ナボナという名前の由来

亀屋万年堂は東京自由が丘にて、間口わずか2間の小さな和菓子屋として創業1938年(昭和13年)12月18日しています。
創業当時は純粋な和菓子の店でしたが、戦後になり和菓子と洋菓子のエッセンスを取り入れる形でナボナを開発し、メイン商品となりました。

ナボナ(Navona)というの商品名の由来は、イタリアにある「ナヴォーナ広場」からとったとされています。
創業者がローマで見たお菓子祭りでの子供たちの楽しそうな光景から、和菓子の感性と洋菓子の楽しさを合わせたお菓子として、洋風どら焼きのイメージから誕生しました。

開発当初は「ナポリ」と名付けていましたが、既に商標登録されていたため『ナボナ』に改名された経緯があります。
贈答箱には「Navona」の綴りと、ナボナの製造開始年「Since 1963」と記載があり、創業記念日である12月18日は「ナボナの日」と制定しています。
つまり「亀屋万年堂といえばナボナ」というくらい代名詞になっているのです。

ナボナはお菓子のホームラン王

亀屋万年堂の創業75周年を記念して、王貞治さんのセリフで有名な「ナボナはお菓子のホームラン王です」フレーズが生まれました。
関東エリアではメジャーなTVでのCMですが、都内近郊に12~13店舗の菓子店なので西日本エリアではCMを知らない人も実は少なくありません。
ただCMは知らなくても少年マンガやギャグなどで「ナボナ」の認知度は高く、東京土産として定着しました。

洋風どら焼きをイメージしたナボナは、ブッセという洋菓子の一種でソフトカステラの間にクリームを挟んでいます。
ブッセ(bouchee・ブーシェ)とはフランス語で「ひと口」という意味ですが、日本ではビスキュイと呼ばれるケーキの一種、ふんわりしながらもサクサク系のケーキ生地のことです。

ナボナもふわふわのソフトカステラですが、表面はサックリした軽い食感で、間にメレンゲたっぷりの軽やかなクリームを挟みこんでいます。
アッサリした甘味のチーズクリーム・パイナップルクリームを挟み込んだタイプが定番ロングセラーです。

ナボナの美味しさの秘密

東京では知らない人は居ないくらいのロングセラー商品であるナボナは、イタリアンメレンゲでふわふわに仕上げたクリームと、ソフトカステラの口の中で優しくホワッと広がる甘味の相性は抜群です。
甘いだけでなく、チーズとパインという異例の組み合わせも、味にこだわりを感じさせますね。

ナボナの特徴は、柔らかい口当たりとふわふわした食感で、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層に愛される魅力があります。
従来の和菓子には無かったふわふわ食感を、洋風どら焼きとして取り入れた創業者のアイデアと感性の賜物です。
王貞治さんも「基本はどら焼きだけど、どら焼きなら2個も3個も食べられない。でもナボナならいくらでも食べられる。50年以上も愛されてきた理由は、そこにあるんじゃないかな」と語られています

軽さがうれしいチーズクリームは一度味わうとまた食べたいと思うクセになる風味で、「愛されて半世紀」というキャッチコピーがつくほど広く人々に愛されています。
オリジナルシュレッドチーズを使い、奥深いチーズの旨味と口どけの良さで、さらにレベルアップした美味しさです。

タイ産のパインを使ったパインクリームの美味しさもで、チーズクリームに引けを取りません。
口にほおばると果肉の甘酸っぱさを感じる爽やかなパインクリームも、定番商品となりました。
ホワイトチョコを加えたクリームは贅沢なコクととろける味わいで、大人気です。
飽きのこない定番の味はチーズクリームとパイナップルクリームの2種類ですが、イチゴ味、コーヒー味など四季に合わせた季節限定フレーバー商品もいろいろ発売されています。

期間限定のいちごクリーム&いちごジャム、メロンクリーム&メロンジャムなども、ぜひお試しください。
季節限定の味「いちごクリーム&いちごジャム」は、甘さと酸味のバランスが素晴らしい厳選された国産イチゴ使用し、ナボナの生地にピッタリの優しいクリームの甘さと甘酸っぱいジャムが絶妙なハーモニーを奏でています。

まとめ

王さんのCMで有名な「お菓子のホームラン王・ナボナ」は、東京・神奈川地域限定の和洋菓子店である亀谷万年堂のメイン商品です。
愛され続けて半世紀・安定のおいしさ「ナボナ」だけでなく、賞味期限が約一ヵ月と長めのロングライフシリーズもあり、贈答品や東京土産として大人気です。
お客様の声を常に大切にしてきた老舗、亀屋万年堂の創業以来の思いを形にした一押しスイーツが「ナボナ」です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください